メインメニューを開く

2004年のF1世界選手権

第55回F1世界選手権
2004年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 2003 翌年: 2005
一覧: 開催国 | 開催レース

2004年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第55回大会である。2004年3月7日オーストラリアで開幕し、10月24日ブラジルで開催される最終戦まで、全18戦で争われた。


目次

概要編集

(当時)過去最多となる18レースで行われるシーズンとなった。バーレーングランプリと、中国グランプリが初めて開催された。日本人ドライバーの佐藤琢磨がアメリカグランプリで自身初、日本人としても1990年日本グランプリ、鈴木亜久里以来の3位表彰台を獲得した。また、ミナルディが2年ぶりにポイントを獲得した。

ミハエル・シューマッハが自身7度目のチャンピオンを5年連続で獲得した。フェラーリが6年連続のコンストラクターズチャンピオンを獲得し、2年ぶりにフェラーリドライバーがチャンピオンシップの1位と2位を獲得した。

レギュレーションの変更編集

2004年シーズンでの変更点を以下に示す。

金曜テストを廃止し、フリー走行に前シーズントップ4以外のチームは金曜のフリー走行に3台目のマシンを走行させられる。ただしドライバーはスーパーライセンスを保持していることや過去の出走数規定などがあり、誰でも走れるというわけではない。例えばミナルディはバス・ラインダースを金曜日の走行に起用しようとしたが、ライセンスの発給問題で出走はマレーシア以降となった。

1GP1エンジン。ドライバー一人につき、1GPで1エンジンしか使用できない[1]。(エンジンの使用台数削減によるコスト削減が狙い)

リヤウイングのエレメント数を最大3枚から2枚に規制強化。

リヤウイング翼端板とエンジンカバーを側面から見たときの最低面積を規定 (広告スペースを確保するため)

ローンチ・コントロールは禁止。

シーズン終了後から翌年にかけて編集

ジャガーはレッドブルに買収され、翌シーズンはレッドブル・レーシングとして参戦となる(チーム代表に当時31歳の若さでクリスチャン・ホーナーが就任)。これによりレッドブルは長年タイトルスポンサーとなっていたザウバーから撤退。

ジョーダンは翌年1月にロシア資本のミッドランド・グループに買収された。ただし2005年チームはジョーダン名義で参戦、2006年からはミッドランドF1として参戦する。

タイヤ戦争編集

昨年9勝と7勝と、拮抗していたタイヤ戦争ではあったが、2004年はモナコ、ベルギー、ブラジルグランプリの3レースでミシュランタイヤが制したほかはすべてのレースでブリヂストンタイヤを使用するフェラーリが優勝した。昨年はミシュランが表彰台を独占するレースもあったが、この年はフェラーリが全てのレースで表彰台に立った。

B・A・Rはこのシーズンからミシュランタイヤを使用した。シーズン終了後には、ブリヂストンタイヤの耐久性をいかした戦略でポイントを稼いだザウバーがミシュランタイヤ陣営に移った。

このシーズンはタイヤのトラブルが相次いだ。アメリカGPではタイヤのトラブルでラルフ・シューマッハが事故をおこし、病院に搬送された。その後ラルフは6戦を欠場する。同レースではラルフの事故の前にアロンソも大事故を起こしていた。ベルギーGPではフリー走行中にライアン・ブリスコーがタイヤの問題で事故を起こし、レースでもデビッド・クルサードジェンソン・バトンファン・パブロ・モントーヤがタイヤのトラブルでリタイヤ、または優勝争いから脱落している。

エントリーリスト編集

エントラント コンストラクタ シャーシ エンジン タイヤ ドライバー 3rdドライバー
 スクーデリア・フェラーリ・マールボロ フェラーリ F2004 フェラーリTipo053 B 1. ミハエル・シューマッハ
2. ルーベンス・バリチェロ
 
 BMW・ウィリアムズF1チーム ウィリアムズ FW26 BMWP84 M 3. ファン・パブロ・モントーヤ
4. ラルフ・シューマッハ
(4.) マルク・ジェネ
(4.) アントニオ・ピッツォニア
 
 ウエスト・マクラーレン・メルセデス マクラーレン MP4-19
MP4-19B
メルセデスFO110Q M 5. デビッド・クルサード
6. キミ・ライコネン
 
 マイルドセブン・ルノーF1チーム ルノー R24 ルノーRS24 M 7. ヤルノ・トゥルーリ
(7.) ジャック・ヴィルヌーヴ
8. フェルナンド・アロンソ
 
 ラッキーストライク・B・A・R・ホンダ B・A・R 006 ホンダRA004E M 9. ジェンソン・バトン
10. 佐藤琢磨
35. アンソニー・デビッドソン
 ザウバー・ペトロナス ザウバー C23 ペトロナス04A B 11. ジャンカルロ・フィジケラ
12. フェリペ・マッサ
 
 ジャガー・レーシング ジャガー R5 コスワースCR-6 M 14. マーク・ウェバー
15. クリスチャン・クリエン
37. ビヨン・ビルドハイム
 パナソニック・トヨタ・レーシング トヨタ TF104
TF104B
トヨタRVX-04 M 16. クリスチアーノ・ダ・マッタ
(16.) リカルド・ゾンタ
(16.) ヤルノ・トゥルーリ
17. オリビエ・パニス
(17.) リカルド・ゾンタ
38. リカルド・ゾンタ
(38.) ライアン・ブリスコー
 ジョーダン・フォード ジョーダン EJ14 フォードRS-2 B 18. ニック・ハイドフェルド
19. ジョルジオ・パンターノ
(19.) ティモ・グロック
39. ティモ・グロック
(39.) ロバート・ドーンボス
 ウィラックス・ミナルディ・コスワース
 ミナルディ・コスワース
ミナルディ PS04B コスワースCR-3L B 20. ジャンマリア・ブルーニ
21. ゾルト・バウムガルトナー
40. バス・ラインダース
  • エンジンは全車V10

エントリー名変更編集

  • ミナルディは、第13戦以降「ミナルディ・コスワース」。

ドライバー変更編集

  • マルク・ジェネ - 第10戦フランスGPから第11戦イギリスGPまでラルフ・シューマッハの代役として出走
  • アントニオ・ピッツォニア - 第12戦ドイツGPから第15戦イタリアGPまでラルフ・シューマッハの代役として出走
  • ジャック・ヴィルヌーヴ - 第16戦中国GPからトゥルーリの代役として出走
  • リカルド・ゾンタ - 第13戦ハンガリーGPから第16戦中国GPまでダ・マッタの、第18戦ブラジルGPでパニスの代役として出走
  • ヤルノ・トゥルーリ - 第17戦日本GPからゾンタの代役として出走
  • ティモ・グロック - 第8戦カナダGP及び第15戦イタリアGP以降でパンターノの代役として出走

※ 3rdドライバーの変更

  • ライアン・ブリスコー - 第13戦ハンガリーGP以降
  • ロバート・ドーンボス - 第15戦イタリアGP以降

結果編集

ドライバーズ・ワールド・チャンピオンシップ(選手部門)編集

1位から8位までが入賞。獲得ポイントは、1位から順に10,8,6,5,4,3,2,1点である。

順位 ドライバー AUS
 
MAL
 
BHR
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
EUR
 
CAN
 
USA
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
CHN
 
JPN
 
BRA
 
ポイント
1   ミハエル・シューマッハ 1 1 1 1 1 Ret 1 1 1 1 1 1 1 2 2 12 1 7 148
2   ルーベンス・バリチェロ 2 4 2 6 2 3 2 2 2 3 3 12 2 3 1 1 Ret 3 114
3   ジェンソン・バトン 6 3 3 2 8 2 3 3 Ret 5 4 2 5 Ret 3 2 3 Ret 85
4   フェルナンド・アロンソ 3 7 6 4 4 Ret 5 Ret Ret 2 10 3 3 Ret Ret 4 5 4 59
5   ファン・パブロ・モントーヤ 5 2 13 3 Ret 4 8 DSQ DSQ 8 5 5 4 Ret 5 5 7 1 58
6   ヤルノ・トゥルーリ 7 5 4 5 3 1 4 Ret 4 4 Ret 11 Ret 9 10 11 12 46
7   キミ・ライコネン Ret Ret Ret 8 11 Ret Ret 5 6 7 2 Ret Ret 1 Ret 3 6 2 45
8   佐藤琢磨 9 15 5 16 5 Ret Ret Ret 3 Ret 11 8 6 Ret 4 6 4 6 34
9   ラルフ・シューマッハ 4 Ret 7 7 6 10 Ret DSQ Ret Ret 2 5 24
10   デビッド・クルサード 8 6 Ret 12 10 Ret Ret 6 7 6 7 4 9 7 6 9 Ret 11 24
11   ジャンカルロ・フィジケラ 10 11 11 9 7 Ret 6 4 9 12 6 9 8 5 8 7 8 9 22
12   フェリペ・マッサ Ret 8 12 10 9 5 9 Ret Ret 13 9 13 Ret 4 12 8 9 8 12
13   マーク・ウェバー Ret Ret 8 13 12 Ret 7 Ret Ret 9 8 6 10 Ret 9 10 Ret Ret 7
14   オリビエ・パニス 13 12 9 11 Ret 8 11 DSQ 5 15 Ret 14 11 8 Ret 14 14 6
15   アントニオ・ピッツォニア 7 7 Ret 7 6
16   クリスチャン・クリエン 11 10 14 14 Ret Ret 12 9 Ret 11 14 10 13 6 13 Ret 12 14 3
17   クリスチアーノ・ダ・マッタ 12 9 10 Ret 13 6 Ret DSQ Ret 14 13 Ret 3
18   ニック・ハイドフェルド Ret Ret 15 Ret Ret 7 10 8 Ret 16 15 Ret 12 11 14 13 13 Ret 3
19   ティモ・グロック 7 15 15 15 2
20   ゾルト・バウムガルトナー Ret 16 Ret 15 Ret 9 15 10 8 Ret Ret 16 15 Ret 15 16 Ret 16 1
21   ジャック・ヴィルヌーヴ 11 10 10 0
22   リカルド・ゾンタ Ret 10 11 Ret 13 0
23   マルク・ジェネ 10 12 0
24   ジョルジオ・パンターノ 14 13 16 Ret Ret Ret 13 Ret 17 Ret 15 Ret Ret Ret 0
25   ジャンマリア・ブルーニ NC 14 17 Ret Ret Ret 14 Ret Ret 18 16 17 14 Ret Ret Ret 16 17 0
順位 ドライバー AUS
 
MAL
 
BHR
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
EUR
 
CAN
 
USA
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
CHN
 
JPN
 
BRA
 
ポイント

リタイアしたがレース距離の90%以上を走行していたため完走扱い

コンストラクターズ・ワールド・チャンピオンシップ(製造者部門)編集

順位 コンストラクター 車番 AUS
 
MAL
 
BHR
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
EUR
 
CAN
 
USA
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
CHN
 
JPN
 
BRA
 
ポイント
1   フェラーリ 1 1 1 1 1 1 Ret 1 1 1 1 1 1 1 2 2 12 1 7 262
2 2 4 2 6 2 3 2 2 2 3 3 12 2 3 1 1 Ret 3
2   B・A・R ホンダ 9 6 3 3 2 8 2 3 3 Ret 5 4 2 5 Ret 3 2 3 Ret 119
10 9 15 5 16 5 Ret Ret Ret 3 Ret 11 8 6 Ret 4 6 4 6
3   ルノー 7 7 5 4 5 3 1 4 Ret 4 4 Ret 11 Ret 9 10 11 10 10 105
8 3 7 6 4 4 Ret 5 Ret Ret 2 10 3 3 Ret Ret 4 5 4
4   ウィリアムズ 3 5 2 13 3 Ret 4 8 DSQ DSQ 8 5 5 4 Ret 5 5 7 1 88
4 4 Ret 7 7 6 10 Ret DSQ Ret 10 12 7 7 Ret 7 Ret 2 5
5   マクラーレン 5 8 6 Ret 12 10 Ret Ret 6 7 6 7 4 9 7 6 9 Ret 11 69
6 Ret Ret Ret 8 11 Ret Ret 5 6 7 2 Ret Ret 1 Ret 3 6 2
6   ザウバー 11 10 11 11 9 7 Ret 6 4 9 12 6 9 8 5 8 7 8 9 34
12 Ret 8 12 10 9 5 9 Ret Ret 13 9 13 Ret 4 12 8 9 8
7   ジャガー 14 Ret Ret 8 13 12 Ret 7 Ret Ret 9 8 6 10 Ret 9 10 Ret Ret 10
15 11 10 14 14 Ret Ret 12 9 Ret 11 14 10 13 6 13 Ret 12 14
8   トヨタ 16 12 9 10 Ret 13 6 Ret DSQ Ret 14 13 Ret Ret 10 11 Ret 11 12 9
17 13 12 9 11 Ret 8 11 DSQ 5 15 Ret 14 11 8 Ret 14 14 13
9   ジョーダン 18 Ret Ret 15 Ret Ret 7 10 8 Ret 16 15 Ret 12 11 14 13 13 Ret 5
19 14 13 16 Ret Ret Ret 13 7 Ret 17 Ret 15 Ret Ret Ret 15 15 15
10   ミナルディ 20 NC 14 17 Ret Ret Ret 14 Ret Ret 18 16 17 14 Ret Ret Ret 16 17 1
21 Ret 16 Ret 15 Ret 9 15 10 8 Ret Ret 16 15 Ret 15 16 Ret 16
順位 コンストラクター 車番 AUS
 
MAL
 
BHR
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
EUR
 
CAN
 
USA
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
CHN
 
JPN
 
BRA
 
ポイント

開催地及び勝者編集

Round レース名称 GP名 開催サーキット 都市 決勝開催日 決勝スタート時刻 周回数
現地時間 協定世界時
1   Australian Grand Prix オーストラリアGP アルバート・パーク・サーキット メルボルン 3月7日 14:00 03:00 58
2   Malaysian Grand Prix マレーシアGP セパン・インターナショナル・サーキット セパン 3月21日 14:00 06:00 56
3   Bahrain Grand Prix バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット サキール 4月4日 14:00 12:00 57
4   San Marino Grand Prix サンマリノGP イモラ・サーキット イモラ 4月25日 14:00 12:00 62
5   Gran Premio de España スペインGP カタロニア・サーキット バルセロナ 5月9日 14:00 12:00 66
6   Grand Prix de Monaco モナコGP モンテカルロ市街地コース モンテカルロ 5月23日 14:00 12:00 78
7   European Grand Prix ヨーロッパGP ニュルブルクリンク ニュルブルク 5月30日 14:00 12:00 57
8   Grand Prix du Canada カナダGP ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット モントリオール 6月13日 12:00 16:00 70
9   United Stated Grand Prix アメリカGP インディアナポリス・モーター・スピードウェイ インディアナポリス 6月20日 12:00 16:00 70
10   French Grand Prix フランスGP マニクール・サーキット マニクール 7月4日 13:00 12:00 60
11   British Grand Prix イギリスGP シルバーストーン・サーキット ノーサンプトンシャー 7月11日 13:00 12:00 60
12   Großer Preis Santander von Deutschland ドイツGP ホッケンハイムリンク ホッケンハイム 7月25日 14:00 12:00 67
13   Magyar Nagydíj ハンガリーGP ハンガロリンク ブダペスト 8月15日 14:00 12:00 70
14   Belgian Grand Prix ベルギーGP スパ・フランコルシャン スパ 8月29日 14:00 12:00 44
15   Gran Premio Santander d'Italia イタリアGP モンツァ・サーキット モンツァ 9月12日 14:00 12:00 53
16   Chinese Grand Prix 中国GP 上海インターナショナルサーキット 上海 9月26日 14:00 06:00 56
17   Japanese Grand Prix 日本GP 鈴鹿サーキット 鈴鹿 10月10日 14:00 05:00 53
18   Grande Prêmio do Brasil ブラジルGP インテルラゴス・サーキット サンパウロ 10月24日 14:00 16:00 71
Rd. GP名 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 チーム レポート
1   オーストラリアグランプリ   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
2   マレーシアグランプリ   ミハエル・シューマッハ   ファン・パブロ・モントーヤ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
3   バーレーングランプリ   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
4   サンマリノグランプリ   ジェンソン・バトン   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
5   スペイングランプリ   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
6   モナコグランプリ   ヤルノ・トゥルーリ   ミハエル・シューマッハ   ヤルノ・トゥルーリ   ルノー 詳細
7   ヨーロッパグランプリ   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
8   カナダグランプリ   ラルフ・シューマッハ   ルーベンス・バリチェロ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
9   アメリカグランプリ   ルーベンス・バリチェロ   ルーベンス・バリチェロ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
10   フランスグランプリ   フェルナンド・アロンソ   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
11   イギリスグランプリ   キミ・ライコネン   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
12   ドイツグランプリ   ミハエル・シューマッハ   キミ・ライコネン   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
13   ハンガリーグランプリ   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
14   ベルギーグランプリ   ヤルノ・トゥルーリ   キミ・ライコネン   キミ・ライコネン   マクラーレン 詳細
15   イタリアグランプリ   ルーベンス・バリチェロ   ルーベンス・バリチェロ   ルーベンス・バリチェロ   フェラーリ 詳細
16   中国グランプリ   ルーベンス・バリチェロ   ミハエル・シューマッハ   ルーベンス・バリチェロ   フェラーリ 詳細
17   日本グランプリ   ミハエル・シューマッハ   ルーベンス・バリチェロ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
18   ブラジルグランプリ   ルーベンス・バリチェロ   ファン・パブロ・モントーヤ   ファン・パブロ・モントーヤ   ウィリアムズ 詳細

新たに追加された選手権の行事編集

  • バーレーングランプリ(第3戦・サキール)
  • ベルギーグランプリ(第14戦・スパ・フランコルシャン)2年ぶりに復活
  • 中国グランプリ(第16戦・上海)

開催されなくなった選手権の行事編集

脚注編集

外部リンク編集