メインメニューを開く

プロフィール編集

父親は、日本モータースポーツ黎明期から活躍したレーシングドライバーで、自動車評論家としても著名な「ガンさん」こと黒澤元治。弟の黒澤治樹黒澤翼もレーシングドライバーというレース一家の出身である。

フォーミュラカー、GTカー、ツーリングカーと、いずれのトップカテゴリーにおいても複数の優勝経験があるなど、そのレーシングドライビングテクニックと開発能力は高い評価を受け、全日本GT選手権とその後継となるSUPER GTのGT500クラスにおいて、トヨタ日産自動車ホンダの国内3大メーカー全てのマシンをドライブしている数少ないドライバーの1人である。

さらにインパルやチームルマンなどの強豪チームの監督も務めている。また長年、映像媒体の自動車雑誌ベストモータリング」に出演し、ドライビングテクニックレッスンをはじめとする様々な企画を担当し高い人気を博した[1]

経歴編集

デビュー編集

1970年代末からレース活動を開始し、往年のレーシングドライバーである舘信秀率いるトヨタ自動車系チームのトムスアルバイトをしつつ、富士フレッシュマンレースなどの初級カテゴリーに参戦した[2]。1987年からはイギリスのフォード1600にヴァン・デイーメンから参戦した。

フォーミュラ編集

全日本格式のレースへのデビューは20代に入ってからと当時としても遅めで、1988年全日本F3選手権への参戦であった(トムス)。しかし参戦わずか3戦目で初優勝を飾り、さらにF1日本グランプリの前座レースで3位に入賞するなど初年度から大活躍した。1989年にも全日本F3選手権に参戦し、表彰台獲得を含む多数の入賞をあげて年間ランキング7位になった。

1990年には、早くも日本のトップフォーミュラである全日本F3000選手権へのステップアップを果たした(チーム ルマン)。なおこの年には全日本F3選手権にも継続して参戦した。

その後はヒーローズレーシングナカジマレーシングチームインパルなどのトップチームを渡り歩き、全日本F3000選手権とその後継のフォーミュラニッポン(FN)に参戦した。1994年に初優勝を果たす。1997年にはついにシーズン2位を獲得し(チームインパル)、1999年まで参戦した。当時はそのアグレッシブな走りから「和製マンセル」とも呼ばれていた[3]

GT/ツーリングカー編集

 
avex 無限童夢 NSX(1997年

1989年より全日本ツーリングカー選手権(JTC)に参戦し、1994年からは全日本GT選手権(と後継のSUPER GT)、全日本ツーリングカー選手権(JTCC)、全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権などの国内のトップカテゴリーに1980年代から2000年代にかけて参戦し、優勝や表彰台の常連となった。1997年には全日本ツーリングカー選手権でシーズン2位を獲得している。

海外での活躍編集

ル・マン編集

 
ジョーダン・191Y

ル・マン24時間レースチャンプカー・ワールド・シリーズ(CART)など、海外のレースにも参戦した。1998年ル・マン24時間レースでは本山哲影山正美とともに走り総合10位になった。

CART編集

2000年にはCARTにシーズン参戦し、市街地コースである第3戦ロングビーチの82周の中で、55周から61周にわたり日本人選手として初のラップリーダーを成し遂げた。この後のレースで初表彰台も圏内に入ったが、ミシガンのオーバルコースで時速400キロからスピンし重傷を負ったため、それ以降のシーズンは欠場を余儀なくされた。

F1編集

また、これに先立つ1992年のシーズン開幕前には、F1世界選手権に参戦するジョーダン・チームのマシン「191」にヤマハエンジンを搭載した「191Y」のテストドライバーを務めた。

監督編集

 
インタープロト(2015年

2008年シーズンにはドライバーとしてSUPER GTに参戦しつつ、2009年にかけてフォーミュラ・ニッポンに参戦するチームインパルの監督を務めたほか、2010年から2012年にかけては、SUPER GTに参戦するチーム・ルマンの監督を務めた。

2013年からインタープロトシリーズに参戦し、2014年には新たに設立した「Team Kurosawa」のオーナー兼監督兼ドライバーとして参戦した。2015年までドライバーを務めた。

2017年には関口雄飛をドライバーに登用し、プロフェッショナルクラスのシリーズチャンピオンを獲得している。2018年からは関口雄飛とアマチュアドライバーのペアで参戦している。

現在編集

一旦はレーシングドライバーとして現役を退き、チームオーナー兼監督業に専念するかに見えたが、高い開発能力と豊富な経験を見込まれて、2017年にはスーパー耐久のST-TCRクラスに参戦する「シビックTCR」の開発ドライバーとして本格的に復帰参戦し、6戦中3戦で優勝しクラスチャンピオンを獲得した。

フォーミュラトヨタ・レーシングスクール(FTRS)の講師を務めるなど、若手やジェントルマンドライバーの育成に力を入れている[4]ほか、Toyota Gazoo Racingのインストラクターも務めている。現役時代から「黒澤琢弥の新車ブッタ斬り!!」などの雑誌連載を執筆[5]、以降も「ベストカー」などの自動車専門誌で新型車の評論活動を行っている。さらに最近は役者としても舞台に出演するなど、様々なジャンルで活躍している。

レース戦績編集

  • 1988年 - 全日本F3選手権(#19 スーパーハイタッチラルトトムス/ラルトRT31・トヨタ3S-G)(1勝)
  • 1989年
  • 1990年
    • 全日本F3000選手権(#24 taka-Q REYNARD90D/レイナード90D・無限MF308
    • 全日本ツーリングカー選手権(#37 富士通テントムススープラ)
    • 全日本富士1000km(#36 ミノルタトヨタ89C-V)
    • 全日本F3選手権(#8 トムスラルトRT34)
  • 1991年
  • 1992年 - 全日本F3000選手権(#3 CABIN T92 DFV/ローラT92-50・DFV
  • 1993年 - 全日本F3000選手権(#3 CABIN T92 DFV/ローラT92-50・DFV)(シリーズ13位)
  • 1994年
    • 全日本F3000選手権(#11 コスモオイルローラT94ムゲン/ローラT94-50・無限MF308)(1勝・シリーズ4位)
    • 全日本ツーリングカー選手権(トヨタ・チーム・セルモ #38 TOYOTA CORONA)(シリーズ18位)
    • 全日本GT選手権・GT-2クラス(ナックウエスト #26 ナックウエストスカイライン)(シリーズ18位)
  • 1995年
    • 全日本F3000選手権(NAKAJIMA PLANNING #65 PIAA REYNARD/レイナード95D・無限MF308)(シリーズ6位)
    • 全日本ツーリングカー選手権(#15 PIAA CIVIC VTEC)(シリーズ18位)
  • 1996年
    • フォーミュラ・ニッポン(PIAA NAKAJIMA #65 レイナード96D・無限MF308)
    • 全日本ツーリングカー選手権(NAKAJIMA RACING #15 PIAA ACCORD VTEC)
  • 1997年
    • フォーミュラ・ニッポン(IMPUL #19 ローラT96-52・無限MF308)(1勝・シリーズ2位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス<Rd.2〜Rd.6>(無限+童夢PROJECT #18 avex 童夢 無限NSX)(シリーズ16位)
    • 全日本ツーリングカー選手権(TEAM 無限HONDA #15 PIAA SN ACCORD)
  • 1998年
    • フォーミュラ・ニッポン(MAZIORA IMPUL #19 ローラT98-51・無限MF308)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(TEAM IMPUL #12 カルソニックスカイライン)(シリーズ3位)
    • ル・マン24時間レース(ニッサンR390GT1 33号車 本山哲 影山正美 総合成績10位)
  • 1999年
    • フォーミュラ・ニッポン(TMS #18 レイナード99L・無限MF308)(シリーズ9位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(TOYOTA Castrol TEAM TOM'S #36 カストロール・トムス・スープラ)(シリーズ2位)
    • ル・マン富士1000km・N-GT500クラス(東名スポーツ #28 MTCポルシェGT2/993GT2)
  • 2000年 - CART チャンプカー(デイル・コイン・レーシング #19 ローラB2K/00・フォードXF)(シリーズ29位)
  • 2001年 - 全日本GT選手権・GT500クラス(TOYOTA TEAM TOM'S #36 カストロール・トムス・スープラ)(シリーズ15位)
  • 2002年
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(TOYOTA TEAM TOM'S #37 ZENTトムス スープラ)(シリーズ11位)
    • スーパー耐久・グループNプラス(TOM'S SPIRIT #36 MAZIORA ALTTEZA)
  • 2003年 - 全日本GT選手権・GT500クラス(TOYOTA TEAM TOM'S #37 ZENTトムス スープラ)(シリーズ18位)
  • 2004年 - スーパー耐久・グループNプラス(SPIRIT Motorsport #36 MAZIORA SPIRIT ALTTEZA)
 
ノマド フェラーリ 550GTS (2005年
  • 2005年 - SUPER GT・GT500クラス(HITOTSUYAMA RACING #21 ノマド フェラーリ 550GTS)
  • 2006年 - SUPER GT・GT300クラス(EBBRO TEAM NOVA #96 EBBRO BTEC MAZIORA 350R)(シリーズ22位)
  • 2007年
    • SUPER GT・GT300クラス(ARKTECH MOTORSPORTS #110 GREEN-TEC KUMHO MAZIORA BOXSTER-GT)(シリーズ15位)
    • 全日本スポーツカー耐久選手権・LMGT-1クラス<Rd.1スポット参戦>(ARKTECH MOTORSPORTS #110 KUMHO ARKTECH GT1)
  • 2008年 - SUPER GT・GT300クラス(TEAM TAKEUCHI with SHIFT #52 GREEN TEC KUMHO IS350)(シリーズ32位)
  • 2013年 - インタープロトシリーズ(YUSHIN TEAM A・Q・M F+)
  • 2014年 - インタープロトシリーズ(TEAM KUROSAWA)
  • 2015年 - インタープロトシリーズ(TEAM KUROSAWA)
  • 2016年 - スーパー耐久
  • 2017年 - スーパー耐久 ST-TCRクラス(MOTUL DOME RACING PROJECT #98 CIVIC TCR)(クラスチャンピオン

全日本F3000選手権/フォーミュラ・ニッポン編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1990年 taka-Q RACING TEAM With Team Le Mans SUZ
Ret
FSW
9
MIN
Ret
SUZ
Ret
SUG
18
FSW
Ret
FSW
Ret
SUZ
19
FSW
4
SUZ
Ret
16位 3
1991年 NAKAJIMA PLANNING SUZ
Ret
AUT
8
FSW
6
MIN
7
SUZ
Ret
SUG
15
FSW
11
SUZ FSW
C
SUZ
17
FSW
Ret
22位 1
1992年 CABIN Racing with HEROES SUZ
5
FSW
Ret
MIN
Ret
SUZ
Ret
AUT
Ret
SUG
18
FSW
4
FSW
3
SUZ
Ret
FSW
2
FSW
2
5位 21
1993年 SUZ
4
FSW
Ret
MIN
Ret
SUZ
15
AUT
C
SUG
5
FSW
C
FSW
Ret
SUZ
Ret
FSW SUZ 13位 5
1994年 コスモオイルレーシングチーム セルモ SUZ
10
FSW
10
MIN
3
SUZ
4
SUG
1
FSW
6
SUZ
4
FSW
2
FSW
6
SUZ
2
4位 32
1995年 NAKAJIMA PLANNING SUZ
2
FSW
C
MIN
Ret
SUZ
4
SUG
Ret
FSW
9
TOK
Ret
FSW
7
SUZ
2
6位 15
1996年 PIAA NAKAJIMA RACING SUZ
Ret
MIN
8
FSW
15
TOK
7
SUZ
2
SUG
5
FSW
8
MIN
5
SUZ
8
FSW
Ret
9位 10
1997年 TEAM IMPUL SUZ
2
MIN
2
FSW
1
SUZ
Ret
SUG
Ret
FSW
Ret
MIN
Ret
TRM
Ret
FSW
Ret
SUZ
2
2位 28
1998年 MAZIORA TEAM IMPUL SUZ
Ret
MIN
Ret
FSW
3
TRM
Ret
SUZ
Ret
SUG
Ret
FSW
C
MIN
Ret
FSW
Ret
SUZ
5
12位 6
1999年 TEAM TMS SUZ
Ret
TRM
Ret
MIN
12
FSW
5
SUZ
3
SUG
3
FSW MIN TRM SUZ 9位 10

CART編集

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
2000年 デイル・コイン・レーシング ローラ・B2K/00 コスワース MIA
Ret
LBH
Ret
RIO
Ret
MOT
Ret
NZR
DNS
MIL
Wth
DET
12
POR
Ret
CLE
Ret
TOR
Ret
MIS
DNS
CHI MDO ROA VAN LS STL HOU SRF
FON 29位 1

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 車両 クラス 周回 順位 クラス
順位
1998年 ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル   本山哲
  影山正美
日産・R390 GT1 319 10位 9位

全日本GT選手権/SUPER GT編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1994年 NAC WEST 日産・スカイライン GT2 FSW SEN FSW
4
SUG MIN 16位 10
1997年 無限+童夢PROJECT ホンダ・NSX GT500 SUZ FSW
Ret
SEN
Ret
FSW
Ret
MIN
8
SUG
5
16位 11
1998年 TEAM IMPUL 日産・スカイラインGT-R GT500 SUZ
11
FSW
C
SEN
5
FSW
3
TRM
2
MIN
7
SUG
4
3位 49
1999年 TOYOTA Castrol TEAM TOM'S トヨタ・スープラ GT500 SUZ
4
FSW
9
SUG
1
MIN
10
FSW
4
TAI
4
TRM
1
2位 73
2001年 TOYOTA TEAM TOM'S GT500 TAI
11
FSW
10
SUG
8
FSW
8
TRM SUZ
5
MIN
7
15位 19
2002年 GT500 TAI
Ret
FSW
12
SUG
5
SEP
3
FSW
3
TRM
7
MIN
Ret
SUZ
16
11位 38
2003年 GT500 TAI
Ret
FSW
8
SUG
13
FSW
15
FSW
6
TRM
10
AUT
13
SUZ
14
18位 15
2005年 HITOTSUYAMA RACING フェラーリ・550マラネロ GT500 OKA
Ret
FSW
Ret
SEP
Ret
SUG
12
TRM
Ret
FSW
15
AUT
13
SUZ
15
NC 0
2006年 EBBRO TEAM NOVA ヴィーマック・350R GT300 SUZ
8
OKA
21
FSW
15
SEP
DNS
SUG
10
SUZ
Ret
TRM
12
AUT
15
FSW
10
22位 12
2007年 ARKTECH MOTORSPORTS ポルシェ・ボクスター GT300 SUZ
6
OKA
5
FSW
Ret
SEP
Ret
SUG
13
SUZ
Ret
TRM
5
AUT
7
FSW
10
15位 22
2008年 TEAM TAKEUCHI with SHIFT レクサス・IS350 GT300 SUZ OKA FSW
Ret
SEP
13
SUG
17
SUZ
18
TRM
8
AUT
12
FSW
13
32位 3

全日本ツーリングカー選手権編集

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
1994年 TOYOTA TEAM CERUMO トヨタ・コロナ OAR1
8
OAR2
DNS
SUG1
Ret
SUG2
DNS
TOK1
DNS
TOK2
Ret
SUZ1
9
SUZ2
Ret
MIN1
8
MIN2
Ret
TAI1
Ret
TAI2
Ret
TSU1
Ret
TSU2
6
SEN1
Ret
SEN2
10
FSW1
9
FSW2
9
18位 18
1995年 NAKAJIMA RACING ホンダ・シビックフェリオ FSW1 FSW2 SUG1 SUG2 TOK1 TOK2 SUZ1
Ret
SUZ2
Ret
MIN1
5
MIN2
8
TAI1
14
TAI2
Ret
SEN1
23
SEN2
15
FSW1
9
FSW2
11
18位 11
1996年 ホンダ・アコード FSW1
3
FSW2
4
SUG1
10
SUG2
7
SUZ1
5
SUZ2
2
MIN1 MIN2 SEN1
1
SEN2
Ret
TOK1
2
TOK2
3
FSW1
Ret
FSW2
DNS
4位 72
1997年 TEAM 無限 FSW1
C
FSW2
C
TAI1
1
TAI2
4
SUG1
5
SUG2
6
SUZ1
1
SUZ2
2
MIN1
Ret
MIN2
6
SEN1
7
SEN2
6
TOK1
1
TOK2
1
FSW1
10
FSW2
4
2位 102

脚注編集

外部リンク編集