2020年のF1世界選手権

2020年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 2019 翌年: 2021
一覧: 開催国 | 開催レース

2020年のF1世界選手権は、国際自動車連盟(FIA)フォーミュラ1世界選手権の第71回大会として開催された。

2020年のF1世界選手権

概要編集

メルセデス史上初の7連覇、ハミルトン史上2人目の7冠・最多勝記録更新編集

2014年のパワーユニット(以下PU)導入以来選手権を圧倒し続けたメルセデスが今シーズンも圧倒。17戦13勝、15ポールポジションを記録し、他チームを一切寄せ付けず、コンストラクターズ争いでは開幕戦でポイントリーダーに立ってからは一度もその座を譲ることなく独走し、第13戦エミリア・ロマーニャGP時点でコンストラクターズタイトル史上初の7連覇を達成[1]ドライバーズチャンピオンシップは、メルセデス所属のルイス・ハミルトンが開幕戦[2]と第10戦[3]でペナルティの対象になる行為があったとしてタイムペナルティを受けて勝利を逃すが、第3戦の優勝でポイントリーダーに立って以降は盤石の走りを見せ、第14戦トルコGPミハエル・シューマッハに並ぶ7冠を達成した。また、ポルトガルGPで通算勝利数を92としたことで、シューマッハの持つ最多勝記録(91勝)を更新した[4]。勝利数は本シーズン終了までに95まで伸ばしている。このほかにも表彰台回数165回(同155回)、入賞回数でも229回(同221回)と史上最多を更新し、ポールポジション獲得は98回まで伸ばした[5]。最終的にはメルセデスのダブルタイトル7連覇という結果でシーズンを終え、昨年からのダブルタイトル連続記録を更新した。ただし、メルセデス自体も第8戦イタリアGPでのピットインに関するミス[6]や第16戦サヒールGPでのピット作業ミス[7]によって勝利を落としたグランプリもあったが、これらがタイトル獲得に影響しないほどの盤石ぶりであった。

フェラーリおよびフェラーリパワーユニットの大失速編集

2018年シーズンから指摘されていたフェラーリPUの不正疑惑について、前年度に技術指令書の発行を受け[8]、シーズン終盤から明らかに失速していたが、この影響を本シーズンも引きずることとなった[9]今季のシャシーは外見は前年型に似た進化形であるが、前年の設計コンセプトを捨て、新たなコンセプトに基づいて設計したマシンを投入[10]。だが、プレシーズンテストの段階で今季型のマシンの開発が失敗している兆候[10]が表れていた。ただし、開幕戦については2019新型コロナウイルスの世界的流行の影響によるイタリア国内のロックダウンに伴いフェラーリの拠点が長期間閉鎖され、開発スケジュールに支障をきたし、開幕戦ではプレシーズンテストの仕様のマシンおよびPUを投入[11]せざるを得ない状況であることを認めていた。だが、開幕戦の予選[12]および決勝[13]のデータで前年型のPUよりパワーが低下したことが露呈し、シャシーにも問題があることが明らかとなった。そのうち、PUに関してチームは今季のフェラーリPUは新たな技術指令書に対応した影響を受けたこと[14]は認めた。

他にも、PUに関してはコロナウイルスの影響を受け、開幕戦以降のアップデート禁止=シーズン中のアップデートの事実上の禁止[15][16]が実施されることが決定[17]していたのだが、フェラーリは改良型の開発を開幕戦に間に合わせることができず[18]、今季に関してはすでにパワー不足の兆候が出ていたプレシーズンテストの仕様で戦わざるを得ない状況となったことも影響した[19]。しかし、メディアの独自分析でシャシーのコンセプトの変更の失敗の影響[20][21]もたびたび指摘され、シャシーのコンセプト変更もマイナスに働いたことが予選などのデータで示唆[22]されていた。そのため、シーズンを通じて戦闘力不足をカバーすべく様々なシャシー関連のアップデート[19]が行われた。

成績面に関しては、フェラーリにとっては2016年以来のシーズン0勝、表彰台の獲得数は計3回、コンストラクターズランキング6位に終わった。コンストラクターズが6位以下となったのは1980年以来であり、歴史的な大不振となった[23]

フェラーリPUのパワー不足および車体開発コンセプト失敗は、フェラーリからPU及び車体の技術提供を受けるカスタマーチームにも大きく影響した。アルファロメオ、ハースともに予選ではQ1敗退、決勝でも入賞圏外が定位置となり、コンストラクターズ選手権はそれぞれ前者は8位、後者は9位に沈んだ。

中団争いの激化、表彰台登壇者の激増、マクラーレン復権編集

2014年シーズン以来メルセデス、フェラーリ、レッドブルの「3強」と称されるトップチームが表彰台の一角を常に獲得し、2016年以降はその3チームの3名だけで独占すること(特に2017年,2018年はその3チーム以外のドライバーが表彰台を獲得することはそれぞれ1回のみであった)が常態化していたが、上述の通りフェラーリの大不振により表彰台から遠のき、レッドブルもセカンドドライバーのアレクサンダー・アルボンが表彰台争いに加わることができず、4位以下でレースするパターンが多かったこと[24]もあり、表彰台圏内で争うドライバーがメルセデスの2名(ハミルトン、バルテリ・ボッタス)、レッドブルのマックス・フェルスタッペンの3名だけという状況になった。そのため、この3名のうち誰かがリタイアしたりペナルティやマシントラブルなどで後方に下がった場合、中団グループにも表彰台のチャンスが巡ってきやすくなった。この結果、キャリア初優勝者が2名(ピエール・ガスリー(第8戦)とセルジオ・ペレス(第16戦))、キャリア初表彰台が3名(ランド・ノリス(開幕戦)、アルボン(第9戦と第15戦)、エステバン・オコン(第16戦))生まれた。それらも含め、シーズンとしては2012年に並ぶ計13名が表彰台に上がった[5]

キャリア初優勝が中団チームから2人生まれ、コンストラクター選手権では7位(アルファタウリ)までが3桁ポイントを獲得するなど、メルセデス及びレッドブルが抜きん出ているほかは戦力差がかなり縮まったといえるシーズンであった。特にマクラーレンは2012年以来となる選手権3位に返り咲いた。

その他のトピック編集

  • 参戦正ドライバーの国籍は、前年から1つ減って14[25]。カナダ人ドライバーが複数人参戦するのは初めてである。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大によるシーズンへの影響については後述する。
  • レーシング・ポイント RP20のコピー問題が論争となり、2021年レギュレーション改正に影響を与えた[26]

レギュレーションの変更編集

技術規定 編集

  • PUを監視するエレメントを追加したことに伴い、車両の最低重量が745kgから746kgに変更された[27]
  • PUのアップデートは、プレシーズンテストの時点ではそれに関する制限は存在していなかったが、新型コロナウイルスの影響を受け、PUに関する開発費の負担の軽減を目的として、今季に限ってはスケジュール変更後の開幕戦オーストリアGPで投入された仕様以外を投入することが禁じる一種のホモロゲーションの仕組みが導入される[16][17]。前年度を例にすれば「@1」「@2」(@の部分に各メーカーの分類上の名義が記載される)という風にシーズン中のアップデートができたが、今季は開幕戦で投入した「@1」以外の仕様を投入することは禁じられる[15][28][29]。ただし、PUの項目別で言えば、MGU-K・ES(バッテリー)・CE(電子制御装置)に関してはシーズン中のアップデートも可能であるが、その3項目は2020年第2戦以降から2021年最終戦までの間のうち1回だけアップデートすることが可能という仕組みとなっているため、今季の最終戦までの間にその3項目のアップデート版を投入する選択もできるが、その場合、次にアップデートの権利が発生するのは早くても2021年最終戦以降からとなる。そのため、今季投入されるPUに関しては事実上ホモロゲーション化されたPUとなる。以上のことから、PUの開発作業に制限が導入されるものの、後述のサマーブレイク期間を除き、その開発作業が禁じられたわけではなく、開幕戦までに改良型を開発して投入すること[30]は認められており、シーズン中も来季用のPUの開発作業はできるため、今季に関してはPUの開発が完全に凍結されるわけではない[16][31]

競技規定編集

  • 2021年からのレギュレーションでチームごとの予算制限(上限を1億7500万ドルとする)が導入されるのに先立ち、各チームの支出に対するチェックが導入される。なお予算制限の対象には、PUの供給費用やマーケティング費用、ドライバーの年俸などは含まれない[32]
  • 開催数が歴代最多の22戦に増やされるのを受け、PUのコンポーネントのうち、MGU-Kの年間使用制限基数を2基から3基に緩和する[33]
  • シーズン中に1回しか認められていなかったドライバーヘルメットのデザイン変更制限が撤廃された[27]。前年にダニール・クビアトが母国ロシアGPで特別デザインのヘルメットを使用しようとしていたが、既に所属チームのトロ・ロッソのホームレースであるイタリアGPで特別デザインを使用していたため、FIAから却下されていた[34]。この件でクビアトをはじめ多くのドライバーから批判があったのを受けてのもの[27]
  • 前年度まではレース週末に供給されるドライタイヤの13セットのうち、10セットのタイヤコンパウンドは各ドライバーが自由に選択し(残りの3セットはハード、ミディアム、ソフトが1セットずつ供給)、チームはドライバー毎にどのコンパウンドのドライタイヤを何セットずつ使用するのかFIAに事前連絡(ヨーロッパで開催されるレースにおいては8週間前、ヨーロッパ外で開催されるレースにおいては14週間前まで)する必要があった。ところが、新型コロナウイルス感染拡大に伴うカレンダー変更に対応するためとして、各ドライバーのタイヤ選択制は廃止され、ハード2セット、ミディアム3セット、ソフト8セットという配分で全ドライバーに対し統一的に供給する方針へ変更された[35]
  • 第8戦イタリアGPより、予選・決勝で同一エンジン(ICE)モードを使用することが義務付けられた[36]。フリー走行は対象外となる。それまで予選や決勝レースのバトル時には高出力モード、予選アウトラップやSC導入時などには低出力モードといったように、各チーム状況に応じてエンジンモード(空燃比)を細かく調節して走行していたが、この技術指令書によりこうした調節が禁止される。ただし、回生システムを利用したオーバーテイクボタンの使用は認められる。また、SC、VSC導入時に低出力モードにすることはFIAに申請すれば認められるものの、そこからチェッカーフラッグまで出力を戻すことは一切認められなくなるため、実質的にもエンジンモード変更は封じられることになる。

参戦チーム・ドライバー編集

エントリーリスト編集

前年度チャンピオンのルイス・ハミルトンはカーナンバー「44」を継続して使用するため、6年連続でカーナンバー「1」が不在のシーズンとなる。

昨年「スクーデリア・トロ・ロッソ・ホンダ」として参戦していたトロ・ロッソが「スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ」にチーム名を変更した。

エントラント コンストラクター シャシー パワーユニット タイヤ カーナンバー/ドライバー 出走記録 リザーブドライバー[R]
テストドライバー[T]
開発ドライバー[D]
  メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム[37] メルセデス F1 W11 EQ Performance[38] メルセデス M11 EQ Performance P 44   ルイス・ハミルトン[39] 1-15,17   ストフェル・バンドーン[R][40]
  エステバン・グティエレス[R][40]
63   ジョージ・ラッセル[41] 16
77   バルテリ・ボッタス[42] 全戦
  スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ[37] フェラーリ SF1000[43] フェラーリ 065[44] P 5   セバスチャン・ベッテル[45] 全戦   パスカル・ウェーレイン[D][46]
  マルク・ジェネ[T][47]
  アントニオ・フォコ[D][48]
  ダビデ・リゴン[D][49]
16   シャルル・ルクレール[50][51] 全戦
  アストンマーティン・レッドブル・レーシング[52] レッドブル RB16[53] ホンダ RA620H[54] P 33   マックス・フェルスタッペン[55][56] 全戦   セバスチャン・ブエミ[R][T]
  セルジオ・セッテ・カマラ[R][T][57]
  ユーリ・ビップス[R][58]
23   アレクサンダー・アルボン[59] 全戦
  マクラーレンF1チーム マクラーレン MCL35[60] ルノー E-Tech 20 P 55   カルロス・サインツ[61] 全戦   ストフェル・バンドーン[R]
  エステバン・グティエレス[R]
  ポール・ディ・レスタ [R][62]
4   ランド・ノリス[61] 全戦
  ルノー・DPワールド・F1チーム[63] ルノー R.S.20[64] ルノー E-Tech 20 P 3   ダニエル・リカルド[65] 全戦   セルゲイ・シロトキン[R][66]
  周冠宇[T][67]
31   エステバン・オコン[68] 全戦
  スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ[37][69] アルファタウリ AT01[70] ホンダ RA620H[54] P 26   ダニール・クビアト[59][71] 全戦   セルジオ・セッテ・カマラ[R][T][57]
  ユーリ・ビップス[R]
10   ピエール・ガスリー[59] 全戦
  BWT・レーシング・ポイントF1チーム[72] レーシング・ポイント RP20[73] BWTメルセデス
(メルセデス M11 EQ Performance)
P 11   セルジオ・ペレス[74] 1-4,6-17   ストフェル・バンドーン[R]
  エステバン・グティエレス[R]
27   ニコ・ヒュルケンベルグ[75][76] 4-5,11
18   ランス・ストロール[77] 1-10,12-17
  アルファロメオ・レーシング・オーレン[78] アルファロメオ C39[79][80] フェラーリ 065[44] P 7   キミ・ライコネン[81] 全戦 (88)  ロバート・クビサ[R][78]
  タチアナ・カルデロン[T][D][82][83]
99   アントニオ・ジョヴィナッツィ[84] 全戦
  ハースF1チーム ハース VF-20[85] フェラーリ 065[44] P 8   ロマン・グロージャン[86] 1-15   ピエトロ・フィッティパルディ[R][T][87]
  ルイ・デレトラズ[R][T][87]
51   ピエトロ・フィッティパルディ[88][89] 16-17
20   ケビン・マグヌッセン[86] 全戦
  ウィリアムズ・レーシング[90] ウィリアムズ FW43[91] メルセデス M11 EQ Performance P 63   ジョージ・ラッセル[92] 1-15, 17   ジャック・エイトケン[R][93]
(40)  ロイ・ニッサニー[T][94]
  ジェイミー・チャドウィック[D][95]
  ダニエル・ティクトゥム[D][96]
89   ジャック・エイトケン[97] 16
6   ニコラス・ラティフィ[98] 全戦

ドライバーの変更編集

開催予定地編集

当初の開催スケジュール編集

2019年8月29日、FIA世界モータースポーツ評議会から暫定的な年間スケジュールが発表され[101]、10月4日に承認された[102]。昨年度より開催枠が1つ増え、歴代最多となる全22戦でシーズンが進行する。22戦開催を受け、開幕前にカタロニア・サーキットで行われるプレシーズンテストを従来の4日間2回から3日間2回に減らし、2回開催されてきたインシーズンテストは行われないことになった[102]

2019年からの変更点編集

(参考)当初の開催スケジュール[102]
ラウンド レース名称 グランプリ サーキット 都市 決勝開催日
1   Rolex Australian Grand Prix オーストラリアGP アルバート・パーク・サーキット メルボルン 3月15日
2   Gulf Air Bahrain Grand Prix バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット サヒール 3月22日
3   Vinfast Vietnam Grand Prix ベトナムGP ハノイ市街地コース ハノイ 4月5日
4   Heineken Chinese Grand Prix 中国GP 上海インターナショナルサーキット 上海 4月19日
5   Heineken Dutch Grand Prix オランダGP ザントフォールト・サーキット ザントフォールト 5月3日
6   Gran Premio de España スペインGP カタロニア・サーキット バルセロナ 5月10日
7   Grand Prix de Monaco モナコGP モンテカルロ市街地コース モンテカルロ 5月24日
8   Azerbaijan Grand Prix アゼルバイジャンGP バクー市街地コース バクー 6月7日
9   Grand Prix du Canada カナダGP ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット モントリオール 6月14日
10   Grand Prix de France フランスGP ポール・リカール・サーキット ヴァール 6月28日
11   Myworld Grosser Previs von Österreich オーストリアGP レッドブル・リンク シュピールベルク 7月5日
12   Pirelli British Grand Prix イギリスGP シルバーストン・サーキット ノーサンプトンシャー 7月19日
13   Magyar Nagydíj ハンガリーGP ハンガロリンク ブダペスト 8月2日
14   Rolex Belgian Grand Prix ベルギーGP スパ・フランコルシャン スパ 8月30日
15   Gran Premio Heineken d'Italia イタリアGP モンツァ・サーキット モンツァ 9月6日
16   Singapore Airlines Singapore Grand Prix シンガポールGP シンガポール市街地コース シンガポール 9月20日
17   Vtb Russian Grand Prix ロシアGP ソチ・オートドローム ソチ 9月27日
18   Pirelli Japanese Grand Prix 日本GP 鈴鹿サーキット 鈴鹿 10月11日
19   United States Grand Prix アメリカGP サーキット・オブ・ジ・アメリカズ オースティン 10月25日
20   Gran Premio de La Ciudad de México メキシコシティGP エルマノス・ロドリゲス・サーキット メキシコシティ 11月1日
21   Heineken Grande Prêmio do Brasil ブラジルGP インテルラゴス・サーキット サンパウロ 11月15日
22   Etihad Airways Abu Dhabi Grand Prix アブダビGP ヤス・マリーナ・サーキット アブダビ 11月29日

新型コロナウイルス感染症の世界的流行による日程変更編集

しかし、新型コロナウイルス感染症の世界的流行により開催延期または中止となったレースが相次いだ(詳細後述)ため、当初予定されていた年間スケジュールは2020年4月16日にF1公式サイトから取り下げられた[105]。F1を運営するリバティメディアは7月5日のオーストリアグランプリからの開催を目標とし、9月上旬までヨーロッパラウンド、9-11月にユーラシア、アジア、アメリカでのフライアウェイ戦、12月に中東のバーレーングランプリアブダビグランプリを開催する構想を立て[106]、6月2日にヨーロッパラウンド8戦の日程が発表され[107]、7月10日に2戦[108]、7月24日に3戦[109]、8月25日に終盤4戦の追加日程が発表され、全17戦で行われることが決定した[110]

開催中止が決まったレース編集

延期が発表されたが、改訂後のスケジュールに組み込まれたレースを含む。

中止が決定したグランプリ
当初のラウンド レース名称 グランプリ サーキット 都市 当初の決勝開催日
1   Rolex Australian Grand Prix オーストラリアGP アルバート・パーク・サーキット メルボルン 3月15日[114]
3   Vinfast Vietnam Grand Prix ベトナムGP ハノイ市街地コース ハノイ 4月5日[128]
4   Heineken Chinese Grand Prix 中国GP 上海インターナショナルサーキット 上海 4月19日[110]
5   Heineken Dutch Grand Prix オランダGP ザントフォールト・サーキット ザントフォールト 5月3日[123]
7   Grand Prix de Monaco モナコGP モンテカルロ市街地コース モンテカルロ 5月24日[119]
8   Azerbaijan Grand Prix アゼルバイジャンGP バクー市街地コース バクー 6月7日[126]
9   Grand Prix du Canada カナダGP ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット モントリオール 6月14日[127]
10   Grand Prix de France フランスGP ポール・リカール・サーキット ヴァール 6月28日[122]
16   Singapore Airlines Singapore Grand Prix シンガポールGP シンガポール市街地コース シンガポール 9月20日[126]
18   Pirelli Japanese Grand Prix 日本GP 鈴鹿サーキット 鈴鹿 10月11日[124]
19   United States Grand Prix アメリカGP サーキット・オブ・ジ・アメリカズ オースティン 10月25日[127]
20   Gran Premio de La Ciudad de México メキシコシティGP エルマノス・ロドリゲス・サーキット メキシコシティ 11月1日[127]
21   Heineken Grande Prêmio do Brasil ブラジルGP インテルラゴス・サーキット サンパウロ 11月15日[127]

改訂後の開催日程について編集

改訂後の開催スケジュール[110]
ラウンド レース名称 グランプリ サーキット 都市 決勝開催日
1   Rolex Grosser Preis von Österreich オーストリアGP レッドブル・リンク シュピールベルク 7月5日
2   Pirelli Grosser Preis der Steiermark シュタイアーマルクGP 7月12日
3   Aramco Magyar Nagydij ハンガリーGP ハンガロリンク ブダペスト 7月19日
4   Pirelli British Grand Prix イギリスGP シルバーストン・サーキット ノーサンプトンシャー 8月2日
5   Emirates Formula 1 70th Anniversary Grand Prix 70周年記念GP 8月9日
6   Aramco Gran Premio de Espana スペインGP カタロニア・サーキット バルセロナ 8月16日
7   Rolex Belgian Grand Prix ベルギーGP スパ・フランコルシャン スパ 8月30日
8   Gran Premio Heineken d'Italia イタリアGP モンツァ・サーキット モンツァ 9月6日
9   Pirelli Gran Premio Della Toscana Ferrari 1000 トスカーナGP ムジェロ・サーキット スカルペリーア・エ・サン・ピエロ 9月13日
10   Vtb Russian Grand Prix ロシアGP ソチ・オートドローム ソチ 9月27日
11   Aramco Grosser Preis der Eifel アイフェルGP ニュルブルクリンク ニュルブルク 10月11日
12   Heineken Grande Prémio de Portugal ポルトガルGP アルガルヴェ・インターナショナル・サーキット ポルティマオ 10月25日
13   Emirates Gran Premio dell'Emilia Romagna エミリア・ロマーニャGP イモラ・サーキット イモラ 11月1日
14   DHL Turkish Grand Prix トルコGP イスタンブール・パーク イスタンブール 11月15日
15   Gulf Air Bahrain Grand Prix バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット サヒール 11月29日
16   Rolex Sakhir Grand Prix サヒールGP 12月6日
17   Etihad Airways Abu Dhabi Grand Prix アブダビGP ヤス・マリーナ・サーキット アブダビ 12月13日

シーズン結果編集

レース編集

ラウンド グランプリ ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター ドライバー・オブ・ザ・デイ 詳細
1   オーストリアグランプリ   バルテリ・ボッタス   ランド・ノリス   バルテリ・ボッタス   メルセデス   アレクサンダー・アルボン 詳細
2   シュタイアーマルクグランプリ   ルイス・ハミルトン   カルロス・サインツ   ルイス・ハミルトン   メルセデス   セルジオ・ペレス 詳細
3   ハンガリーグランプリ   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   メルセデス   マックス・フェルスタッペン 詳細
4   イギリスグランプリ   ルイス・ハミルトン   マックス・フェルスタッペン   ルイス・ハミルトン   メルセデス   ルイス・ハミルトン 詳細
5   70周年記念グランプリ   バルテリ・ボッタス   ルイス・ハミルトン   マックス・フェルスタッペン   レッドブル-ホンダ   マックス・フェルスタッペン 詳細
6   スペイングランプリ   ルイス・ハミルトン   バルテリ・ボッタス   ルイス・ハミルトン   メルセデス   セバスチャン・ベッテル 詳細
7   ベルギーグランプリ   ルイス・ハミルトン   ダニエル・リカルド   ルイス・ハミルトン   メルセデス   ピエール・ガスリー 詳細
8   イタリアグランプリ   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   ピエール・ガスリー   アルファタウリ-ホンダ   ピエール・ガスリー 詳細
9   トスカーナグランプリ   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   メルセデス   ダニエル・リカルド 詳細
10   ロシアグランプリ   ルイス・ハミルトン   バルテリ・ボッタス   バルテリ・ボッタス   メルセデス   マックス・フェルスタッペン 詳細
11   アイフェルグランプリ   バルテリ・ボッタス   マックス・フェルスタッペン   ルイス・ハミルトン   メルセデス   ニコ・ヒュルケンベルグ 詳細
12   ポルトガルグランプリ   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   メルセデス   セルジオ・ペレス 詳細
13   エミリア・ロマーニャグランプリ   バルテリ・ボッタス   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   メルセデス   キミ・ライコネン 詳細
14   トルコグランプリ   ランス・ストロール   ランド・ノリス   ルイス・ハミルトン   メルセデス   セバスチャン・ベッテル 詳細
15   バーレーングランプリ   ルイス・ハミルトン   マックス・フェルスタッペン   ルイス・ハミルトン   メルセデス   ロマン・グロージャン 詳細
16   サヒールグランプリ   バルテリ・ボッタス   ジョージ・ラッセル   セルジオ・ペレス   レーシング・ポイント-BWTメルセデス   ジョージ・ラッセル 詳細
17   アブダビグランプリ   マックス・フェルスタッペン   ダニエル・リカルド   マックス・フェルスタッペン   レッドブル-ホンダ   マックス・フェルスタッペン 詳細

ドライバーズ・ワールド・チャンピオンシップ(選手部門)編集

上位10台には以下のポイントが加算される。

順位  1位   2位   3位   4位   5位   6位   7位   8位   9位   10位   FL 
ポイント 25 18 15 12 10 8 6 4 2 1 1

(略号と色の意味はこちらを参照

順位 ドライバー AUT
 
STY
 
HUN
 
GBR
 
70A
 
ESP
 
BEL
 
ITA
 
TUS
 
RUS
 
EIF
 
POR
 
EMI
 
TUR
 
BHR
 
SKH
 
ABU
 
ポイント
1   ルイス・ハミルトン 4 1 1 1 2 1 1 7 1 3 1 1 1 1 1 WD 3 347
2   バルテリ・ボッタス 1 2 3 11 3 3 2 5 2 1 Ret 2 2 14 8 8 2 223
3   マックス・フェルスタッペン Ret 3 2 2 1 2 3 Ret Ret 2 2 3 Ret 6 2 Ret 1 214
4   セルジオ・ペレス 6 6 7 WD 5 10 10 5 4 4 7 6 2 18† 1 Ret 125
5   ダニエル・リカルド Ret 8 8 4 14 11 4 6 4 5 3 9 3 10 7 5 7 119
6   カルロス・サインツ 5 9 9 13 13 6 DNS 2 Ret Ret 5 6 7 5 5 4 6 105
7   アレクサンダー・アルボン 13† 4 5 8 5 8 6 15 3 10 Ret 12 15 7 3 6 4 105
8   シャルル・ルクレール 2 Ret 11 3 4 Ret 14 Ret 8 6 7 4 5 4 10 Ret 13 98
9   ランド・ノリス 3 5 13 5 9 10 7 4 6 15 Ret 13 8 8 4 10 5 97
10   ピエール・ガスリー 7 15 Ret 7 11 9 8 1 Ret 9 6 5 Ret 13 6 11 8 75
11   ランス・ストロール Ret 7 4 9 6 4 9 3 Ret Ret WD Ret 13 9 Ret 3 10 75
12   エステバン・オコン 8 Ret 14 6 8 13 5 8 Ret 7 Ret 8 Ret 11 9 2 9 62
13   セバスチャン・ベッテル 10 Ret 6 10 12 7 13 Ret 10 13 11 10 12 3 13 12 14 33
14   ダニール・クビアト 12† 10 12 Ret 10 12 11 9 7 8 15 19 4 12 11 7 11 32
15   ニコ・ヒュルケンベルグ DNS 7 8 10
16   キミ・ライコネン Ret 11 15 17 15 14 12 13 9 14 12 11 9 15 15 14 12 4
17   アントニオ・ジョヴィナッツィ 9 14 17 14 17 16 Ret 16 Ret 11 10 15 10 Ret 16 13 16 4
18   ジョージ・ラッセル Ret 16 18 12 18 17 Ret 14 11 18 Ret 14 Ret 16 12 9 15 3
19   ロマン・グロージャン Ret 13 16 16 16 19 15 12 12 17 9 17 14 Ret Ret WD WD 2
20   ケビン・マグヌッセン Ret 12 10 Ret Ret 15 17 Ret Ret 12 13 16 Ret 17† 17 15 18 1
21   ニコラス・ラティフィ 11 17 19 15 19 18 16 11 Ret 16 14 18 11 Ret 14 Ret 17 0
22   ジャック・エイトケン 16 0
23   ピエトロ・フィッティパルディ 17 19 0
順位 ドライバー AUT
 
STY
 
HUN
 
GBR
 
70A
 
ESP
 
BEL
 
ITA
 
TUS
 
RUS
 
EIF
 
POR
 
EMI
 
TUR
 
BHR
 
SKH
 
ABU
 
ポイント

コンストラクターズ・ワールド・チャンピオンシップ(製造者部門)編集

ポイントシステムおよび以下の書式は選手部門と同一である。

順位 コンストラクター 車番 AUT
 
STY
 
HUN
 
GBR
 
70A
 
ESP
 
BEL
 
ITA
 
TUS
 
RUS
 
EIF
 
POR
 
EMI
 
TUR
 
BHR
 
SKH
 
ABU
 
ポイント
1   メルセデス 44 4 1 1 1 2 1 1 7 1 3 1 1 1 1 1 WD 3 573
63 9
77 1 2 3 11 3 3 2 5 2 1 Ret 2 2 14 8 8 2
2   レッドブル-ホンダ 33 Ret 3 2 2 1 2 3 Ret Ret 2 2 3 Ret 6 2 Ret 1 319
23 13† 4 5 8 5 8 6 15 3 10 Ret 12 15 7 3 6 4
3   マクラーレン-ルノー 55 5 9 9 13 13 6 DNS 2 Ret Ret 5 6 7 5 5 4 6 202
4 3 5 13 5 9 10 7 4 6 15 Ret 13 8 8 4 10 5
4   レーシング・ポイント-BWTメルセデス 11 6 6 7 WD 5 10 10 5 4 4 7 6 2 18† 1 Ret 195 (210)[144]
27 DNS 7 8
18 Ret 7 4 9 6 4 9 3 Ret Ret WD Ret 13 9 Ret 3 10
5   ルノー 3 Ret 8 8 4 14 11 4 6 4 5 3 9 3 10 7 5 7 181
31 8 Ret 14 6 8 13 5 8 Ret 7 Ret 8 Ret 11 9 2 9
6   フェラーリ 5 10 Ret 6 10 12 7 13 Ret 10 13 11 10 12 3 13 12 14 131
16 2 Ret 11 3 4 Ret 14 Ret 8 6 7 4 5 4 10 Ret 13
7   アルファタウリ-ホンダ 26 12† 10 12 Ret 10 12 11 9 7 8 15 19 4 12 11 7 11 107
10 7 15 Ret 7 11 9 8 1 Ret 9 6 5 Ret 13 6 11 8
8   アルファロメオ-フェラーリ 7 Ret 11 15 17 15 14 12 13 9 14 12 11 9 15 15 14 12 8
99 9 14 17 14 17 16 Ret 16 Ret 11 10 15 10 Ret 16 13 16
9   ハース-フェラーリ 8 Ret 13 16 16 16 19 15 12 12 17 9 17 14 Ret Ret WD WD 3
51 17 19
20 Ret 12 10 Ret Ret 15 17 Ret Ret 12 13 16 Ret 17† 17 15 18
10   ウィリアムズ-メルセデス 63 Ret 16 18 12 18 17 Ret 14 11 18 Ret 14 Ret 16 12 15 0
89 16
6 11 17 19 15 19 18 16 11 Ret 16 14 18 11 Ret 14 Ret 17
順位 コンストラクター 車番 AUT
 
STY
 
HUN
 
GBR
 
70A
 
ESP
 
BEL
 
ITA
 
TUS
 
RUS
 
EIF
 
POR
 
EMI
 
TUR
 
BHR
 
SKH
 
ABU
 
ポイント
  • レーシング・ポイントはブレーキダクトの設計プロセスが競技規則に違反していたため、15点が減点された[144]。(ドライバーズポイントは減点なし)

ペナルティポイント編集

ペナルティポイントが12ポイントに達すると1戦出場停止。ポイントは12ヶ月間有効となる。なお2020年ロシアグランプリではルイス・ハミルトンがスタート練習違反でペナルティポイントが2点課されていたが、後にそのペナルティポイントが取り消され、罰金へ変更となった。

ドライバー 前年度
繰越
AUT
 
STY
 
HUN
 
GBR
 
70A
 
ESP
 
BEL
 
ITA
 
TUS
 
RUS
 
EIF
 
POR
 
EMI
 
TUR
 
BHR
 
SKH
 
ABU
 
有効
ペナルティ
ポイント
  アレクサンダー・アルボン 0(1) 2[145] 2[146] 1[147] 2[148] 7
  ジョージ・ラッセル 0(1) 3[149] 3[150] 6
  ルイス・ハミルトン 0(3) 2[151]
2[152]
2 6
  ランド・ノリス 2[153] 3[154] 5
  ダニール・クビアト 0(5) 1[155] 1[156] 2[157] 4
  キミ・ライコネン 0(2) 1[158] 1[159] 2[160] 4
  シャルル・ルクレール 0(2) 1[161] 2[162] 3
  ランス・ストロール 0(3) 2[163]
1[164]
3
  アントニオ・ジョビナッツィ 0(4) 1[165] 2[166] 3
  ロマン・グロージャン 0(1) 1[167] 1[168] 2
  セルジオ・ペレス 0(1) 1[169] 1[170] 2
  ケビン・マグヌッセン 0(4) 2[171] 2
  カルロス・サインツ 0(1) 1[172] 1
  ダニエル・リカルド 0(7) 1[173] 1
  エステバン・オコン 1[174] 1
  マックス・フェルスタッペン 0(4) 0
  セバスチャン・ベッテル 0(7) 0
  ピエール・ガスリー 0(1) 0
ドライバー 前年度
繰越
AUT
 
STY
 
HUN
 
GBR
 
70A
 
ESP
 
BEL
 
ITA
 
TUS
 
RUS
 
EIF
 
POR
 
EMI
 
TUR
 
BHR
 
SKH
 
ABU
 
有効
ペナルティ
ポイント
  • 前年度繰越の()内の数字は、改定前スケジュールでの開幕時点(2020年03月15日)の有効ペナルティポイント。

カーナンバー編集

過去に使用されたことがあり、2020年から使用可能になるカーナンバーは「19」(フェリペ・マッサ)、「22」(ジェンソン・バトン)、「30」(ジョリオン・パーマー)、「40」(ポール・ディ・レスタ)、「94」(パスカル・ウェーレイン)の5つ。

テレビ放送・インターネット配信編集

日本編集

2020年も例年と同じくCS放送のフジテレビNEXT、DAZNで放映される。

ゲーム編集

コードマスターズにより独占で公式ゲームが開発され、EAスポーツから発売された。70周年エディションと、ミハエル・シューマッハ エディションが発売されている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ メルセデス、“前人未到”のタイトル7連覇。貢献ハミルトン「信じられない記録」と称賛 jp.motorsports.com(2020年11月2日)2021年1月17日閲覧。
  2. ^ ハミルトン、黄旗無視に接触ペナルティ 散々な開幕戦…後5点で出場停止 formula1-data.com(2020年7月6日)2021年1月22日閲覧。
  3. ^ F1ロシアGP:チームとの認識のズレが生んだハミルトンのスタート練習違反 formula1-data.com(2020年9月28日)2021年1月22日閲覧。
  4. ^ ハミルトン、痛みに耐えながら最多勝記録更新「92勝までたどり着けたのはこのチームのおかげ」メルセデス【F1第12戦】” (日本語). www.as-web.jp (2020年10月26日). 2021年1月17日閲覧。
  5. ^ a b 楽勝ではなかったメルセデス陣営。13人が表彰台に乗ったエキサイティングなシーズン/2020年レビュー(1) | F1 | autosport web” (日本語). AUTO SPORT web (2020年12月29日). 2021年1月17日閲覧。
  6. ^ 痛恨のミスで勝利を失ったハミルトン「ピットの規則違反は僕の責任」メルセデス【F1第8戦決勝】 www.as-web.jp(2020年9月7日)2021年1月22日閲覧。
  7. ^ ジョージ・ラッセル、失格逃れ初入賞確定!チームに2万ユーロの罰金…メルセデス陣営に一体何が? / F1サクヒールGP formula1-data.com(2020年12月7日)2021年1月22日閲覧。
  8. ^ FIAが再び技術指令書を発行、F1エンジン規則のグレーゾーンを排除。注目されるフェラーリのパフォーマンス www.as-web.jp(2019年11月15日)2021年1月22日閲覧。
  9. ^ Ferrari explains loss in engine performance” (英語). ESPN.com (2020年7月17日). 2021年1月17日閲覧。
  10. ^ a b 『ハイ・レーキ』採用のフェラーリSF1000、車体&PUに課題あり。大幅改善も必要か www.as-web.jp(2020年3月3日)2021年1月17日閲覧
  11. ^ フェラーリ「SF1000」空力面に欠陥…開発方針の大幅修正強いられる formula1-data.com(2020年7月1日)2021年1月17日閲覧
  12. ^ F1オーストリアGP予選 最高速:際立つフェラーリの遅さ…気になるホンダエンジン勢は? formula1-data.com(2020年7月5日)2021年1月20日閲覧。
  13. ^ フェラーリパワー消滅、待望のアップグレードが功を奏してもマクラーレンに届かず? formula1-data.com(2020年7月6日)2021年1月20日閲覧。
  14. ^ フェラーリF1、エンジンパワーの低下は「技術指令書への対処の結果」 formula1-data.com(2020年7月18日)2020年8月10日閲覧。
  15. ^ a b メルセデスF1、ホンダ同様に開幕オーストリアに改良型エンジンを投入 formula1-data.com(2020年7月2日)2021年1月20日閲覧。
  16. ^ a b c 狂気のPU開発に”待った”! 新たに導入されるF1のエンジン開発抑制ルールとは jp.motorsport.com(2020年5月29日)2021年1月22日閲覧。
  17. ^ a b 世界モータースポーツ評議会、コスト削減策などF1ルール変更を承認 jp.motorsport.com(2020年5月28日)2021年1月20日閲覧。
  18. ^ フェラーリの失速最大の要因はパワーユニットと、開発を足踏みさせた世界情勢による不運 www.as-web.jp(2020年8月1日)2021年1月17日閲覧
  19. ^ a b F1技術解説:フェラーリ後退の原因の7割はパワーユニット由来のもの。パワーを補うためにやるしかない必死のアップデート www.as-web.jp(2020年7月17日)2021年1月17日閲覧
  20. ^ F1技術解説ベルギー編:フェラーリはなぜあれほど遅かったのか。ドラッグに悩んだ末の選択が奏功せず www.as-web.jp(2020年9月4日)2021年1月17日閲覧。
  21. ^ “腹立たしい”ほど遅いフェラーリSF1000…昨季マシンのパーツを流用しちゃえば? formula1-data.com(2020年9月1日)2021年1月17日閲覧。
  22. ^ 跳ね馬不振の原因はPUのみにあらず……ブラウン「それだけで1.3秒も失わない」 jp.motorsport.com(2020年9月2日)2021年1月17日閲覧。
  23. ^ 【特集】2020年はフェラーリにとって“史上最悪の1年”となるのか? 跳ね馬が過去苦戦したシーズンを振り返る” (日本語). jp.motorsport.com. 2021年1月17日閲覧。
  24. ^ 来季レッドブル・ホンダ残留に向けて後がないアルボン、僚友に周回遅れの12位「タイヤの熱入れに苦戦した」 formula1-data.com(2020年10月26日)2021年1月22日閲覧。
  25. ^ Drivers”. www.formula1.com. FIA Formula One. 2020年2月2日閲覧。
  26. ^ F1、コピーマシン対策でリバースエンジニアリングを厳しく規制。3Dカメラや画像処理ソフトが使用禁止に(motorsport.com 日本版)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年1月17日閲覧。
  27. ^ a b c FIA、2020年F1レギュレーションの改定点を発表。不評だったヘルメットデザイン規制が撤廃”. autosport web (2020年3月7日). 2020年3月7日閲覧。
  28. ^ 【ホンダF1開幕前会見】2020年シーズン開幕に『スペック1.1』で挑む。パワーユニット開発総責任者の浅木氏「目標はチャンピオン」 www.as-web.jp(2020年6月23日)2021年1月20日閲覧。
  29. ^ 【連載解説】2021年F1新技術レギュレーション(4)パワーユニットの開発制限 www.as-web.jp(2021年2月16日)2021年2月16日閲覧。
  30. ^ F1 Topic:タイトル獲得を目指すホンダF1、開幕戦投入のパワーユニット“スペック1.1”の命名に驚かされた理由 www.as-web.jp(2020年6月29日)2021年1月20日閲覧。
  31. ^ F1パワーユニット開発、2023年より全面凍結へ…新型コロナ危機へのコスト削減策として formula1-data.com(2020年5月26日)2021年1月20日閲覧。
  32. ^ F1、2020年にコスト制限運用テスト実施。F1会長「健全化と新チーム参入に必要」 - motorsport.com 2019年8月9日
  33. ^ 2020年のF1、MGU-Kの使用制限を3基に緩和。最多22戦のスケジュール考慮”. motorsport.com (2019年12月6日). 2020年1月13日閲覧。
  34. ^ クビアトの母国GP用ヘルメットを許可しなかったFIA。ファンとドライバーたちの批判をうけルールを再検討”. autosport web (2020年10月4日). 2020年3月7日閲覧。
  35. ^ F1カレンダー変更により、ドライバーごとのタイヤ選択制は廃止。全員に同じ内訳で支給 www.as-web.jp(2020年6月23日)2021年1月18日閲覧。
  36. ^ F1 Topic:PU"予選モード"禁止により、シーズン全体を見越した設定が必要に。レースに影響を及ぼす可能性も | F1 | autosport web” (日本語). AUTO SPORT web (2020年9月6日). 2021年1月18日閲覧。
  37. ^ a b c トロロッソが『アルファタウリ』に名称変更。FIAが2020年F1エントリーリストを発表”. auto sport Web (2019年12月1日). 2019年12月2日閲覧。
  38. ^ メルセデスF1が『W11』の実車を初披露。ハミルトンはシューマッハーに並ぶ7度目の戴冠なるか”. auto sport Web (2020年2月14日). 2020年2月14日閲覧。
  39. ^ メルセデスF1、ルイス・ハミルトンとの契約を2020年末まで延長”. auto sport Web (2018年7月19日). 2019年12月2日閲覧。
  40. ^ a b メルセデスF1、ストフェル・バンドーンとエステバン・グティエレスをリザーブドライバーに起用”. auto sport Web (2020年2月17日). 2020年2月17日閲覧。
  41. ^ a b “ジョージ・ラッセル、メルセデスからサクヒールGP出走へ。ウイリアムズはエイトケン起用”. motorsport.com. (2020年12月2日). https://jp.motorsport.com/f1/news/russell-replaces-hamilton-at-mercedes-for-sakhir-gp/4919636/?filters%5Bdriver%5D%5B0%5D%5Btitle%5D=%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8+%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB&filters%5Bdriver%5D%5B0%5D%5Bvalue%5D=21167 2020年12月14日閲覧。 
  42. ^ ボッタスの2020年メルセデスF1残留が確定。オコンは昇格ならず”. auto sport Web (2019年8月29日). 2019年12月2日閲覧。
  43. ^ フェラーリ2020年型F1『SF1000』:ダウンフォース不足等の弱点克服へ。ラジカルなコンセプトの下、全エリアを見直し”. autosport web (2020年2月12日). 2020年2月12日閲覧。
  44. ^ a b c SF1000 launched in Reggio Emilia”. ferrari.com (2020年2月12日). 2020年2月12日閲覧。
  45. ^ フェラーリF1がベッテルとの契約延長を発表。2020年末までの3年間”. auto sport Web (2017年8月26日). 2019年12月2日閲覧。
  46. ^ 新シミュレーター施設建設中のフェラーリF1、2020年も担当ドライバーにウェーレインを起用”. AUTO SPORT web (2020年1月9日). 2020年2月19日閲覧。
  47. ^ フェラーリF1、アイロットを2021年のテストドライバーに起用”. auto sport Web (2020年12月16日). 2020年12月19日閲覧。
  48. ^ Simulator Driver Antonio Fuoco”. ferrari.com. 2021年3月21日閲覧。
  49. ^ Simulator Driver Davide Rigon”. ferrari.com. 2021年3月21日閲覧。
  50. ^ ルクレール、フェラーリF1との契約は4年。「チームにとって正しい選択をした」とチーム代表”. auto sport Web (2018年9月19日). 2019年12月2日閲覧。
  51. ^ シャルル・ルクレール、フェラーリF1との契約を5年間延長。2024年までのチーム残留が確定”. auto sport Web (2019年12月23日). 2019年12月24日閲覧。
  52. ^ レッドブルF1とアストンマーティンのタイトルスポンサー契約、2020年末で終了”. auto sport Web (2020年1月30日). 2020年2月9日閲覧。
  53. ^ レッドブル・ホンダF1、打倒メルセデスを誓う2020年新型マシン『RB16』を正式発表”. auto sport web (2020年2月12日). 2020年2月12日閲覧。
  54. ^ a b 【動画】トロロッソ/アルファタウリF1が新車を初始動、ホンダ2020年型パワーユニット『RA620H』のサウンドを披露”. auto sport web (2020年2月10日). 2020年2月12日閲覧。
  55. ^ フェルスタッペンの2020年残留が確定。「パフォーマンス条項問題をクリア」とレッドブルF1首脳。ガスリーについては「様子見」”. auto sport Web (2019年8月8日). 2019年12月2日閲覧。
  56. ^ 「ホンダは僕に勝てる信念を与えてくれた」フェルスタッペン、レッドブルF1と2023年までの契約延長を発表”. autosport web (2020年1月8日). 2020年1月9日閲覧。
  57. ^ a b レッドブルとアルファタウリ、元育成のセルジオ・セッテ・カマラをテスト&リザーブドライバーに起用”. autosport web (2020年3月9日). 2020年3月9日閲覧。
  58. ^ レッドブルF1、育成ドライバーのビップスをトルコGPのリザーブに起用。F1テスト&スーパーライセンス取得済み”. autosport web (2020年11月12日). 2020年11月14日閲覧。
  59. ^ a b c レッドブル・ホンダ、アルボンの2020年起用を発表。トロロッソF1もガスリー&クビアトの継続決定”. auto sport Web (2019年11月12日). 2019年12月2日閲覧。
  60. ^ マクラーレンF1、2020年シーズンを戦う新マシン『MCL35』を公開。ランキング4位維持を狙う”. auto sport Web (2020年2月13日). 2020年2月14日閲覧。
  61. ^ a b マクラーレンF1がサインツ&ノリスの2020年残留を発表。早期確定で他チームからの引き抜きを封じる”. auto sport Web (2019年7月10日). 2019年12月2日閲覧。
  62. ^ マクラーレンF1、70周年記念GPのリザーブドライバーにディ・レスタを起用”. autosport web (2020年8月6日). 2020年8月22日閲覧。
  63. ^ ルノーF1、2020年型R.S.20の正式カラーを披露。タイトルスポンサー獲得でチーム名が変更に”. auto sport Web (2020年3月11日). 2020年3月12日閲覧。
  64. ^ ルノーF1、2020年型新マシン『R.S.20』の正式発表がないままプレシーズンテスト走行開始”. auto sport Web (2020年2月19日). 2020年2月19日閲覧。
  65. ^ リカルドのルノー移籍が正式発表。サインツの離脱が確定”. auto sport Web (2018年8月3日). 2019年12月2日閲覧。
  66. ^ ルノーF1、2020年のリザーブドライバーにシロトキンを起用。レギュラードライバー欠場の緊急事態に備える”. auto sport Web (2020年7月1日). 2020年7月2日閲覧。
  67. ^ ルノーF1、周冠宇をテストドライバーに起用「開発ドライバーからまた一歩ステップアップした」”. auto sport Web (2020年2月13日). 2020年2月18日閲覧。
  68. ^ オコンがルノーと複数年契約、2020年にF1復帰へ。ヒュルケンベルグは3年で離脱”. auto sport Web (2019年8月29日). 2019年12月2日閲覧。
  69. ^ ホンダF1のパートナー、トロロッソの名称変更が承認。2020年から『アルファタウリ』に”. auto sport Web (2019年10月17日). 2019年12月2日閲覧。
  70. ^ アルファタウリ・ホンダ、記念すべき初のF1マシンを「AT01」と命名”. Formula1-Data (2020年2月12日). 2020年2月12日閲覧。
  71. ^ クビアト、2020年のトロロッソ・ホンダ残留が内定。フェルスタッペンの僚友候補はガスリーかアルボンに”. auto sport Web (2019年9月24日). 2019年12月2日閲覧。
  72. ^ 2021年にアストンマーティンF1チームが誕生。レーシングポイントのオーナーが株式取得、チーム名を変更へ”. auto sport Web (2020年1月31日). 2020年2月9日閲覧。
  73. ^ レーシングポイントF1が2020年を戦う新マシン『RP20』をアンベイル。BWTとのタイトルスポンサー契約も発表”. auto sport Web (2020年2月17日). 2020年2月18日閲覧。
  74. ^ レーシングポイントF1、ペレスとの長期契約を発表。2020年もストロールとのラインアップを維持”. auto sport Web (2019年8月31日). 2019年12月2日閲覧。
  75. ^ a b コロナ陽性ペレスの代役はヒュルケンベルグ。FP1直前に古巣レーシングポイントでのF1復帰が決定”. auto sport Web (2020年7月31日). 2020年7月31日閲覧。
  76. ^ a b ヒュルケンベルグが再び代役で登場。体調不良のストロールに代わりF1アイフェルGP予選からの出走が決定”. auto sport Web (2020年10月10日). 2020年10月17日閲覧。
  77. ^ フォース・インディアF1がストロールとの長期契約を発表。2019年全10チームのドライバーラインアップが確定”. auto sport Web (2018年12月1日). 2019年12月2日閲覧。
  78. ^ a b クビサ、アルファロメオF1のリザーブドライバーに就任。ポーランド企業がタイトルスポンサーに”. auto sport Web (2020年1月2日). 2020年1月2日閲覧。
  79. ^ アルファロメオF1、2020年型『C39』をシェイクダウン。ライコネンがバレンタインデー仕様のマシンをドライブ”. auto sport Web (2020年2月14日). 2020年2月14日閲覧。
  80. ^ “[アルファロメオF1、2020年型マシン『C39』をアンベイル。リザーブドライバーとしてクビサも参加 https://www.as-web.jp/f1/566694?all]”. auto sport Web (2020年2月19日). 2020年2月19日閲覧。
  81. ^ ライコネンがフェラーリ離脱、ザウバーと2年契約結ぶ。2019年、ルクレールが跳ね馬へ”. auto sport Web (2018年9月11日). 2019年12月2日閲覧。
  82. ^ アルファロメオF1、2020年型マシン『C39』をアンベイル。リザーブドライバーとしてクビサも参加”. auto sport Web (2020年2月19日). 2020年2月19日閲覧。
  83. ^ タチアナ・カルデロンのレース日記|第1回:ハイレベルなスーパーフォーミュラで奮闘し自信取り戻す”. motorsport.com (2021年4月29日). 2021年4月30日閲覧。
  84. ^ アルファロメオF1、2020年もジョビナッツィを起用。ライコネンとのコンビ継続が決定”. auto sport Web (2019年11月5日). 2019年12月2日閲覧。
  85. ^ ハースF1チーム、2020年型マシン『VF-20』のカラーリングを発表。モノクロ基調に一新”. auto sport Web (2020年2月6日). 2020年2月9日閲覧。
  86. ^ a b ハースF1、2020年シーズンもグロージャンとマグヌッセンのラインアップ継続を発表”. auto sport Web (2019年9月19日). 2019年12月2日閲覧。
  87. ^ a b ハースF1のテスト&リザーブドライバーにフィッティパルディとデレトラズが就任。公式バーチャルGPにも参戦へ”. auto sport Web (2020年3月27日). 2020年3月29日閲覧。
  88. ^ a b “ハース、サクヒールGPではグロージャンに代わりピエトロ・フィッティパルディを起用”. motorsport.com. (2020年12月1日). https://jp.motorsport.com/f1/news/fittipaldi-to-replace-injured-grosjean-in-sakhir-gp/4918732/ 2020年12月14日閲覧。 
  89. ^ a b “ロマン・グロージャン、最終戦アブダビも欠場。大事故で負った怪我の療養に集中”. motorsport.com. (2020年12月6日). https://jp.motorsport.com/f1/news/grosjean-rules-out-abu-dhabi-grand-prix-return/4922371/?nrt=54 2020年12月14日閲覧。 
  90. ^ ウイリアムズがF1チーム売却を検討と発表。タイトルスポンサー『ROKiT』は契約終了”. auto sport Web (2020年5月29日). 2020年5月31日閲覧。
  91. ^ ウイリアムズF1、2020年型新マシン『FW43』をオンラインで公開。若手コンビで不振脱却を目指す”. auto sport Web (2020年2月17日). 2020年2月17日閲覧。
  92. ^ ウイリアムズがメルセデスジュニアのラッセルと契約。オコンのF1残留の可能性消滅か”. auto sport Web (2018年10月12日). 2019年12月7日閲覧。
  93. ^ ウイリアムズF1、ルノー離脱のジャック・エイトケンをリザーブドライバーに起用”. auto sport Web (2020年2月5日). 2020年2月5日閲覧。
  94. ^ ウイリアムズF1、イスラエル出身ニッサニーと公式テストドライバー契約。FP1での起用も決定”. auto sport Web (2020年1月16日). 2020年1月16日閲覧。
  95. ^ Wシリーズ初代王者ジェイミー・チャドウィック、2020年もウイリアムズF1の開発ドライバーを継続”. autosport web (2020年1月8日). 2020年1月9日閲覧。
  96. ^ 元レッドブルジュニアのダニエル・ティクトゥム、ウイリアムズF1育成プログラム入りを発表”. auto sport Web (2019年12月17日). 2020年1月16日閲覧。
  97. ^ a b “突然F1デビュー決定のエイトケン「準備はできている。ウイリアムズが入賞を遂げられるよう、全力で貢献する」”. auto sport Web. (2020年12月2日). https://www.as-web.jp/f1/650997?all 2020年12月14日閲覧。 
  98. ^ ウイリアムズF1がクビサの後任としてルーキー、ラティフィを起用。全チームの2020年ドライバーが確定”. auto sport Web (2019年11月28日). 2019年12月2日閲覧。
  99. ^ ウイリアムズF1、ラティフィ起用を決定。2020年ドライバーラインアップ揃う” (jp). 2019年11月28日閲覧。
  100. ^ ヒュルケンベルグのF1第5戦出走が決定。ペレスのコロナ検査結果が再び陽性に”. auto sport Web (2020年8月7日). 2020年10月17日閲覧。
  101. ^ a b c d e 2020年F1暫定カレンダーが発表。史上最多22戦の過密スケジュール、日本GPは10月11日の第18戦に”. autosport Web (2019年8月29日). 2019年9月20日閲覧。
  102. ^ a b c d 2020年F1カレンダーが承認、日本GPは10月11日に開催。史上最多22戦の過密スケジュールでテストが大幅縮小へ”. autosport Web (2019年10月5日). 2019年10月5日閲覧。
  103. ^ F1ベトナムGPの開催が決定。2020年からハノイの市街地コースで”. autosport Web (2018年11月7日). 2019年9月20日閲覧。
  104. ^ 2020年にF1オランダGPが復活。1985年以来35年ぶり、フェルスタッペンの活躍も一助”. autosport Web (2019年5月14日). 2019年9月20日閲覧。
  105. ^ F1が公式サイトから2020年カレンダーを取り下げ「調整がつき次第、修正版を発表」夏開幕を目指すと改めて表明”. autosport web (2020年4月17日). 2020年4月21日閲覧。
  106. ^ F1が2020シーズン計画を発表。7月から12月に15~18戦開催が目標”. autosport web (2020年4月27日). 2020年5月17日閲覧。
  107. ^ a b c 2020年F1序盤ヨーロッパラウンドの日程が正式決定。7月5日開幕、10週に8戦の超過密スケジュール”. autosport web (2020年6月2日). 2020年6月3日閲覧。
  108. ^ a b c ムジェロ&ロシアでのF1開催が正式発表。2020年前半10戦の日程が確定”. autosport web (2020年7月10日). 2020年7月26日閲覧。
  109. ^ a b c d F1、ニュルブルクリンク/ポルティマオ/イモラでの開催を発表。アメリカ大陸でのグランプリは断念”. autosport web (2020年7月24日). 2020年7月26日閲覧。
  110. ^ a b c d e f g h 2020年シーズンのF1スケジュールが確定。トルコGPが復活、今季は全17戦の開催に”. autosport web (2020年8月25日). 2020年8月27日閲覧。
  111. ^ FIAとF1が中国GP延期を決定。新型コロナウイルスの状況を注視し、代替日程について検討へ オートスポーツweb・2020年2月12日・同日閲覧
  112. ^ 新型コロナウイルスの影響広がる中……F1オーストラリアGPは予定通り開催へ”. motorsport.com (2020年3月2日). 2020年4月21日閲覧。
  113. ^ マクラーレンF1、オーストラリアGPの参戦取りやめ。チームスタッフが新型コロナウイルス検査で陽性”. autosport web (2020年3月12日). 2020年4月21日閲覧。
  114. ^ a b F1オーストラリアGP中止が正式発表「大多数のチームの見解によって結論」”. motorsport.com (2020年3月13日). 2020年3月13日閲覧。
  115. ^ F1史上初! バーレーンGPは新型コロナウイルスの流行受け無観客レースに”. motorsport.com (2020年3月8日). 2020年3月8日閲覧。
  116. ^ Bahrain and Vietnam Grands Prix postponed”. formula1.com (2020年3月13日). 2020年3月13日閲覧。
  117. ^ F1バーレーンGPとベトナムGPの延期が決定。2020年シーズンは「5月末スタート」に”. autosport web (2020年3月13日). 2020年3月13日閲覧。
  118. ^ a b F1、オランダ/スペイン/モナコの3レースの延期を発表。新型コロナウイルスの影響で序盤7戦を開催できず”. autosport web (2020年3月20日). 2020年3月20日閲覧。
  119. ^ a b 延期発表から一転……伝統のF1モナコGP“中止”が正式決定”. motorsport.com (2020年3月20日). 2020年3月20日閲覧。
  120. ^ F1アゼルバイジャンGP、新型コロナウイルス大流行の余波を受けて延期が決定”. autosport web (2020年3月23日). 2020年3月24日閲覧。
  121. ^ F1カナダGPの延期が正式に決定。暫定開幕戦は6月末のフランスGPに”. autosport web (2020年4月8日). 2020年4月8日閲覧。
  122. ^ a b フランスGPの中止が正式決定。F1ボス、7月5日のオーストリア開幕を目指すとコメント”. autosport web (2020年4月27日). 2020年4月27日閲覧。
  123. ^ a b F1オランダGP、2020年の開催中止を正式に発表。無観客でのレース開催を回避へ”. autosport web (2020年5月28日). 2020年5月29日閲覧。
  124. ^ a b 2020 FIA F1世界選手権シリーズ ピレリ 日本グランプリレースの開催中止について” (2020年6月12日). 2021年1月5日閲覧。
  125. ^ F1 confirm 2020 Azerbaijan, Singapore and Japanese Grands Prix have been cancelled Formula 1®(2020/6/12)
  126. ^ a b c F1、アゼルバイジャン/シンガポールの2レースも中止を発表。市街地サーキットの建設に懸念”. autosport web. 2020年6月12日閲覧。
  127. ^ a b c d e F1、南北アメリカ大陸での今季レース開催を断念”. ESPN F1 (2020年7月25日). 2020年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月26日閲覧。
  128. ^ a b F1=ベトナムGP、新型コロナで中止を発表”. ロイター (2020年10月17日). 2020年10月17日閲覧。
  129. ^ Formula 1 launches Virtual Grand Prix Series to replace postponed races” (英語). www.formula1.com. 2020年3月22日閲覧。
  130. ^ F1サマーブレイクの春季実施&期間延長が決定。2020年カレンダーは変則的に”. autosport web (2020年3月19日). 2020年3月19日閲覧。
  131. ^ F1、閉鎖期間を5週間に延長することで合意”. ESPN F1 (2020年4月8日). 2020年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月8日閲覧。
  132. ^ F1チーム&PUメーカーのファクトリー閉鎖期間がさらに延長。WMSCが承認”. motorsport.com (2020年4月29日). 2020年4月29日閲覧。
  133. ^ a b c 2020年F1カレンダー予想:イギリスGPとベルギーGPにゴーサイン。7月から19戦を開催か”. autosport web (2020年5月16日). 2020年5月17日閲覧。
  134. ^ a b 2020年F1、イギリスとオーストリアでの2戦目は『70周年記念GP』と『シュタイアーマルクGP』の名称に”. autosport web (2020年6月3日). 2020年6月3日閲覧。
  135. ^ イギリスGPは開催実現でも無観客決定”. ESPN F1 (2020年4月27日). 2020年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月29日閲覧。
  136. ^ 政府の隔離措置でイギリスGP開催が困難に。F1は免除を求め交渉を継続”. autosport web (2020年5月23日). 2020年5月24日閲覧。
  137. ^ シルバーストーン、8月のダブルヘッダー開催にゴーサイン”. ESPN F1 (2020年6月1日). 2020年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月3日閲覧。
  138. ^ モンツァ、無観客でのF1イタリアGP開催を発表。開催契約は2025年まで延長へ”. autosport web (2020年6月3日). 2020年6月3日閲覧。
  139. ^ F1トスカーナGPは今季初の有観客レースに。ムジェロが9月から観客の入場を許可”. motorsport.com (2020年8月30日). 2020年8月30日閲覧。
  140. ^ イモラでのF1GPは異例の2デー開催。将来のフォーマット変更に向けた実験的意義も”. autosport web (2020年7月25日). 2020年6月3日閲覧。
  141. ^ F1、2020年最新カレンダーを発表。トルコ、バーレーン、アブダビ追加で全17戦”. motorsport.com (2020年8月25日). 2020年8月26日閲覧。
  142. ^ 2020年バーレーン2戦目は初のショートコースで開催。予選タイムは史上最短の55秒以下に”. autosport web (2020年8月29日). 2020年8月29日閲覧。
  143. ^ F1:「70周年記念GP?」「トスカーナGP?」シルバーストンで2回、イタリアで3回!? 一国一開催の原則について”. Motor-Fan.jp (2020年8月8日). 2020年10月3日閲覧。
  144. ^ a b “ブレーキダクト問題”はルノーが勝訴。レーシングポイントは罰金と選手権ポイント減点”. motorsport.com (2020年8月7日). 2020年8月10日閲覧。
  145. ^ 02.08 - DOC 46 - 2020 British Grand Prix - Offence - Car 23 - Incident with Car 20 at Turn 18”. fia.com (2020年8月2日). 2020年8月3日閲覧。
  146. ^ DOC 43 - 2020 Italian Grand Prix - Offence - Car 23 - Turn 1 incident with car 8”. fia.com (2020年9月6日). 2020年9月7日閲覧。
  147. ^ Doc 50 - Russian Grand Prix - Offence - Car 23 - RD Instruction Turn 2”. fia.com (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  148. ^ DOC 33 - 2020 Eifel Grand Prix - Offence - Car 23 - causing a collision with car 26”. fia.com (2020年10月11日). 2020年10月11日閲覧。
  149. ^ 01.08 - DOC 39 - 2020 British Grand Prix - Offence - Car 63 - Failure to respect double yellow flags”. fia.com (2020年8月1日). 2020年8月2日閲覧。
  150. ^ DOC 38 - 2020 Turkish Grand Prix - Offence - Car 63 - Failure to respect double yellow flags”. fia.com (2020年11月14日). 2020年11月15日閲覧。
  151. ^ Offence Doc42 - L.Hamilton (Failure to slow for yellow flags (post review)”. fia.com (2020年7月5日). 2020年7月5日閲覧。
  152. ^ Offence Doc50 - L.Hamilton (Incident with A.Albon)”. fia.com (2020年7月5日). 2020年7月6日閲覧。
  153. ^ 10.07 - Offence Doc11 - L.Norris”. fia.com (2020年7月10日). 2020年7月11日閲覧。
  154. ^ DOC 36 - 2020 Turkish Grand Prix - Offence - Car 4 - Failure to respect yellow flags at turn 8”. fia.com (2020年11月14日). 2020年11月15日閲覧。
  155. ^ 16.08 - DOC 36 - 2020 Spanish Grand Prix - Offence - Car 26 - Ignoring Blue Flags”. fia.com (2020年8月16日). 2020年8月17日閲覧。
  156. ^ DOC 55 - 2020 Portuguese Grand Prix - Offence - Car 26 - leaving the track”. fia.com (2020年10月25日). 2020年10月26日閲覧。
  157. ^ DOC 33 - 2020 Bahrain Grand Prix - Offence - Car 26 - collision with car 18”. fia.com (2020年11月29日). 2020年11月30日閲覧。
  158. ^ 19.07 - Stewards Decision Doc39 - Offence - K.Räikkönen - Out of position at the start”. fia.com (2020年7月19日). 2020年7月20日閲覧。
  159. ^ Doc 42 - 2020 Tuscan Grand Prix - Offence - Car 7 - Pit entry”. fia.com (2020年9月13日). 2020年9月14日閲覧。
  160. ^ DOC 32 - 2020 Eifel Grand Prix - Offence - Car 7 - causing a collision with car 63”. fia.com (2020年10月11日). 2020年10月11日閲覧。
  161. ^ 11.07 - Doc33 - Offence - Car 16 - impeding car 26”. fia.com (2020年7月11日). 2020年7月12日閲覧。
  162. ^ Doc 37 - 2020 Sakhir Grand Prix - Offence - Car 16 - causing a collision” (2020年12月6日). 2020年12月7日閲覧。
  163. ^ DOC 51 - 2020 Portuguese Grand Prix - Offence - Car 18 - collision with car 4”. fia.com (2020年10月25日). 2020年10月26日閲覧。
  164. ^ DOC 52 - 2020 Portuguese Grand Prix - Offence - Car 18 - leaving the track”. fia.com (2020年10月25日). 2020年10月26日閲覧。
  165. ^ 02.08 - DOC 49 - 2020 British Grand Prix - Offence - Car 99 - Failure to slow under the safety car”. fia.com (2020年8月2日). 2020年8月3日閲覧。
  166. ^ DOC 45 - 2020 Italian Grand Prix - Offence - Car 99 - Entering the closed pit lane”. fia.com (2020年9月6日). 2020年9月7日閲覧。
  167. ^ DOC 53 - 2020 Portuguese Grand Prix - Offence - Car 8 - leaving the track”. fia.com (2020年10月25日). 2020年10月26日閲覧。
  168. ^ Doc 30 - 2020 Emilia Romagna Grand Prix - Offence - Car 8 - leaving the track”. fia.com (2020年11月1日). 2020年11月2日閲覧。
  169. ^ 16.08 - DOC 35 - 2020 Spanish Grand Prix - Offence - Car 11 - Ignoring Blue Flags”. fia.com (2020年8月16日). 2020年8月17日閲覧。
  170. ^ Doc 18 - 2020 Tuscan Grand Prix - Offence - Car 11 - collision with car 7”. fia.com (2020年9月12日). 2020年9月13日閲覧。
  171. ^ 09.08 - Doc 36 - 70th Anniversary Grand Prix - Offence - Car 20 - Re-joined the track in an unsafe manner”. fia.com (2020年8月9日). 2020年8月14日閲覧。
  172. ^ DOC 31 - 2020 Turkish Grand Prix - Offence - Car 55 - Impeding car 11”. fia.com (2020年11月14日). 2020年11月15日閲覧。
  173. ^ Doc 48 - Russian Grand Prix - Offence - Car 3 - RD Instruction”. fia.com (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  174. ^ 08.08 - Doc 26 - 70th Anniversary Grand Prix - Offence - Car 31 - Impending Car 63”. fia.com (2020年8月8日). 2020年8月9日閲覧。

外部リンク編集