メインメニューを開く

ラムヤ・クリシュナ(Ramya Krishna、1970年9月15日[2] - )は、インド女優テルグ語映画タミル語映画ヒンディー語映画マラヤーラム語映画カンナダ語映画など200作品以上の映画に出演しており、フィルムフェア賞 南インド映画部門ナンディ賞タミル・ナードゥ州映画賞を受賞している。

ラムヤ・クリシュナ
Ramya Krishna
Ramya Krishna
ラムヤ・クリシュナ(2016年)
別名義 Ramya Krishnan
生年月日 (1970-09-15) 1970年9月15日(49歳)
出生地 インドの旗 インド タミル・ナードゥ州チェンナイ
職業 女優
活動期間 1984年 -
配偶者 クリシュナ・ヴァムシ英語版[1]
著名な家族 チョー・ラマスワミー英語版(叔父)
主な作品
パダヤッパ いつでも俺はマジだぜ!英語版
バーフバリ 伝説誕生
バーフバリ 王の凱旋
テンプレートを表示

1999年公開の『パダヤッパ いつでも俺はマジだぜ!英語版』での演技を評価されてフィルムフェア賞 最優秀タミル語主演女優賞英語版を受賞し、人気女優の一人になった。また、2009年公開の『Konchem Ishtam Konchem Kashtam』ではフィルムフェア賞 最優秀テルグ語助演女優賞英語版を受賞している。2015年公開の『バーフバリ 伝説誕生』、2017年公開の『バーフバリ 王の凱旋』でも高い評価を得ており、『バーフバリ 伝説誕生』ではフィルムフェア賞 最優秀テルグ語助演女優賞、ナンディ賞 最優秀助演女優賞英語版を受賞している。

生い立ち編集

1970年9月15日にタミル語話者の家庭に生まれる[2][3]。著名な俳優・コメディアンとして知られているチョー・ラマスワミー英語版の姪にあたる。幼少期に南インドの古典舞踊バラタナティヤム英語版クチプディ英語版を習得し、数多くの舞台に立ってきた[4]

2003年6月12日にテルグ語映画監督のクリシュナ・ヴァムシ英語版と結婚し、息子を出産している[5]

キャリア編集

1984年に『Neram Pularumbol』に出演し、女優としてのキャリアを始める(同作公開は1986年)。1985年公開の『Bhale Mithrulu』でテルグ語映画に初出演し、1989年公開の『Sutradharulu』で高い評価を得た。1990年代にはサウンダリヤー英語版ミーナロージャー英語版ナグマ英語版と共にテルグ語映画を牽引した。この時期に出演した成功作には、K・ラガヴェンドラ・ラオ英語版が監督を務めた『Alludugaru』『Allari Mogudu』『Major Chandrakanth』『Allari Priyudu』がある。1997年公開の『Annamayya』ではアッキネーニ・ナーガールジュナと共演し、興行的な成功を収めた。1998年公開の『Kante Koothurne Kanu』ではナンディ賞 最優秀助演女優賞英語版を受賞した。同年には『Bade Miyan Chote Miyan』でアミターブ・バッチャンゴーヴィンダ英語版と共演し、1999年公開の『パダヤッパ いつでも俺はマジだぜ!英語版』ではラジニカーントと共演している。

2015年公開の『バーフバリ 伝説誕生』ではプラバースラーナー・ダッグバーティと共演して国母シヴァガミを演じ、『Mama Manchu Alludu Kanchu』でも主要キャストとして出演している[6][7]。2017年には『バーフバリ 王の凱旋』で再び国母シヴァガミを演じ、高い評価を得ている[8]

出典編集

外部リンク編集