メインメニューを開く

ランカスター伯爵

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ
ランカスター伯から転送)

ランカスター伯爵英語: Earl of Lancaster)は、イングランド貴族伯爵位。

歴史編集

ヘンリー3世の次男エドマンド(クラウチバック)(1245-1296)は、1267年6月30日にイングランド北西部ランカスター地域に莫大な所領を与えられ、ランカスター伯爵に叙された。これがランカスター家の創始となる[1][2]。エドマンドはその2年前にレスター伯領やダービー伯領を受けていたので(1265年10月26日にはレスター伯に叙される[3])、その所領はダービー、スタッフォード、レスター、ノーサンプトン、トレント峡谷諸地域を中心とし、加えてランカシャーからヨークシャー沿岸、南ウェールズからスコットランド国境地帯までに及ぶ広大なものとなった[4]

2代ランカスター伯トマス(1278頃-1322)は、従兄弟にあたる国王エドワード2世の寵臣政治に反抗し、国王にバラブリッジの戦いを仕掛けるも敗れて処刑された[5]。この際に爵位と所領は一時没収されたが、エドワード3世即位後の1329年にトマスの弟ヘンリー(1281頃-1345)に継承が認められた[6]

3代伯ヘンリーの息子である4代ランカスター伯ヘンリー・オブ・グロスモント(1310頃-1361)は、襲爵前の1337年3月16日にダービー伯に叙された[7][8]。父から三伯領を継承したのに加えて伯母アリス・ド・レイシー英語版(2代伯トマスの妻)からリンカーン伯領を継承し[2]1349年8月20日にはリンカーン伯に叙された[7][8]。またスコットランド戦争や百年戦争で戦功をあげたため[2][6]1351年3月6日ランカスター公に叙された[7][8]

しかし初代ランカスター公ヘンリーには男子がなく、娘のブランシュが女子相続人だった。彼女は1359年にエドワード3世の四男ジョン・オブ・ゴーント(1340-1399)と結婚した[6]。このジョン・オブ・ゴーントは先立つ1342年9月20日にリッチモンド伯に叙されるとともに[9]、リッチモンド伯領を与えられていた[6]。初代ランカスター公ヘンリーが死去するとその所領を継承し、1361年7月にはダービー伯[9]、同年8月にはランカスター伯の継承を認められ[9]、さらに1362年にはランカスター公に叙された[6][2]

この時点でジョン・オブ・ゴーントは、5つの伯爵領(自身が与えられたリッチモンド伯領、妻を通じてランカスター伯領・レスター伯領・ダービー伯領・リンカーン伯領)を保有していたことになる。その領地は東部ではノーフォークとサフォーク、南部ではサセックスとケントとサマセット、バークシャー、ウィルトシャー、ドーセット、ハンティンドンシャー、ハンプシャー、グロスターシャー、中部ではダービー、スタッフォードシャー、ウォリックシャー、タトバリ、レスター、ラトランド、ノッティンガムシャー、ノーサンプトンシャー、北部ではノーサンバランドシャー、ヨークシャー、ランカシャー、チェシャーという広大な範囲に及んだ。イングランドのみならずウェールズにも領地をもっていた。その地代総額は12,000ポンドを超えていた(当時の貴族の平均的地代総額は1,000ポンドから3,000ポンド)[10]

ジョン・オブ・ゴーントの長男ヘンリー・ボリングブルック(1367-1413)は、1380年に第7代ヘレフォード伯英語版ハンフリー・ド・ブーン英語版の女子相続人メアリー・ド・ブーンと結婚し、これによってウィルトシャー、グロスターシャー、ハートフォードシャー、ウェールズ西部に及ぶヘレフォード伯ハンフリー家の領地を相続することになった。この相続を基礎として1397年にはヘレフォード公英語版に叙された[10]。父ジョンの持つ上記の莫大な所領も合わせれば、ランカスター家はイングランド最大の貴族であった[10]

国王リチャード2世は絶大な力を持ったランカスター家に脅威を感じ、1398年にヘンリーを国外追放に追いやるとともに1399年のジョン・オブ・ゴーントの死去に際してその所領の没収を宣言した。これに反発したヘンリーはヨークシャー・ラヴェンスパに上陸して反撃に打って出てリチャード2世を撃破して代わって王位に就いた(ランカスター朝国王ヘンリー4世)[11][12]

これによりランカスター伯位を含むその保有爵位は王冠にマージされることとなった。

ランカスター伯 (1267年)編集

画像 名前 受爵期間 備考
  初代ランカスター伯
エドマンド(クラウチバック)
(1245-1296)
1267年6月30日
-1296年6月5日
ヘンリー3世の次男
1265年にレスター伯
  2代ランカスター伯
トマス
(1278頃-1322)
1298年9月8日
-1322年3月22日
先代の息子
バラブリッジの戦いに敗れて処刑
3代ランカスター伯
ヘンリー
(1281頃-1345)
1326年10月26日
-1345年9月22日
先代の弟
  4代ランカスター伯
初代ランカスター公
ヘンリー(オブ・グロスモント)
(1310頃-1361)
1345年9月22日
-1361年3月23日
先代の息子
1337年にダービー伯
1349年にリンカーン伯
1351年にランカスター公
  5代ランカスター伯
初代ランカスター公
ジョン(オブ・ゴーント)
(1340-1399)
1361年8月14日
-1399年2月3日
先代の娘婿
エドワード3世の三男
1342年にリッチモンド伯
1362年にランカスター公
  6代ランカスター伯
2代ランカスター公
ヘンリー(ボリングブルック)
(1367-1413)
1399年2月3日
-1399年9月30日
先代の息子
1397年にヘレフォード公英語版
1399年にヘンリー4世に即位

家系図編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 尾野比左夫 1992, p. 16.
  2. ^ a b c d 青山吉信(編) 1991, p. 444.
  3. ^ Lundy, Darryl. “Edmund 'Crouchback' Plantagenet, Earl of Leicester” (英語). thepeerage.com. 2016年4月25日閲覧。
  4. ^ 尾野比左夫 1992, p. 16-17.
  5. ^ 青山吉信(編) 1991, p. 290.
  6. ^ a b c d e 尾野比左夫 1992, p. 17.
  7. ^ a b c Heraldic Media Limited. “The Early House of Plantagenet (1154 - 1327)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年4月25日閲覧。
  8. ^ a b c Lundy, Darryl. “Henry Grosmont of Derby Plantagenet, 1st Duke of Lancaster” (英語). thepeerage.com. 2016年4月25日閲覧。
  9. ^ a b c Lundy, Darryl. “John of Gaunt, Duke of Lancaster” (英語). thepeerage.com. 2016年4月25日閲覧。
  10. ^ a b c 尾野比左夫 1992, p. 18.
  11. ^ 尾野比左夫 1992, p. 18-19.
  12. ^ 青山吉信(編) 1991, p. 444-445.

参考文献編集

  • 『イギリス史〈1〉先史〜中世』青山吉信(編)、山川出版社〈世界歴史大系〉、1991年。ISBN 978-4634460102
  • 尾野比左夫『バラ戦争の研究』近代文芸社、1992年。ISBN 978-4773311747