メインメニューを開く

ランチア・LC1は、ランチア1982年世界耐久選手権参戦用に製作した二座席レーシングカーである。

ランチア・LC1
2006FOS 1982LanciaLC1Martini.jpg
カテゴリー 二座席レーシングカー
コンストラクター ランチア
デザイナー イタリアの旗 ジャン・パオロ・ダラーラ
主要諸元
エンジン 直列4気筒 1.4リットル ターボチャージャー
主要成績
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
テンプレートを表示

概要編集

1982年より国際スポーツ法典付則J項の全面改編に伴い、世界耐久選手権は新規定のカテゴリーIIグループC (スポーツカー) で争われることになったが、国際自動車連盟(FIA)は移行措置としてこの年に限り改編前の特殊プロダクションカー (旧A部門第5グループ) と、エンジン排気量を2リットル以下に制限した同二座席レーシングカー (旧B部門第6グループ) の参戦も認めた[注釈 1]。ここに着目したランチアは、燃料総量規定のあるグループCでなく、旧二座席レーシングカーで参戦を企図し、この年限りのマシンLC1を投入した。

エンジンはランチア・ベータ・モンテカルロ[1]の1.4リットル[1]直列4気筒[1]エンジンにターボを装着、当時のFIAのターボ係数1.4により2.0リットル扱いとなった。シャシジャンパオロ・ダラーラ[1]が手がけたアルミニウム[1]モノコック[1]であった。

リカルド・パトレーゼ[1]ミケーレ・アルボレート[1]といった一流ドライバーを投入し、ポルシェワークスのポルシェ・956に対抗できるものと期待された[1]

デビュー戦であるWEC開幕戦モンツァポールポジション獲得。第2戦シルバーストンでは、このレースがデビュー戦となるポルシェ・956が燃費に悩まされるのを尻目に初優勝を飾り、結局この年はポールポジション2回、優勝3回という記録を残した。富士スピードウェイで開催されたWEC-JAPANにも来日し、2位に入賞しているが、ランチアワークスが来日したのはこれが最初で最後となった。

1983年からランチアワークスはグループCであるLC2を投入し、LC1は役目を終えた。

注釈編集

  1. ^ 但しメイクスポイントは獲得できなかった

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 『Racing On』459号p.84。

参考文献編集

外部リンク編集