メインメニューを開く

リスボン特急』(リスボンとっきゅう、原題:Un flic)は、1972年制作のフランスイタリアフィルム・ノワールアラン・ドロン主演。フランスのフィルム・ノワールの巨匠ジャン=ピエール・メルヴィルの最後の監督作品。

リスボン特急
Un flic
監督 ジャン=ピエール・メルヴィル
脚本 ジャン=ピエール・メルヴィル
製作 ロベール・ドルフマンフランス語版
出演者 アラン・ドロン
カトリーヌ・ドヌーヴ
リチャード・クレンナ
音楽 ミシェル・コロンビエ
撮影 ワルター・ウォティッツフランス語版
配給 日本の旗 東和
公開 フランスの旗 1972年10月25日
日本の旗 1972年12月16日
上映時間 98分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
興行収入 フランスの旗 1,464,806 admissions[1]
テンプレートを表示

あらすじ編集

シモンは表向きはパリのナイトクラブの経営者だが、実はギャングという裏の顔を持っている。ある時、シモンは仲間のルイ、マルク、ポールと大西洋に臨むある小さな町の銀行を襲撃、大金を強奪する。しかし、隙をつかれてマルクが撃たれ、負傷してしまう。

一方、パリ警視庁のエドゥアール・コールマン刑事は、ある組織が税関とグルになって麻薬をリスボン行きの特急で運び出すという情報をキャッチする。そして午後7時59分、特急は運び屋を乗せてパリを出発した。シモンら3人はヘリコプターを使った作戦でその麻薬を横取りした。

数日後、マルクの死体が発見される。シモンらに口封じされたのだ。コールマンはマルクの身元から犯人を割り出し、主犯がシモンであるとにらむ。仲間を次々と検挙したコールマンは、ついにシモンと対峙する。だが2人はかつて、堅い友情で結ばれた戦友同士だった…。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ Box Office information for film at Box Office Story

関連項目編集

外部リンク編集