アラン・ドロン

フランスの俳優

アラン・ドロン(Alain Delon, 1935年11月8日 - )はフランスの映画俳優。身長180センチメートル。1960年代から70年代にかけて、二枚目俳優の代名詞として世界的大スターだった。芸術映画から娯楽映画まで、数多くの作品に出演している。

Alain Delon
アラン・ドロン
アラン・ドロン
1959年
本名 Alain Fabien Maurice Marcel Delon
生年月日 (1935-11-08) 1935年11月8日(84歳)
出生地 フランスの旗 フランス共和国オー=ド=セーヌ県ソー
国籍 フランスの旗 フランス
スイスの旗 スイス
民族 フランス人
身長 177cm
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 1957年 - 2017年
主な作品
太陽がいっぱい』(1960年)
若者のすべて』(1960年)
太陽はひとりぼっち』(1962年)
地下室のメロディー』(1963年)
冒険者たち』(1967年)
サムライ』(1967年)
さらば友よ』(1968年)
ボルサリーノ』(1970年)
レッド・サン』(1971年)
テンプレートを表示

来歴編集

1935年11月8日パリ郊外のオー=ド=セーヌ県ソーで生まれる。父は小さな映画館を経営、母は後に結婚するナタリーと雰囲気の似た美人で、薬剤師の資格を持っていた。

4歳で両親が離婚し[1]母方に預けられるも、再婚したシャルキュトリフランス語版(ハムやソーセージなど豚肉加工品専門の食品店)の義父と合わなかったこと、そして母親が新たに生れた娘(エディット)だけを可愛がったためにアランはのけ者とされる。さらに実父も再婚、息子ジャン=フランソワ(後にアランの映画の製作に参加)が生まれていた。家庭不和による愛情不足のため、彼は女生徒とたびたび問題を起こして寄宿学校を転々とした。ドロンはその後14歳より食品店で働き始めた。

やがてドロンはフランス海軍へ志願。未成年者は保護者の承諾が必要だったが、母は義父の言うがままに承諾した。この一件で、母への不信感を持った。17歳で入隊し、マルセイユより貨物船に乗せられ、第一次インドシナ戦争へ従軍することになった。1955年休戦協定によって20歳で無事除隊後はアメリカとメキシコを放浪、1956年に帰国後はパリのモンマルトルなど方々を転々とし、サン=ジェルマン=デ=プレに落ち着いた。その後、さまざまな職業を転々とするが、職業経験は後の俳優人生にプラスに働いた。

ドロンと同時代のアメリカ映画のスターであり、同じく戦場の経験があるスティーブ・マックイーンとともに、銃を扱う芝居の上手さが語られている[2]

銀幕へのデビュー編集

 
1960年映画「若者のすべて」より

1957年の夏、女優のブリジット・オーベール英語版から「カンヌ映画祭が開催されるから歩いてみたら。あなたほどの美貌なら、監督の誰かから声が掛かるかもしれない」と言われた。それがきっかけで、帰国後パリで知り合ったジャン=クロード・ブリアリと2人で、カンヌを歩いてみると、過去にロック・ハドソンを発掘したハリウッドの一流エージェント、ヘンリー・ウィルスンに「君はいい体をしている…」とスカウトされた。その3日後にローマチネチッタ撮影所にて、映画『武器よさらば』撮影中のデヴィッド・O・セルズニックスクリーンテスト英語版を受け合格し、アメリカ合衆国での成功に太鼓判を押され、英語の習得を条件に7年間の契約を持ちかけられる。しかし「私はフランス人なので、まずはフランスで勝負をしたい」と保留、女優エステラ・ブランの紹介で、イヴ・アレグレ監督の『女が事件にからむ時』(共演:ジャン=ポール・ベルモンド)でデビューした。

1959年、『恋ひとすじに』で共演した西ドイツの若手スター、ロミー・シュナイダーと同棲し婚約するも、1963年に破棄。1960年、ドロンはパトリシア・ハイスミス原作、ルネ・クレマン監督の『太陽がいっぱい[3]に主演した[4]ニーノ・ロータの曲と共に大ヒットし、世界的にその名を知られる。その後もクレマン監督作品など、数多くのフランス映画・イタリア映画アメリカ映画に出演し、自身が出演する作品のプロデュースも手がけるなどして活躍。ルキノ・ヴィスコンティ監督の『若者のすべて』にも出演した。ドロンがマリアンヌ・フェイスフルと共演した『あの胸にもういちど』(1968)では、黒革のバイク・スーツを着たマリアンヌがそれを脱ぎ捨てると、ヌードであるというシーンが話題になった。 その後も『シシリアン』[5]『冒険者たち』『さらば友よ』[6]『暗黒街のふたり』『ボルサリーノ』『栗色のマッドレー』『地下室のメロディ』『レッドサン』『友よ静かに死ね』『ショック療法』『ル・ジタン』『アラン・ドロンのゾロ』ほか多数の映画作品に出演した。他には、ドロンがソ連の革命家・レフ・トロツキーを殺害する殺し屋を演じた『暗殺者のメロディ』という珍品もある。ジョゼ・ジョバンニ監督との名コンビは、よく知られている。音楽活動では1973年に、ダリダとアラン・ドロン『甘い囁き』がヒットした。

私生活:女性遍歴編集

 
1963年映画「山猫」より

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドとのアルバムがある、ドイツ人のモデル歌手ニコとの関係も知られている。ニコは1962年にドロンとの子供である長男クリスティアンを生むが、彼は未だに認知をしていない。クリスティアンはドロンの実母に育てられた。ロミー・シュナイダーと破局した後には、1963年、ナタリー・バルテルミー(のちナタリー・ドロン)と出会う。ナタリー(本名はフランシス・カサノヴァ)はモロッコカサブランカ出身で、育った境遇が似ていたことや、人生経験豊かなところに惹かれ、親しくなった。1964年にナタリーと結婚、息子アントワーヌ(後にアントニー・ドロンの名でデビュー)が生まれる。この年には3人でアメリカ合衆国ビバリーヒルズに滞在。いくつかの映画に出演したり、アカデミー賞のプレゼンターにも立った。ナタリー・ドロンは後に映画『個人教授』に出演した。

1966年フランスへ帰国。映画『サムライ』に出演したことにより、女優を続けたいと願うナタリーと対立し、やがて離婚。その後、ミレーユ・ダルクと長い愛人関係にあった。1987年にオランダ人モデル、ロザリー・ファン・ブレーメンフランス語版と出会う。彼女とは籍は入れず、アヌーシュカ英語版アラン・ファビアンフランス語版の2子をもうけるが、2002年に別れた。

引退編集

 
娘アヌーシュカと(2010年)

2017年5月9日、今後出演する1本ずつの映画と舞台を最後に、引退するとの意向を示した[7]

2019年5月19日(日本時間20日)、第72回カンヌ国際映画祭で、映画界への長年の功績をたたえて「名誉パルムドール」が贈られた。

日本でのドロン人気編集

1963年(昭和38年)、4月1日から4月10日まで東京・丸の内東京商工会議所ホールで開催された第3回フランス映画祭(後援は在日フランス大使館ほか)のため初来日。日本のファン達の大歓迎をうけた。他にドロンと共に映画祭に参加したのは、映画監督のフランソワ・トリュフォーセルジュ・ブールギニョン、女優のマリー・ラフォレアレクサンドラ・スチュワルトフランソワーズ・ブリヨンフランス語版らであった。

1963年4月と1964年(昭和39年)6月、フジテレビ『スター千一夜』に出演。同6月13日にはNHK『夢であいましょう』に出演。映像は現存しないが、司会を務めていたデザイナーの女性と番組セット内で撮ったカラー写真が現存する。

1975年の『ル・ジタン』では、3気筒のバイクに乗り、警官隊に囲まれた自宅から門を開けるとともにウィリー走行(前輪を上げた状態での走行)で脱出する姿を見せ、観客を感心させた[8]

CMキャラクターにも起用され、代表的な作品にはレナウンの「ダーバン」やマツダ・カペラがあり、後者はドロンの名を冠した特別仕様車も発売された。

2010年には生誕75周年を記念して、「アラン・ドロン生誕75周年記念映画祭」が東京や京都で開催された[9]

日本では美男俳優の代名詞と言えるほど人気の高い二枚目スターであるが、娯楽大作中心ではなく、社会派やアート志向の作品もある出演歴でわかるように、フランスや欧米諸国では単なる二枚目とは異なる評価を受けている。

エピソード編集

1987年、モロッコでの15年間の投獄の末、脱走したマリカ・ウフキルは逃走中に自分たちの事実を伝えるため政治家やアーティストに20通ばかりの手紙を送ったが、返事があったのはアラン・ドロンただ一人だった。モロッコと関係のあるアラン・ドロンは弁護士を通じて「政治的立場をとるつもりはないが、ウフキルたちに友情を伝えてくれと言い、物資面の援助や裁判費用も払う用意がある」と伝え、ウフキルはこの厚意に心底感動したと語っている。

1993年スイスで行われた女優オードリー・ヘプバーンの葬儀に参列。それまで交流があったことは一切報じられておらず、また、日本では長年人気投票の外国男優・外国女優部門の1位を獲得してきた人気俳優同士だった。彼は「僕は彼女を尊敬していた」と交流を語った。

1998年公開の『ハーフ・ア・チャンス』を最後に映画からの引退を公言した(その理由を「映画でやりたいことは全てやりきったから」と発言)が、復帰してテレビドラマ映画舞台など幅広く俳優活動を継続しており、2007年にはベストセラー小説マディソン郡の橋』の舞台化作品への出演が決まっていた。

1964年東京オリンピックのメインスタジアム(新宿区霞ヶ丘町)の落成式に出席し併せて国立代々木競技場を訪問した。また東京モノレールの開業前に昭和島車両基地を訪れ、そこで試運転車両に乗車した[10]

2007年10月、フジテレビの番組にゲスト出演した。出演した理由を「50年経ったし、そろそろ日本に来てもいいかな、と思って」「(日本には)昼飯を食べるためだけに来た。」とユーモアたっぷりに語り、前日の夜に日本に到着し、撮影日の午後9時に帰途に発つ、という強行スケジュールだった。

また、フィルムデビュー50周年を記念して、2007年11月8日の72歳の誕生日から、2003年 - 2004年にフランスとドイツ共同制作で製作されたドラマ『アラン・ドロンの刑事フランク・リーヴァ』がWOWOWで放送された。

大の格闘技好きであり、ドロン自ら格闘技の興行を主催したこともある。また、同じフランス人のK-1トップファイタージェロム・レ・バンナとは友人であり、映画で共演したこともある。1970年代より、自身の名をブランド名にした香水のプロデュースに注力している。男性用香水SAMOURAI・SHOGUN・47SAMOURAIは日本文化に感化されたネーミング・ボトルと、パッケージのデザイン・調香から日本でも人気を博している。「SAMOURAI」の名称は尊敬する三船敏郎から取ったものである。 1977年に放送された、実相寺昭雄岸田森が演出した水谷豊主演のCMで「アラン・ドロンかなー」というセリフがあった。岸田森とは『友よ静かに死ね』の来日イベントで共演している[11]


出演編集

公開年 邦題
原題
役名 備考
1957年 女が事件にからむ時
Quand la femme s'en mêle
ジョー
黙って抱いて
Sois belle et tais-toi
Loulou
1958年 恋ひとすじに
Christine
フランツ・ロブハイナー
1959年 お嬢さん、お手やわらかに!
Faibles Femmes
ジュリアン・フェナル
学生たちの道
Le Chemin des écoliers
Antoine Michaud
1960年 太陽がいっぱい
Plein soleil
トム・リプレー
若者のすべて
Rocco e i suoi fratelli
ロッコ・パロンディ
1961年 生きる歓び
Che gioia vivere
Ulysse Cecconato
素晴らしき恋人たち
Amours célèbres
アルバート王子
1962年 太陽はひとりぼっち
L'Eclisse
ピエロ
フランス式十戒
Le Diable et les dix commandements
ピエール
1963年 地下室のメロディー
Mélodie en sous-sol
フランシス・ヴェルロット
山猫
Il Gattopardo
タンクレディ
1964年 黒いチューリップ
La Tulipe noire
ジュリアン/ギヨーム・ド・サンプルー伯爵(二役)
危険がいっぱい
Les Félins
マルク
黄色いロールス・ロイス
The Yellow Rolls-Royce
ステファノ
1965年 泥棒を消せ
Once a Thief
エディ
1966年 名誉と栄光のためでなく
Lost Command
ピエール・エスクラビエ
パリは燃えているか
Paris brûle-t-il?
ジャック・シャバン=デルマス
テキサス
Texas Across the River
ドン・アンドレア・バルダザール
1967年 冒険者たち
Les Aventuriers
マヌー・ボレリー
サムライ
Le Samouraï
ジェフ・コステロ
悪魔のようなあなた
Diaboliquement vôtre
Pierre Lagrange/Georges Campo
1968年 世にも怪奇な物語
Histoires Extraordinaires
ウィリアム・ウィルソン
あの胸にもういちど
La Motocyclette
ダニエル・コロニー
さらば友よ
Adieu l'ami
ディノ・バラン
太陽が知っている
La Piscine
ジャン=ポール
1969年 ジェフ
Jeff
Laurent 兼製作
シシリアン
Le Clan des Siciliens
ロジェ・サルテ
1970年 ボルサリーノ
Borsalino
ロッコ・シフレディ 兼製作
仁義
Le Cercle rouge
コレー
栗色のマッドレー
Madly
ジュリアン
1971年 もういちど愛して
Doucement les Basses
シモン・メデュー
レッド・サン
Soleil Rouge
ゴーシュ
帰らざる夜明け
La Veuve Couderc
ジャン
1972年 暗殺者のメロディ
The Assassination of Trotsky
フランク・ジャクソン
高校教師
La Prima notte di quiete
ダニエレ・ドミニチ
リスボン特急
Un flic
エドゥアール・コールマン
ショック療法
Traitement de choc
Docteur Devilers
1973年 スコルピオ
Scorpio
ジャン・ローリエ 通称スコルピオ
燃えつきた納屋
Les Granges brulées
Pierre Larcher
ビッグ・ガン
Les Grands Fusils
トニー・アルゼンタ
暗黒街のふたり
Deux hommes dans la ville
ジーノ・ストラブリッジ
1974年 個人生活
La Race des 'seigneurs'
ジュリアン・ダンディーユ
愛人関係
Les Seins de glace
マルク・リルソン
ボルサリーノ2
Borsalino & Co.
ロッコ・シフレディ 兼製作
1975年 アラン・ドロンのゾロ
Zorro
ゾロ / ディエゴ
フリック・ストーリー
Flic Story
ロジェ・ボルニッシュ 兼製作
ル・ジタン
Le Gitan
ユーゴ・セナール 通称ジダン 兼製作
1976年 パリの灯は遠く
Monsieur Klein
ロベール・クライン
ブーメランのように
Comme un boomerang
ジャック・バトキン 兼製作
1977年 友よ静かに死ね
Le Gang
ロベール 兼製作
プレステージ
L'Homme pressé
ピエール 兼製作
チェイサー
Mort d'un pourri
Xavier 'Xav' Maréchal
1978年 ナイトヒート
Attention, les enfants regardent
1979年 エアポート'80
The Concorde ... Airport '79
ポール・メトラン機長
未知の戦場/ヨーロッパ198X
Le toubib
Jean-Marie Desprée
1980年 ポーカー・フェイス/アラン・ドロン・ウィズ・ジャック・ドレー
3 hommes à abattre
ミシェル 脚本/出演/製作
1981年 テヘラン 43
Tegeran-43
Georges Roche
危険なささやき
Pour la peau d'un flic
シュカス 監督/脚本/出演/製作
1982年 最後の標的
Le choc
マルタン・テリエ 兼脚本
1983年
Le battant
ジャック 監督/脚本/出演/製作
1984年 スワンの恋
Un amour de Swann
Baron de Charlus
真夜中のミラージュ
Notre histoire
ロベルト セザール賞 主演男優賞 受賞
1985年 復讐のビッグガン
Parole de flic
ダニエル・プラッツ
1986年 デーモン・ワールド
Le passage
ジャン・ディアス
1988年 アラン・ドロン/私刑警察
Ne réveillez pas un flic qui dort
Eugéne Grindel 兼脚本
1990年 ヌーヴェルヴァーグ
Nouvelle Vague
ロジェ・レノックス / リシャール・レノックス
1992年 カサノヴァ最後の恋
Le Retour de Casanova
カサノヴァ 兼製作総指揮
1995年 百一夜
Les Cent et une nuits de Simon Cinéma
アラン・ドロン
1998年 ハーフ・ア・チャンス
Une chance sur deux
ジュリアン
2002年 アラン・ドロンの 刑事物語
Fabio Montale
ファビオ・モンタル テレビ・ミニシリーズ
2003年 - 2004年 アラン・ドロンの刑事フランク・リーヴァ
Frank Riva
フランク・リーヴァ テレビシリーズ
2008年 アステリックスと仲間たち オリンピック大奮闘
ASTERIX AUX JEUX OLYMPIQUES
ユリウス・カエサル

ディスコグラフィ編集

  • 甘い囁き - ダリダとアラン・ドロン(1973年)

受賞歴編集

ゴールデングローブ賞
1964年 有望若手男優賞 『山猫』 - ノミネート
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞
1972年 特別賞 - 受賞
セザール賞
1977年 最優秀男優賞 『パリの灯は遠く』 - ノミネート
1978年 最優秀男優賞 『チェイサー』 - ノミネート
1985年 最優秀男優賞 『真夜中のミラージュ』 - 受賞
ベルリン国際映画祭
1995年 名誉金熊賞 - 受賞

第72回カンヌ国際映画祭で現地2019年5月19日夜、映画への長年の貢献をたたえて名誉パルムドールが贈られた。

関連項目編集

出典・脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Alain Delon Biography (1935-)
  2. ^ 映画特電第108回より 出典無効
  3. ^ http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=13880
  4. ^ “[Interview with Patricia Highsmith Patricia Highsmith interview]”. 2020年4月22日閲覧。
  5. ^ http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=9923
  6. ^ http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=9145
  7. ^ 時事通信 5月10日。
  8. ^ Le Gitan 出典無効
  9. ^ アラン・ドロン生誕75周年記念映画祭
  10. ^ 光文社「女性自身」2014年10月14日号(第57巻第37号)100頁 雑誌20302-10/14
  11. ^ 武井崇『岸田森 夭逝の天才俳優・全記録』 洋泉社、2017年。ISBN 978-4-8003-1222-8。同書の215pと589p。

外部リンク編集