リズム体(リズムたい)は、バンドを始めとするアンサンブルの中で、楽曲の根幹となるリズムビートを担当する演奏者を指す。ロックなどはドラマーベーシストの二人を指す場合が多く、ジャズビッグ・バンドなどはリズム・ギターピアノ(または他の鍵盤楽器)も含む[1]

ベーシスト(左: ケイティ・グッドマン)とドラマー(ジョナサン・ワインバーグ)

本来楽器演奏の多くは必然的にリズムやビートが伴うものであり、メロディに限らずソロ演奏も可能である。しかし指揮者が存在しない楽団において「リズムの体」を成すものは、まずドラムスパーカッション)でありベースであることから、根源的にはこれらがリズム体と称される。ビッグ・バンドにおけるリズム体は、さらにリズム・ギターピアノ(または他の鍵盤楽器)などを含む(パートが4つの場合はフォー・リズム、3つならスリー・リズムと呼ぶ)[1]。リズムとしてはむしろドラムスとベースの補助であり、和音を使用したアンサンブル強化の意味合いが強い。

録音などでの呼称編集

ポップス系の録音であるとか、ビッグバンドのリズム体の構成によって下記の呼称を一般に用いる。この場合にはパーカッションは含めず、ギタリストが複数名いる場合でも1パートを一つの単位で数える。ポップス系の録音では最初にこれらのリズム体を録音してからストリングスホーンシンセサイザー、パーカッションなどを多重録音で重ねていき楽曲を完成させる。リズム体を録音する行為をリズム録りと称する。

  • スリーリズム(3リズム) - ドラム、ベース、ピアノあるいはギター
  • フォーリズム(4リズム) - ドラム、ベース、ピアノ、ギター

漢字表記編集

リズム隊あるいはリズム帯とも表記される。出版社のリットーミュージック[2]はリズム体と表記する[3]

脚注編集

  1. ^ a b 音楽用語ダス(ヤマハミュージックメディア)”. 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ リズム体を構成する楽器の演奏者向けの雑誌であるベース・マガジンとリズム&ドラム・マガジンを発行している。
  3. ^ 亀田誠治×河村“カースケ”智康 Presents 日本最高峰のリズム体が織りなす“阿吽の呼吸””. 2018年1月24日閲覧。