メインメニューを開く

リチャード・テンプル=ニュージェント=ブリッジス=シャンドス=グレンヴィル (第2代バッキンガム=シャンドス公爵)

リチャード・プランタジネット・テンプル=ニュージェント=ブリッジス=シャンドス=グレンヴィル英語: Richard Plantagenet Temple-Nugent-Brydges-Chandos-Grenville, 2nd Duke of Buckingham and Chandos, KG GCH PC FSA1797年2月11日 - 1861年7月29日)は、イギリスの貴族、政治家。トーリー党に所属して、1841年から1842年まで王璽尚書を務めた。生誕から1813年までコバム子爵を、1813年から1822年までテンプル伯爵を、1822年から1839年までシャンドス侯爵儀礼称号として使用した。

His Grace英語版
第2代バッキンガム=シャンドス公爵
KG GCH PC FSA
Richard Temple-Nugent-Brydges-Chandos-Grenville, 2nd Duke of Buckingham and Chandos by John Jackson, 1830.jpeg
ジョン・ジャクソン英語版による肖像画、1830年。
王璽尚書
任期
1841年9月3日 – 1842年2月2日
君主 ヴィクトリア
首相 サー・ロバート・ピール
前任者 クラレンドン伯爵
後任者 バクルー公爵
個人情報
生誕 1797年2月11日
グレートブリテン王国 グレートブリテン王国バッキンガムシャーストー・ハウス英語版
死没 1861年7月29日
イギリス イギリス連合王国ロンドンパディントングレート・ウェスタン・ホテル英語版
国籍 イギリス人
政党 トーリー党
配偶者 メアリー・キャンベル
子供 アンナ・ゴア=ラングトン英語版
第3代バッキンガム=シャンドス公爵リチャード・テンプル=ニュージェント=ブリッジス=シャンドス=グレンヴィル
初代バッキンガム=シャンドス公爵リチャード・テンプル=グレンヴィル
アン・ブリッジス英語版
出身校 オックスフォード大学オリオル・カレッジ
1822年から1839年の間に作られた、リチャード・テンプル=グレンヴィルの紋章。ストー・ハウス英語版のゴシック図書館(Gothic Library)で展示され、家系のクォーターリング英語版が719も含まれている。
リチャード・ジェームズ・レーン英語版による肖像画、1825年から1850年の間の作品。

公爵として高い社会地位を有したが、離婚に議会立法を必要とする時代にそれを果たしたことと、生誕時点でかなり裕福だったにもかかわらず1847年に100万ポンド以上の債務を抱えて破産を宣言したことで知られた。

目次

初期の経歴編集

テンプル伯爵リチャード・ニュージェント=テンプル=グレンヴィル(後にバッキンガム=シャンドス公爵に叙された)とアン・ブリッジス英語版第3代シャンドス公爵の一人娘)の息子として、バッキンガムシャーストー英語版で生まれた。アンはバッキンガム=シャンドス公爵夫人のほか、法令上キンロス女卿でもあった。1799年、リチャード・ニュージェント=テンプル=グレンヴィルはすでに三重姓にもかかわらず、国王の許可を受けて妻の家系を姓に追加して、「テンプル=ニュージェント=ブリッジス=シャンドス=グレンヴィル」とした[1]

父方の祖父は初代バッキンガム侯爵で曽祖父はイギリス首相ジョージ・グレンヴィルだった。1808年にイートン・カレッジに入学、1815年にはオックスフォード大学オリオル・カレッジに入学した[2]

政歴編集

1818年から1839年までバッキンガムシャー選挙区英語版選出の庶民院議員を務めた後、父から公爵位を継承して貴族院に移籍した[2]。1841年9月、サー・ロバート・ピールによって枢密顧問官[3]王璽尚書に任命されたが[3]、1842年2月に辞任した。1835年にロイヤル・ゲルフ勲章英語版グランド・クロスを授与され、1840年にロンドン考古協会フェローに選出され[2]、1842年にガーター勲章を授与された[4]

私生活編集

1819年、第4代ブレッダルベイン伯爵ジョン・キャンベル英語版中将(後の初代ブレッダルベイン侯爵)の娘メアリーと結婚した。2人は息子リチャードと娘アンナ英語版をもうけたが、バッキンガム=シャンドス公爵が財産を使い果たしたため2人は1850年に離婚した。娘アンナは後に女性の権利運動に加わった[5]。当時のイギリスでは離婚に議会立法を必要とした。

1847年、バッキンガム=シャンドス公爵は100万ポンド以上の債務(2018年時点の8976万ポンド)を抱えて破産を宣言した。彼は資金を調達するために1841年にサマセットのキーンシャム(Keynsham)の領地を、1847年にアヴィントン・パーク英語版を売却した後、1848年8月から9月にかけてついに本領であるストー・ハウス英語版を競売にかけ、19世紀におけるイギリスのカントリー・ハウス競売英語版では最大規模のものとなった[6]

1861年7月、パディントングレート・ウェスタン・ホテル英語版にて死去、息子リチャードが公爵位を継承した。元妻メアリーはその1年後にあたる1862年6月に死去した[2]

脚注編集

  1. ^ Mosley, Charles, ed (2003). Burke's Peerage, Baronetage & Knighthood英語版 (107 ed.). Burke's Peerage & Gentry. pp. 2186. ISBN 0-9711966-2-1. 
  2. ^ a b c d Boase, George Clement (1890). "Grenville, Richard Temple Plantagenet Nugent Brydges Chandos" . In Stephen, Leslie; Lee, Sidney. Dictionary of National Biography (in English). 23. London: Smith, Elder & Co. pp. 130–131.
  3. ^ a b The London Gazette: no. 20014. p. 2221. 1841年9月3日。
  4. ^ The London Gazette: no. 20090. p. 1017. 1842年4月12日。
  5. ^ Elizabeth Crawford, ‘Langton, Lady Anna Eliza Mary Gore- (1820–1879)’, Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, 2004 accessed 7 Nov 2017
  6. ^ Beckett, J. V. (1994). The Rise and Fall of the Grenvilles: Dukes of Buckingham and Chandos, 1710 to 1921 (in English). Manchester University Press. pp. 228–230. ISBN 9780719037573. Retrieved 10 October 2018.

関連図書編集

外部リンク編集

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
ウィリアム・セルビー・ラウンズ英語版
トマス・グレンヴィル英語版
庶民院議員(バッキンガムシャー選挙区英語版選出)
1818年 - 1839年
同職:ウィリアム・セルビー・ラウンズ英語版 1818年 - 1820年
ロバート・スミス英語版 1820年 - 1831年
ジョン・スミス英語版 1831年 - 1835年
サー・ジョージ・ダッシュウッド準男爵英語版 1832年 - 1835年
サー・ウィリアム・ヤング英語版 1835年 - 1839年
ジョージ・サイモン・ハーコート 1835年 - 1839年
次代:
サー・ウィリアム・ヤング英語版
ジョージ・サイモン・ハーコート
キャルドン・ドゥ・プレ英語版
公職
先代:
クラレンドン伯爵
王璽尚書
1841年 - 1842年
次代:
バクルー公爵
イギリスの爵位
先代:
リチャード・テンプル=グレンヴィル
バッキンガム=シャンドス公爵
1839年 - 1861年
次代:
リチャード・テンプル=グレンヴィル
スコットランドの爵位
先代:
アン・ブリッジス英語版
キンロス卿
1836年 - 1861年
次代:
リチャード・テンプル=グレンヴィル