メインメニューを開く

リチャード・テンプル=グレンヴィル (第3代バッキンガム=シャンドス公)

第3代バッキンガム=シャンドス公爵リチャード・プランタジネット・キャンベル・テンプル=ニュージェント=ブリッジス=シャンドス=グレンヴィル: Richard Plantagenet Campbell Temple-Nugent-Brydges-Chandos-Grenville, 3rd Duke of Buckingham and Chandos, GCSI, PC, DL1823年9月10日 - 1889年3月26日)は、イギリスの政治家、貴族。

第3代バッキンガム=シャンドス公爵
リチャード・テンプル=グレンヴィル
Richard Temple-Grenville, 3rd Duke of Buckingham and Chandos
3rd Duke of Buckingham and Chandos.jpg
生年月日 1823年9月10日
没年月日 1889年3月26日 (満65歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス イングランドロンドンメリルボーン
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 保守党
称号 第3代バッキンガム=シャンドス公爵枢密顧問官(PC)、インドの星勲章ナイト・グランド・コマンダー(GCSI)

内閣 第三次ダービー伯爵内閣
在任期間 1866年7月6日 - 1867年3月8日

内閣 第三次ダービー伯爵内閣第一次ディズレーリ内閣
在任期間 1867年3月8日 - 1868年12月3日[1]

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 バッキンガム選挙区英語版[2]
在任期間 1846年2月11日 - 1857年3月27日[2]

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1861年7月29日 - 1889年3月26日[2]
テンプレートを表示

ヴィクトリア朝保守党政権で閣僚職を務めた。

生誕から父が爵位を継承する1839年までテンプル伯爵(Earl Temple)、1839年から自身が爵位を継承する1861年までシャンドス侯爵(Marquis of Chandos)の儀礼称号を使用した[3]

目次

経歴編集

 
1875年5月29日の『バニティ・フェア』誌に描かれたバッキンガム=シャンドス公の似顔絵

1823年9月10日、後に第2代バッキンガム=シャンドス公爵位を継承するシャンドス侯爵(儀礼称号)リチャード・テンプル=グレンヴィルとその妻メアリー(初代ブレッダルベーン侯爵ジョン・キャンベル英語版の娘)の間の長男として生まれる[4][5]

イートン校を経てオックスフォード大学クライスト・チャーチへ進学[3][4]

1846年から1857年にかけてバッキンガム選挙区英語版から選出されて保守党庶民院議員を務める[4][5]1852年から1853年にかけて皇太子王璽尚書(Privy Seal to the Prince of Wales)を務める[4][6]。また1852年から1861年までロンドン・アンド・ノース・ウェスタン鉄道英語版の社長を務める[4]

1861年7月29日に父からバッキンガム=シャンドス公爵位を継承し[4]貴族院議員に列する[4]

1866年7月から1867年2月まで第三次ダービー伯爵内閣に枢密院議長として入閣[4]1867年3月から植民地大臣に転じる。続く第一次ディズレーリ内閣でも留任し、同内閣が終わる1868年12月まで務めた[1]

1868年7月21日の貴族院でスコットランド貴族爵位キンロス卿は彼が継承していたことが確認された[3][7]

第二次ディズレーリ内閣期の1875年から1880年にかけてイギリス領インド帝国マドラス知事英語版に就任。在任中にマドラスは大飢饉英語版に襲われたため、その対策に追われた[3]

1889年3月26日、ロンドン・メリルボーンシャンドス・ハウス英語版で死去した[4]

男子がなかったため、バッキンガム=シャンドス公爵はじめ保有爵位の多くは廃絶したが、特別継承規定がある爵位をいくつか残した。キンロス卿は長女メアリー英語版コバム子爵は親族の第5代リトルトン男爵英語版チャールズ・リトルトン英語版ストーのテンプル伯爵は甥のウィリアム・ゴア=ラントン英語版がそれぞれ継承した[4][5][8][9][10]

栄典編集

爵位編集

1861年7月29日に父リチャード・テンプル=ニュージェント=ブリッジス=シャンドス=グレンヴィルの死により以下の爵位を継承した[4][5][8][9][10]

1868年7月21日に以下の爵位を父の死とともに継承していたことが確認された[4][5][7]

勲章編集

名誉職その他編集

家族編集

1851年にキャロライン・ハーヴィー(ロバート・ハーヴィーの娘)と結婚し、彼女との間に以下の3子を儲けた[4]

  • 第1子(長女)第11代キンロス女卿メアリー英語版(1852-1944)
  • 第2子(次女)アン(1853-1890)
  • 第3子(三女)キャロライン・ジェマイマ・エリザベス(1858-1946)

1874年にキャロラインと死別し、1885年にアリス・アン・グラハム=モントゴメリー(サー・グラハム・グラハム=モントゴメリー準男爵英語版の娘)と再婚したが、彼女との間に子供はない[4]

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b 秦(2001) p.510
  2. ^ a b c UK Parliament. “Marquess of Chandos” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年6月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e Boase, George Clement (1890). "Grenville, Richard Temple Plantagenet Campbell Nugent Brydges Chandos" . In Stephen, Leslie; Lee, Sidney. Dictionary of National Biography (in English). 23. London: Smith, Elder & Co. p. 131. 2014年6月2日閲覧
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Lundy, Darryl. “Richard Plantagenet Campbell Temple-Nugent-Brydges-Chandos-Grenville, 3rd Duke of Buckingham and Chando” (英語). thepeerage.com. 2014年6月2日閲覧。
  5. ^ a b c d e Heraldic Media Limited. “Buckingham and Chandos, Duke of (UK, 1822 - 1889)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年3月15日閲覧。
  6. ^ The London Gazette: no. 21303. p. 869. 1852年3月23日。
  7. ^ a b Heraldic Media Limited. “Kinloss, Lord (S, 1601/2)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年3月16日閲覧。
  8. ^ a b Heraldic Media Limited. “Temple, Earl (GB, 1749 - 1889)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年3月16日閲覧。
  9. ^ a b Heraldic Media Limited. “Temple of Stowe, Earl (UK, 1822)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年3月16日閲覧。
  10. ^ a b Heraldic Media Limited. “Cobham, Viscount (GB, 1718)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年3月16日閲覧。
  11. ^ The London Gazette: no. 20568. p. 411. 1846年2月6日。
  12. ^ The London Gazette: no. 21297. p. 670. 1846年2月24日。
  13. ^ The London Gazette: no. 20609. p. 1981. 1846年5月29日。

参考文献編集

外部リンク編集

公職
先代:
第2代グランヴィル伯爵
  枢密院議長
1866年 - 1867年
次代:
第7代マールバラ公爵
先代:
第4代カーナーヴォン伯爵
  植民地大臣
1867年 - 1868年
次代:
第2代グランヴィル伯爵
先代:
ホバート卿英語版
  マドラス知事英語版
1875年 - 1880年
次代:
ウィリアム・パトリック・アダム英語版
グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
サー・トマス・フレマントル准男爵英語版
ジョン・ホール英語版
バッキンガム選挙区英語版選出庶民院議員
1846年 - 1857年
同一選挙区同時当選者
ジョン・ホール英語版
次代:
ジョン・ホール英語版
サー・ハリー・ヴァーニー准男爵英語版
名誉職
先代:
第2代キャリントン男爵英語版
  バッキンガムシャー知事英語版
1868年 - 1889年
次代:
初代ロスチャイルド男爵
イギリスの爵位
先代:
リチャード・テンプル=グレンヴィル
第3代バッキンガム=シャンドス公爵
1861年 - 1889年
廃絶
ストーの第3代テンプル伯爵
1861年 - 1889年
次代:
ウィリアム・ゴア・ラントン英語版
グレートブリテンの爵位
先代:
リチャード・テンプル=グレンヴィル
第4代バッキンガム侯爵
1861年 - 1889年
廃絶
第6代テンプル伯爵
1861年 - 1889年
第7代コバム子爵
1861年 - 1889年
次代:
チャールズ・リトルトン英語版
アイルランドの爵位
先代:
リチャード・テンプル=グレンヴィル
第5代ニュージェント伯爵英語版
1861年 - 1889年
廃絶
スコットランドの爵位
先代:
リチャード・テンプル=グレンヴィル
(デ・ジュリ)
第10代キンロス卿
(1868年に確認)

1861年 - 1889年
次代:
メアリー・モーガン=グレンヴィル英語版