メインメニューを開く

リップ・イット・アップ」(Rip It Up)は、リトル・リチャード1956年に発表した楽曲。今日まで多くのアーティストにカバーされている。

リップ・イット・アップ
リトル・リチャードシングル
初出アルバム『Here's Little Richard
B面 レディ・テディ
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ロックンロール
時間
レーベル スペシャルティ・レコード
作詞・作曲 ロバート・ブラックウェル
ジョン・マラスカルコ
プロデュース ロバート・ブラックウェル
チャート最高順位
リトル・リチャード シングル 年表
のっぽのサリー
(1956年)
リップ・イット・アップ
(1956年)
She's Got It
(1956年)
テンプレートを表示

概要編集

作詞作曲はロバート・ブラックウェルとジョン・マラスカルコ1956年6月、シングルA面曲として発売された。B面は「レディ・テディReady Teddy)」。

演奏メンバーは以下のとおり。リトル・リチャード(ピアノ、ボーカル)、フランク・フィールズ(ベース)、エドガー・ブランチャード(ギター)、アール・パーマー(ドラムズ)、リー・アレン(テナー・サックス)、アルヴィン・タイラー(バリトン・サックス)。

ビルボード・Hot 100では17位を記録、ビルボード・R&Bチャートでは1位を記録した[2]

主なカバー・バージョン編集

脚注編集