ロング・トール・サリー

ビートルズ > ビートルズの作品 > ロング・トール・サリー
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > ロング・トール・サリー

ロング・トール・サリー」あるいは、「のっぽのサリー[2]」(英語: Long Tall Sally)は、リトル・リチャードの楽曲で、1956年3月にスペシャルティ・レコードからシングル盤としてB面に「Slippin' and Slidin'」を収録して発売された。

のっぽのサリー
リトル・リチャードシングル
初出アルバム『Here's Little Richard』
B面 Slippin' and Slidin'
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ロックンロール
時間
レーベル スペシャルティ・レコード
作詞・作曲 リチャード・ペニーマン、ロバート・ブラックウェル、エノトリス・ジョンスン
プロデュース ロバート・ブラックウェル
チャート最高順位
リトル・リチャード シングル 年表
トゥッティフルッティ
(1955年)
のっぽのサリー
(1956年)
リップ・イット・アップ
(1956年)
ミュージックビデオ
「Long Tall Sally」 - YouTube
テンプレートを表示

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では55位にランクされている[3]

「ロング・トール・サリー」はロックンロールスタンダード・ナンバーとなり、ビートルズエルヴィス・プレスリーをはじめとした多くのアーティストによってカバーされた[4]

解説編集

1965年2月10日にニューオリンズのJ&M スタジオで録音にて録音された楽曲で、当初のタイトルは「The Thing」だった。キーはヘ長調に設定されており、歌詞は自己中心的な楽しみを歌ったもの[4]

本作は19週に亘ってリズム・アンド・ブルースのチャート入りし、6週間に亘って1位の座を獲得した。1956年のキャッシュボックス・トリプル・クラウン・アウォードを獲得している。

当時、白人のラジオ局はリチャードのヒット曲「トゥッティ・フルッティ」を放送せず、パット・ブーンのカバー・バージョンがチャート1位を記録していた。ブラックウェルとリチャードは曲のテンポと歌詞を彼が真似できないように作曲したが、ブーンは同曲をカバーしチャート8位を記録している。

俳優岸部一徳のあだ名「サリー」は、本作に引っ掛けたもの[5]

演奏編集

カバー・バージョン編集

ビートルズによるカバー編集

ロング・トール・サリー
ビートルズシングル
初出アルバム『ロング・トール・サリー
リリース
録音 アビー・ロード・スタジオ
1964年3月1日
ジャンル ロック
時間
レーベル パーロフォン
作詞・作曲 リトル・リチャードロバート・ブラックウェルエノトリス・ジョンスン
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート最高順位
  • 3位(日本、ミュージック・マンスリー洋楽チャート、1965年当時[6]
テンプレートを表示

ビートルズはかねてよりリトル・リチャードのファンで、活動期にはリトル・リチャードの楽曲を多く演奏していた。その中でも本作は、ビートルズのライブの定番曲とひとつとされており、1966年8月の最後のコンサートまで演奏されていた。リード・ボーカルはリチャードのボーカル・スタイルを忠実に再現できるということから、ポール・マッカートニーが務めた[7][注釈 1]

1964年3月1日にEMIスタジオで行われた『ハード・デイズ・ナイト』のレコーディング・セッション中に一発録音されたが、最終的に同作には未収録となった[7]。アップテンポの12barブルースとしてアレンジされ、トップ・シンバルとピアノが8/8、ギターベーススネアドラムシャッフル・ビートという複雑なリズム構成になっている。

ビートルズによるカバー・バージョンは、イギリスでは1964年6月19日に発売されたオリジナルEPロング・トール・サリー』のA面1曲目に、アメリカではキャピトル編集盤『ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』のB面1曲目に収録されてリリースされた。

「ロング・トール・サリー」のリアル・ステレオ・ヴァージョンはビートルズの活動中にはリリースされなかった。ただしアメリカでは1964年4月にリリースされたアルバム『ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』ステレオ盤に収録された。英国では1976年6月リリースの『ロックン・ロール・ミュージック』が最初となる(ただしアメリカで発売されていたものとは別ミックス)。CDでは1988年3月にリリースされたアルバム『パスト・マスターズ Vol.1』に収録された。

演奏編集

収録アルバム編集

その他のアーティストによるカバー編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ なお、マッカートニーは14歳の頃に出場したコンクールでも、本作を演奏していた[8]

出典編集

  1. ^ 45cat - Little Richard And His Band - Long Tall Sally / Slippin' And Slidin' (Peepin' And Hidin') - Specialty - USA - SP-572-45
  2. ^ “リトル・リチャードさん死去 ロック創始者、「のっぽのサリー」”. 時事ドットコム (時事通信社). (2020年5月10日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020051000011&g=int 2020年5月13日閲覧。 
  3. ^ 500 Greatest Songs of All Time: Little Richard. 'Long Tall Sally'”. Rolling Stone. Penske Business Media, LLC (2011年4月7日). 2020年5月13日閲覧。
  4. ^ a b Gillett, Charlie (1996). The Sound of the City: The Rise of Rock and Roll ((2nd Ed.) ed.). New York, N.Y.: Da Capo Press. p. 26. ISBN 0-306-80683-5 
  5. ^ 磯前順一『ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた』集英社集英社新書〉、2013年。ISBN 978-4-087-20714-9
  6. ^ 『日経BPムック 大人のロック!特別編集 ザ・ビートルズ 世界制覇50年』日経BP、2015年、33頁。ISBN 978-4-8222-7834-2
  7. ^ a b c MacDonald, Ian (2008). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (3rd revised ed.). London: Vintage. p. 112. ISBN 9780099526797 
  8. ^ “中日春秋:中日春秋(朝刊コラム)”. 中日新聞 (中日新聞社). (2020年5月12日). https://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2020051202000111.html 2020年5月13日閲覧。 
  9. ^ a b c Birnbaum, Larry (2013). Before Elvis: The Prehistory of Rock 'n' Roll. Rowman & Littlefield. p. 335. ISBN 9780810886384. https://books.google.com/books?id=yJes-jdk5kEC&pg=PA335 
  10. ^ 松永良平 (2020年1月15日). 高木ブーをハワイアン、ザ・ドリフターズ、雷様に導いたウクレレ|愛する楽器 第19回. インタビュアー:松永良平. 株式会社ナターシャ. 音楽ナタリー.. https://natalie.mu/music/column/362704 2020年5月13日閲覧。 

外部リンク編集