リライアブルマン

リライアブルマンReliable Man2008年3月27日 - )はイギリスで生産され、フランスオーストラリアで調教された競走馬。おもな勝ち鞍は2011年ジョッケクルブ賞2013年クイーンエリザベスステークス

リライアブルマン
欧字表記 Reliable Man
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 2008年3月27日
Dalakhani
On Fair Stage
母の父 Sadler's Wells
生国 イギリスの旗 イギリス
生産者 N.P. Bloodstock Ltd.
馬主 Pride Racing Club
→Fair Salinia Ltd, R A & J E Ferguson Partnership Et Al
調教師 Alain de Royer-Dupréフランス
→Chris Waller(オーストラリア
競走成績
生涯成績 14戦5勝
テンプレートを表示

戦績編集

2011年(3歳)編集

3歳になった2011年4月12日とデビュー戦は遅くなったが、これに勝利。続く条件戦にも勝利すると3戦目にはジョッケクルブ賞に出走する。最後の直線で人気薄のバブルシックをかわして優勝、祖父ダルシャーン、父ダラカニに続くジョッケクルブ賞父子3代制覇を達成した。続くパリ大賞典ではミアンドルの3着に敗れた。ニエル賞では好位追走から抜け出し、ミアンドルに2馬身差をつけ勝利。凱旋門賞ではブービーの15着に終わった。

2012年(4歳)編集

緒戦となったガネー賞ではシリュスデゼーグルの3着に敗れた。続くイスパーン賞ではブービーの6着[1]プリンスオブウェールズステークスキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスは4着に終わった。9月にG3のメゾンラフィットカップで2着に入ったあと、カナダへ遠征。カナディアンインターナショナルステークスへ出走したが8着に敗れた。

2013年(5歳)編集

オーストラリアのクリス・ウォラー厩舎へ移籍。移籍緒戦のジョージライダーステークスは6着。続くクイーンエリザベスステークスで優勝し、ジョッケクルブ賞以来のG1競走2勝目を挙げた。だがレース終了後に膝の故障が判明し、引退した。引退後はニュージーランドのウェストベリースタッドで種牡馬として繋養されている[2]

競走成績編集

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2011.04.12 サンクルー 未勝利 芝2000m 1着 G.モッセ 3馬身 (Dormello)
2011.05.09 シャンティイ 条件戦 芝2000m 1着 G.モッセ 3/4馬身 (Veter)
2011.06.05 シャンティイ ジョッケクルブ賞 G1 芝2100m 1着 G.モッセ 3/4馬身 (Bubble Chic)
2011.07.14 ロンシャン パリ大賞典 G1 芝2400m 3着 G.モッセ 4 1/2馬身 Meandre
2011.09.11 ロンシャン ニエル賞 G2 芝2400m 1着 G.モッセ 2馬身 (Meandre)
2011.10.02 ロンシャン 凱旋門賞 G1 芝2400m 15着 G.モッセ 24馬身 Danedream
2012.04.29 ロンシャン ガネー賞 G1 芝2100m 3着 G.モッセ 10馬身 Cirrus des Aigles
2012.05.27 ロンシャン イスパーン賞 G1 芝1850m 6着 G.モッセ 4 1/4馬身 Golden Lilac
2012.06.20 アスコット プリンスオブウェールズS G1 芝10f 4着 G.モッセ 3馬身 So You Think
2012.07.21 アスコット KGVI&QES G1 芝12f 4着 O.ペリエ 1 3/4馬身 Danedream
2012.09.21 メゾンラフィット メゾンラフィットC G3 芝2000m 2着 O.ペリエ 1 1/2馬身 Maxios
2012.10.14 ウッドバイン カナディアン国際S G1 芝12f 8着 O.ペリエ 5馬身 Joshua Tree
2013.04.06 ローズヒルガーデンズ ジョージライダーS G1 芝1600m 6着 C.ブラウン 1 3/4馬身 Pierro
2013.04.27 ロイヤルランドウィック クイーンエリザベスS G1 芝2400m 1着 H.ボウマン 2 1/2馬身 (It's a Dundeel)

種牡馬成績編集

主な産駒

血統表編集

リライアブルマン (Reliable Man)血統ミルリーフ系 / アウトブリード (血統表の出典)

Dalakhani
2000 芦毛
父の父
Darshaan
1981 黒鹿毛
Shirley Heights Mill Reef
Hardiemma
Delsy Abdos
Kelty
父の母
Daltawa
1989 芦毛
Miswaki Mr. Prospector
Hopespringseternal
Damana *クリスタルパレス
Denia

On Fair Stage
1993 鹿毛
Sadler's Wells
1981 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
母の母
Fair Salinia
1975 黒鹿毛
Petingo Petition
Alcazar
Fair Arabella *シャトーゲイ
Locust Time F-No.16-c


参考資料編集

脚注編集

  1. ^ 8頭立てで行われたが、レース後のドーピング検査で2着のシリュスデゼーグルに陽性反応が出て失格となったため。
  2. ^ Reliable Man - Overview”. Westbury Stud. 2013年9月10日閲覧。

外部リンク編集