リル・ピープことグスタフ・イライジャ・アール(Lil Peep, 本名:Gustav Elijah Åhr、1996年11月1日 - 2017年11月15日)は、アメリカ合衆国歌手ラッパーソングライター音楽プロデューサーエモ・ラップの担い手として知られていた[1][2][3]

リル・ピープ
Lil Peep in 2016 by Miller Rodríguez (portrait crop).jpg
2016年8月
基本情報
出生名 Gustav Elija Åhr
別名 Lil Bo Peep
生誕 (1996-11-01) 1996年11月1日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州
死没 (2017-11-15) 2017年11月15日(21歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アリゾナ州 ツーソン
ジャンル ヒップホップ
エモ・ラップ
クラウドラップ英語版
トラップ
職業 ラッパー
歌手
ソングライター
プロデューサー
活動期間 2014年-2017年
レーベル First Access Entertainment英語版
Warner Music Sweden英語版
共同作業者 Gothboiclique
Lil Tracy
Schemaposse
Dves
Wicca Phase Springs Eternal
公式サイト

2017年11月15日にフェンタニルオーバードースにより事故死した[4][5]

生い立ち編集

グスタフ・イラジャ・アールは1996年11月1日、ペンシルベニア州で生まれ、ニューヨーク州ロングアイランドで育った[6]。彼の両親は共にハーバード大学の卒業生で彼がティーンエイジャーの時に離婚した[6]。アールの母、リザ・ウーマック[7]は小学校の教師で彼の父は大学教授である。彼はスウェーデン系ドイツ系アイルランド系の家系である[8]

アールは、ニューヨーク州ナッソー郡リドビーチ英語版にあるロング・ビーチ・ハイスクール英語版に通っていた。彼は良い成績で、成績上位者リストに名前があったにも関わらずほとんど学校に通わず[9][7]、高校を中退後にオンライン学習によって卒業資格を得た[10]。それから間もなくして彼はYouTubeSoundCloudに曲を投稿し始めた。

アールは17歳の時にロサンゼルスに移りLil Peepの名で本格的にキャリアを始めた[11]

キャリア編集

2015年、アールは最初のミックステープ「Lli Peep Part One」をリリース、最初の1週間で4000回再生された。その後、彼は最初のEP「Feelz」と別のミックステープ「Life Forever」をリリースした[12][13]

2016年、アールは2つのフルレンジミックステープ「Crybaby」と「Hellboy」をリリースした[14]

2017年5月、ロックバンドのミネラルからアールの「Hollywood Dreamin」がミネラルの曲である「LoveLetterTypewriter」の無許可、無クレジットのサンプリングであり著作権侵害であると非難された。これに対してアールは単にサンプルによって「show some love」を試みているだけだと語った[15]

2017年6月2日、自身のインスタグラムアカウントでデビューアルバム『Come Over When You're Sober英語版』を発表。2017年8月11日にリリース予定だったが[16][17]、少し遅れて2017年8月15日にリリースされた[18]

アールはアルバムツアー「Come Over When You're Sober」ツアーを発表。2017年8月2日に始まり、2017年11月17日に終わる予定だっだが、彼の死により2日早く終了した[19]

死後のリリース編集

アールは多作だった為、彼の生前に完成、完了していたいくつかの曲、プロジェクトが死後になってリリースされた。まず彼の死後24時間以内にビデオフォトグラファーのWiggyが「Sixteen Lines」のオフィシャルビデオをリリース[20]。2018年1月12日、マシュメロがコラボレーションした「Spotlight英語版」を公式リリース[21]。2018年1月15日、ジューシー・Jがリル・ピープとウィズ・カリファをフィーチャーした「Got Em Like」を公式リリース[22]。2018年1月27日、Teddyはコラボレーションした「Dreams&Nightmares」を公式リリース。

音楽スタイル編集

リル・ピープはクラウドラッパー英語版サウンドクラウドラッパー英語版エモラッパー英語版及びLo-Fiラップであると説明されている[23][24][25][26]ニューヨーク・タイムズの音楽評論家であるジョン・カラマニカはアールをLo-Fiラップに於けるカート・コバーンだと定義した。また彼の曲を悲観的で魔性のメロディであると説明した[27]オールミュージックは彼の音楽をヒップホップロックのブレンドであり、トラップパンクそしてドリーム・ポップから影響を受けていると説明している[28]

アールのリリックのテーマにはうつ病薬物使用、人間関係そして希死念慮に関したことが含まれている。彼はオンラインマガジンピッチフォークのSteven J. Horowitzから「エモの未来」と評された[29]。彼はファーストアルバムのリリース前にカート・コバーンデヴィッド・ボウイフランク・オーシャンリフ・ラフ英語版のインスピレーションについて言及した。また、「ラップ界のカート・コバーン」として知られることを求めた[6]。彼は他に音楽的影響を受けたアーティストにグッチ・メインレッド・ホット・チリ・ペッパーズクリスタル・キャッスルズSeshollowaterboyz英語版、Rozz Dyliams、マイ・ケミカル・ロマンスパニック・アット・ザ・ディスコを挙げた[30]。彼がサンプリングしたアーティストはピアス・ザ・ヴェイルブランド・ニュー英語版レディオヘッドアンダーオーススリー・デイズ・グレイスアヴェンジド・セヴンフォールドスレイヤーザ・ポスタル・サーヴィスオアシスザ・マイクロフォンズ英語版[31][32]

パーソナル編集

2016年、アールはスキッド・ロウからエコー・パーク英語版のアパートに移り大半の録音、製作をそこで行った[33]

アールはトロンボーンチューバを演奏し[34]、若い頃から音楽やファッションなどの表現に関心を示した。彼は常にコカインエクスタシーザナックスなどについてリリックやSNSなどで言及している[35][36]。彼は自分自身を「productive junkie」と表現し、オーディエンスに薬物使用を避けるようアドバイスしている[37]。2017年8月、バイセクシャルであるとカミングアウトした[38][39]

その死編集

2017年11月15日、彼のマネージャーがアリゾナ州ツーソンの会場で夜に行われるパフォーマンスに備えてチェックをしている時にツアーバスの中で死んでいるアールが発見された[40]。殺人の疑いはなかった[41]。彼の死はオーバードースによるものだろうとされた[42]。12月8日、ピマ郡検死官は検死の詳細を発表した。それによると死因は痛み止めであるフェンタニルアルプラゾラムのオーバードースによる事故死である[4]血液検査では大麻コカイン、鎮痛剤、トラマドールの陽性反応が出た。尿検査では複数の強力なオピオイドであるヒドロコドンヒドロモルフォンオキシコドンオキシモルフォンの反応を見せた。アルコールは検出されなかった[5]

死に至るまでの一連のインスタグラム投稿でアールはシロシビンマジックマッシュルームそして大麻を摂取したと主張した。もう1つは名前の分からない錠剤を口に落として飲み込み処方された瓶を振っていた。そのビデオの前には、ザナックスの錠剤を6つ摂取したと主張した。その後の投稿のキャプションには「When I die, you'll love me」とあった[43]

彼の死の翌日の警察発表では、アールはコンサートの前、午後5時45分頃昼寝をしていた。彼のマネージャーは二度アールの状況を確認したがその時は寝ていて息もしていたが目は覚まさなかった。しかし三度目の確認をした時にはアールは反応せず息もしていなかった。マネージャーは医者の到着前に心肺蘇生を行ったが、その時には既にアールは死んでいた[44]

トリビュート編集

ディプロポスト・マローンピート・ウェンツMarshmelloゼイン・ロウ英語版ASAP Nast英語版リッチ・チガプレイボーイ・カルティ英語版リル・ウージー・ヴァートベラ・ソーンサム・スミスリル・パンプ英語版マーク・ロンソン、Lil Tracyといったアーティスト達が彼の死を追悼した[45][46]

2017年11月22日ニューヨーク・タイムズの音楽評論家ジョン・カラマニカはピープに関するポッドキャストを配信して死を追悼した[47]

グッド・シャーロットはリル・ピープの死を追悼して「Awful Things」のカバーを彼の育った故郷、ロングビーチで披露した[48]

スリー・デイズ・グレイスはリル・ピープの死を追悼してインスタグラムとツイッターアカウントにピープの曲である「Witchblades featuring Lil Tracy」のリミックスビデオを投稿した。リミックス曲のビートはスリー・デイズ・グレイスの「The Real You」のインストルメンタルをスローダウンさせたものだった。

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

タイトル アルバム詳細 チャート最高位
US
[49]
US
Alt.
[50]
US
R&B/HH
[51]
US
Rap
[52]
2017 Come Over When You're Sober, Pt. 1
  • 発売日: 2017年8月15日
  • レーベル: First Access Entertainment
    Warner Music Sweden
  • フォーマット: Digital download
38 3 16 13

ミックステープ編集

  • Lil Peep Part One (2015)
  • Live Forever (2015)
  • Crybaby (2016)
  • Hellboy (2016)

EP編集

  • Feelz (2015)
  • Vertigo (2016)
  • California Girls (with Nedarb Nagrom) (2016)
  • Teen Romance (2016)
  • Castles (with Lil Tracy) (2016)
  • Castles II (with Lil Tracy) (2017)

シングル編集

タイトル チャート最高位 アルバム
US
[53]
CAN

[54]

UK

[55]

"Benz Truck (гелик)" 2017 Come Over When You're Sober, Pt. 1
"The Brightside"
"Awful Things"
(featuring Lil Tracy)
79 58
"Benz Truck (Pt. 2)"
"Save That Shit" 97
"Spotlight英語版"
(with Marshmello)
2018 73 74 Non-album single

脚注編集

  1. ^ “Lil Peep Is Leading The Post-emo Revival” (英語). Hungertv.com. (2017年2月7日). http://www.hungertv.com/feature/lil-peep-is-leading-the-post-emo-revival/ 2018年1月16日閲覧。 
  2. ^ Emma Garland (2017年4月10日). “Maybe Lil Peep Really Is The Future of Emo” (英語). Noisey. https://noisey.vice.com/en_us/article/jp3ypd/lil-peep-future-emo-omeara-live-london-show 2018年2月6日閲覧。 
  3. ^ “Tears of a Dirtbag: Rapper Lil Peep Is the Future of Emo” (英語). Pitchfork.com. https://pitchfork.com/features/rising/10001-tears-of-a-dirtbag-rapper-lil-peep-is-the-future-of-emo/ 2018年1月16日閲覧。 
  4. ^ a b Sommerfeldt, Chris (2017年12月8日). “Lil Peep died from powerful drug overdose” (英語). New York Daily News. 2018年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月6日閲覧。
  5. ^ a b “Lil Peep Died of Toxic Fentanyl-Xanax Overdose: Report” (英語). People.com. http://people.com/music/lil-peep-died-of-toxic-fentanyl-xanax-overdose-report/ 2018年1月16日閲覧。 
  6. ^ a b c “Who was Lil Peep? Inside the life of the late 21-year-old rapper” (英語). NME. (2017年11月16日). http://www.nme.com/blogs/nme-blogs/who-is-lil-peep-rapper-21-2159912 2017年11月16日閲覧。 
  7. ^ a b Lil Peep (December 2, 2017), The Fascinating and Colorful Life of Iconic Gus Ahr (Lil Peep), https://www.youtube.com/watch?v=AKvgriIRkxY 2017年12月2日閲覧。 
  8. ^ “You Might Not Have Known Lil Peep, but He Represented a New Generation of Rap” (英語). Esquire. (2017年11月16日). http://www.esquire.com/entertainment/music/a13785683/lil-peep-dead-tribute/ 2017年11月20日閲覧。 
  9. ^ Verrico, Lisa (2017年8月6日). “Interview: Lil Peep” (英語). The Times of London. ISSN 0140-0460. https://www.thetimes.co.uk/article/interview-lil-peep-qzpqf068c 2017年11月16日閲覧。 
  10. ^ Meet Lil Peep, All-American Reject” (英語). Fader. 2017年2月10日閲覧。
  11. ^ “Lil Peep Has Died at Age 21” (英語). Noisey. (2017年11月16日). https://noisey.vice.com/en_us/article/3kvewn/lil-peep-has-died-aged-21 2017年11月16日閲覧。 
  12. ^ Lil Peep @ The Foundry 10/30 | mxdwn.com” (英語). 2017年8月10日閲覧。
  13. ^ Lil Peep Tour Dates & Tickets” (英語). Stereoboard.com. 2017年8月10日閲覧。
  14. ^ Meet Lil Peep, The All-American Reject You’ll Hate To Love” (英語). The FADER. 2017年8月10日閲覧。
  15. ^ “Emo Veterans Mineral Accuse Lil Peep Of Ripping Them Off” (英語). Stereogum. (2017年5月5日). http://www.stereogum.com/1939667/emo-veterans-mineral-accuse-lil-peep-of-ripping-them-off/wheres-the-beef/ 2017年7月29日閲覧。 
  16. ^ Lil Peep Announces Album Title, Shares "no respect freestyle"” (英語). The FADER. 2017年8月10日閲覧。
  17. ^ Instagram post by @lilpeep Jun 2, 2017 at 10:23am UTC” (英語). Instagram. 2017年8月10日閲覧。
  18. ^ Come Over When You're Sober, Pt. 1 by Lil Peep on Apple Music” (英語). itunes.apple.com. 2017年11月16日閲覧。
  19. ^ Emo-rapper Lil Peep announces ‘Come Over When You’re Sober’ tour News Alternative Press” (英語). Alternative Press. 2017年8月10日閲覧。
  20. ^ Watch the Video for 'Sixteen Lines' by Lil Peep” (英語). elevatormag.com. 2018年1月11日閲覧。
  21. ^ Marshmello Reveals Lil Peep Collaboration Title and Artwork” (英語). billboard.com. 2018年1月11日閲覧。
  22. ^ Listen to Juicy J’s New Song "Got Em Like" With Lil Peep, Wiz Khalifa” (英語). pitchfork.com. 2018年1月15日閲覧。
  23. ^ “Listen: LIL TRACY LIFE OF A POPSTAR” (英語). Tiny Mix Tapes. https://www.tinymixtapes.com/chocolate-grinder/listen-lil-tracy-life-popstar 2017年8月10日閲覧。 
  24. ^ Yeung, Neil. “Lil Peep bio” (英語). AllMusic. 2017年11月17日閲覧。
  25. ^ Connick, Tom. “Emo rapper Lil Peep dies of suspected drug overdose, aged 21” (英語). NME. 2017年11月17日閲覧。
  26. ^ “How Losing SoundCloud Would Change Music” (英語). The Ringer. https://www.theringer.com/2017/7/7/16078018/soundcloud-layoffs-streaming-music-experience-338c23400a26 2017年8月10日閲覧。 
  27. ^ Caramanica, Jon (2017年6月22日). “The Rowdy World of Rap’s New Underground” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2017/06/22/arts/music/soundcloud-rap-lil-pump-smokepurrp-xxxtentacion.html 2017年8月10日閲覧。 
  28. ^ Yeung, Neil. “Lil Peep Bio” (英語). AllMusic. 2018年2月4日閲覧。
  29. ^ Horowitz, Steven J. (2017年1月9日). “Tears of a Dirtbag: Rapper Lil Peep Is the Future of Emo” (英語). Pitchfork.com. 2017年1月23日閲覧。
  30. ^ Internet Hippy, a Selfie with LiL PEEP 1. How did you end up...” (英語). Internet Hippy. 2017年10月8日閲覧。
  31. ^ Schnipper, Matthew (2016年10月14日). “"White Wine" by Lil Peep Review” (英語). Pitchfork.com. 2017年1月23日閲覧。
  32. ^ 13 Artists You Need To Know About In 2017” (英語). Thefader.com (2017年1月5日). 2017年1月23日閲覧。
  33. ^ Andy Hermann (2017年11月16日). “Emo Rapper Lil Peep Dead at 21” (英語). laweekly.com. 2018年2月6日閲覧。
  34. ^ The Break Presents: Lil Peep XXL” (英語). XXL Mag. 2017年8月10日閲覧。
  35. ^ Is Lil Peep's Music Brilliant or Stupid as Shit?” (英語). Noisey.vice.com (2016年12月23日). 2017年10月8日閲覧。
  36. ^ SINNER, GOTH ANGEL. “I am a depressed drug addict and I'm nearing my breaking point. Everything I love is disappearing” (英語). Twitter. 2017年10月8日閲覧。
  37. ^ [1]
  38. ^ Tracer, Dan (2017年8月9日). “Rapper Lil Peep comes out as bi on Twitter” (英語). Queerty.com. 2017年10月8日閲覧。
  39. ^ Lil Peep Reveals He’s Bisexual XXL” (英語). XXL Mag. 2017年8月10日閲覧。
  40. ^ Brown, August (2017年11月16日). “Lil Peep, hero to the emo and hip-hop scenes, dies of suspected overdose at 21” (英語). Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/music/la-et-ms-lil-peep-obituary-20171116-story.html 2017年11月16日閲覧。 
  41. ^ Respers France, Lisa (2017年11月15日). “Rapper Lil Peep dies at 21” (英語). CNN. http://www.cnn.com/2017/11/16/entertainment/lil-peep-dead/index.html 2017年11月16日閲覧。 
  42. ^ Strauss, Matthew (2017年11月16日). “Lil Peep Died of Suspected Overdose, Medical Examiner Says” (英語). Pitchfork. 2017年11月16日閲覧。
  43. ^ Beaumont-Thomas, Ben (2017年11月16日). “The death of Lil Peep: how the US prescription drug epidemic is changing hip-hop” (英語). The Guardian. https://www.theguardian.com/music/2017/nov/16/death-lil-peep-us-prescription-drugs-epidemic-hip-hop-rapper 2017年11月16日閲覧。 
  44. ^ Sargent, Jordan (2017年11月20日). “TMZ: Police Report Says Lil Peep Did Not Wake Up From Pre-Show Nap” (英語). Spin. https://www.spin.com/2017/11/lil-peep-police-report/ 2017年11月21日閲覧。 
  45. ^ Brandle, Lars (2017年11月16日). “Lil Peep's Death: Diplo, Post Malone, Pete Wentz & More React” (英語). Billboard. http://www.billboard.com/articles/news/8038495/lil-peep-death-reax 2017年11月16日閲覧。 
  46. ^ Gordon, Arielle (2017年11月16日). “Diplo, Pete Wentz, Post Malone and Other Musicians React to Lil Peep’s Death” (英語). Spin. https://www.spin.com/2017/11/musicians-react-lil-peep-death/ 2017年11月16日閲覧。 
  47. ^ Brandle, Lars (2017年11月22日). “Remembering Lil Peep” (英語). The New York Times. https://www.nytimes.com/2017/11/22/arts/music/popcast-lil-peep-masked-gorilla-adam22.html 2017年11月22日閲覧。 
  48. ^ Brandle, Lars (2017年12月4日). “GOOD CHARLOTTE HONOR LIL PEEP WITH 'AWFUL THINGS' PERFORMANCE AT RAPPER'S MEMORIAL” (英語). Fuse. https://www.fuse.tv/2017/12/good-charlotte-lil-peep-memorial-awful-things-performance 2017年12月4日閲覧。 
  49. ^ Lil Peep Chart History” (英語). Billboard. 2017年12月1日閲覧。
  50. ^ Lil Peep Chart History” (英語). Billboard. 2017年12月1日閲覧。
  51. ^ Lil Peep Chart History” (英語). Billboard. 2017年12月1日閲覧。
  52. ^ Lil Peep Chart History” (英語). Billboard. 2017年12月1日閲覧。
  53. ^ Lil Peep Awful Things Chart History”. Billboard. 2017年12月1日閲覧。
  54. ^ “Lil Peep Chart History”. Billboard. https://www.billboard.com/music/lil-peep/chart-history/canadian-hot-100 2018年1月28日閲覧。 
  55. ^ LIL PEEP | full Official Chart History | Official Charts Company” (英語). www.officialcharts.com. 2018年1月28日閲覧。