ルドルフ・ヒルファディング

ルドルフ・ヒルファーディングから転送)

ルドルフ・ヒルファディングRudolf Hilferding1877年8月10日 - 1941年2月10日)は、オーストリア出身の政治家、マルクス経済学者。ドイツ社会民主党の理論的指導者。ウィーン大学医学部を出た医師であり、医業も生涯行っていた。

ルドルフ・ヒルファディング
Rudolf Hilferding
Bundesarchiv Bild 102-06069, Rudolf Hilferding mit Gattin.jpg
夫人と共に(1928年)
生年月日 1877年8月10日
出生地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国レオポルトシュタット
没年月日 (1941-02-10) 1941年2月10日(63歳没)
死没地 フランスの旗 フランス国パリ
出身校 ウィーン大学
所属政党 ドイツ社会民主党

オーストリアの旗 オーストリア財務大臣
内閣 イグナーツ・ザイペル内閣
在任期間 1923年8月13日 - 1923年10月

オーストリアの旗 オーストリア財務大臣
内閣 イグナーツ・ザイペル内閣
在任期間 1928年7月29日 - 1929年12月21日
テンプレートを表示

目次

経歴編集

 
Finanzkapital, 1923
  • 1877年 オーストリア・ハンガリー帝国レオポルトシュタットユダヤ人豪商のエミール・ヒルファディングの息子として生まれた。
  • ウィーン大学で医学を学ぶかたわら、社会主義学生同盟のメンバーとなり、社会科学に関心をいだくようになった。
  • 1902年 ドイツ社会民主党の理論的指導者カウツキーに同党理論誌『ノイエ・ツァイト』への論文掲載を要求し、以来、同誌へ『保護関税の機能変化』(1903年)、『貨幣と商品』(1911年)など多数の論文を発表した。
  • 1915年 軍医として従軍する。
  • 第一次世界大戦後、ワイマール共和国が成立すると、ドイツ独立社民党、ドイツ合同社民党の指導者となる。
  • 1922年 ドイツ社民党が結成されると指導的理論家として迎えられる。
  • 1923年 財務大臣としてレンテンマルクの導入を決定[1]するも更迭され、その後は拡張的な金融政策や財政政策などを訴えた[2]
  • 1924年 国会議員。
  • 1928年~1929年 財務大臣を務めるも自らの国債の増発案、部下のヨハネス・ポーピッツの外債の発行案が租税の増税に拘るヒャルマル・シャハトの反発を受けて辞任する[3]
  • 1933年3月 アドルフ・ヒトラー内閣が成立すると、ナチス党から逃れるためフランスパリへと亡命した。
  • 1940年6月 フランス軍がドイツ軍に敗れてドイツ占領下となり、マルセイユヴィシー政府の警察によって逮捕。ドイツの国家秘密警察(ゲシュタポ)に引き渡された。
  • 1941年2月 フランスの刑務所で死体となって発見された。

主な業績編集

  • 1904年には『ベーム・バヴェルクのマルクス批判』を発表し、ベーム・バヴェルクによるマルクス批判の反批判を行った。
  • 1910年『金融資本論』を著し、銀行資本と産業資本の結合である金融資本が近代資本主義の新しい資本形態として誕生したことを主張した。さらにマルクス経済学の新たな側面を切り開くことに成功したとされる。また、貨幣数量説に依拠するなど独特の見方を持っていた。因みに経営財務論の面では馬場克三などの金融資本論の研究は特筆されるべきだろう。
  • 第一次大戦後、ワイマール共和国が成立すると、ドイツ独立社民党をへて、ドイツ合同社民党を結成し、さらにドイツ社民党へ合流、党理論誌『ゲゼルシャフト』の主筆として活躍し、社会主義への過渡期としての意味を持つ「組織資本主義」を主張し、ドイツ経済の合理化運動を理論づけた[4]

著書編集

参考文献編集

  • 飯田裕康・鈴木芳徳・野田弘英・高山満共著『ヒルファディング金融資本論入門』、有斐閣新書、有斐閣、1977年。
  • A・シュタイン著『ヒルファディング伝――ナチズムとボルシェヴィズムに抗して』、倉田稔訳、成文社、1988年。
  • 上条勇著『ルドルフ・ヒルファディング――帝国主義論から現代資本主義へ』、お茶の水書房、2011年。
  • 倉田稔著『ルードルフ・ヒルファディング研究』、成文社、2011年。


関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 河野裕康『ドイツの賠償および通貨問題とヒルファディング』
  2. ^ 河野裕康『ドイツ1920年代半ばのヒルファディングの景気政策と調査及び経済体制論』
  3. ^ 林健太郎『ワイマル共和国 ヒトラーを出現させたもの』中公新書 148-150p
  4. ^ 上条勇『ヒルファディングの「組織された資本主義」論』

外部リンク編集