倉田稔

倉田 稔(くらた みのる、1941年(昭和16年) - )は、日本経済学者。専門は経済思想史経済学博士慶應義塾大学)。小樽商科大学名誉教授。元札幌学院大学教授

目次

来歴編集

東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒。1969年(昭和44年)同大学院理論経済学専攻修了。小樽商科大学商学部講師1976年(昭和51年)ウィーン大学に留学。その後、日本社会事業大学社会福祉学部助教授、小樽商科大学商学部教授。2004年(平成16年)小樽商科大学停年退官。札幌学院大学経済学部教授。小樽商科大学客員教授(兼任、2004年~2009年)。2011年札幌学院大学経済学部特任教授。2012年札幌学院大学退職。

主著編集

単著編集

  • 『金融資本論の成立 : ヒルファディングと帝国主義論史』青木書店, 1975年
  • 『日本人とヨーロッパ人』杉山書店, 1986年
  • 『ハプスブルク歴史物語』日本放送出版協会,1994年
  • 『ウィーンの森の物語』日本放送出版協会,1997年
  • 大塚金之助論』成文社, 1998年
  • 『グローバル資本主義の物語』 日本放送出版協会,2000年
  • 『ハプスブルク・オーストリア・ウィーン』成文社,2001年
  • 小林多喜二伝』論創社, 2003年
  • 『ハプスブルク文化紀行』日本放送出版協会,2006年

訳書編集

  • A・J・P・テイラー『目で見る戦史 第一次世界大戦』 新評論、1980年
  • A・J・P・テイラー『ハプスブルク帝国 1809-1918――オーストリア帝国とオーストリア=ハンガリーの歴史』 筑摩書房, 1987年
  • エクハルト・マホフスキー『革命家皇帝 ヨーゼフ二世』 藤原書店, 2011年

参考文献編集

外部リンク編集