メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はグリエル第二姓(母方の)はデルガドです。

ルルデス・グリエル・デルガド(Lourdes Gourriel Delgado, 1957年3月9日 - )はキューバの野球選手及び野球指導者[1][2]。現役を退いてからは、ニカラグアの野球チームや、自身がかつて所属していたガジョス・デ・サンクティ・スピリトゥスの監督を歴任。

ルルデス・グリエル
Lourdes Gourriel
基本情報
国籍  キューバ
生年月日 (1957-03-09) 1957年3月9日(62歳)
選手情報
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • ガジョス・デ・サンクティ・スピリトゥス
国際大会
代表チーム キューバの旗 キューバ
五輪 1992年

ニックネームは「デ・パルマの英雄」。

経歴編集

1976年から1996年まで20年間選手として活躍[3]。現在でもガジョス・デ・サンクティ・スピリトゥスの記録として破られていない。選手としての成績は、2026安打0.323打率、247本塁打。

アマチュア選手として日本の社会人野球でも活躍。1996年阿部企業硬式野球部兵庫県神戸市)に入団。1998年いすゞ自動車硬式野球部神奈川県藤沢市)へ移籍。同年の都市対抗野球では「4番・指名打者」として1本塁打を放つなどの活躍でチームを5年振り4度目のベスト8へ導いている[4]

ワールドポート・トーナメント後に現役を引退し、ガジョス・デ・サンクティ・スピリトゥスの監督に就任。2007年までの7シーズン監督を務める。監督成績は381勝295敗。リーガ・ニカラグエンセ・デ・ベイスボル・プロフェシオナルブール・インディオズの監督も2シーズン務めた。

国際野球大会での活躍編集

野球キューバ代表として1980年第26回世界野球選手権1989年第12回IBAFインターコンチネンタルカップでの金メダル獲得に大きく貢献し、バルセロナオリンピック1992年)ではオマール・リナレスアントニオ・パチェコオレステス・キンデランビクトル・メサホセ・デルガドなどらと共にスタメンとして金メダルを獲得するなど、10年以上にわたってキューバ代表チームでプレーする。

家族編集

妻はオルガ・リディア。弟も元ガジョス・デ・サンクティ・スピリトゥス所属の野球選手ルイス・エンリケ・グリエル。バルセロナ大会でのチームメイトのホセ・デルガドは叔父にあたる。24歳の時に生まれた長男はユニエスキ・グリエル、27歳の時に生まれた次男はユリエスキ・グリエル。更に下に息子ユニエルキス・グリエルがおり、全員が野球選手になっている[5]

脚注編集

関連項目編集