メインメニューを開く

ルーデンドルフ橋:Ludendorffbrücke)はドイツラインラント=プファルツ州にあった、ライン川に架けられた鉄道橋レマーゲンとエルペルを結んでいたこの橋は、第二次世界大戦末期にライン川で唯一破壊されずに残っていたことから、西部戦線での戦略上重要な地点となり、ドイツ軍アメリカ軍の間で争奪戦が行われたことで知られる。

ルーデンドルフ橋
1945年3月に破壊される前のルーデンドルフ橋
1945年3月に破壊される前のルーデンドルフ橋
基本情報
ドイツ
所在地 ラインラント=プファルツ州
交差物件 ライン川
設計者 カール・ウィーナー
施工者 ビルフィンガー・ベルガー
着工 1916年
竣工 1919年
閉鎖 1945年3月17日
座標 北緯50度34分45秒 東経7度14分39秒 / 北緯50.5792度 東経7.2442度 / 50.5792; 7.2442座標: 北緯50度34分45秒 東経7度14分39秒 / 北緯50.5792度 東経7.2442度 / 50.5792; 7.2442
構造諸元
形式 通り抜けアーチ橋
材料
全長 325
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
Ludendorff-Brückeの位置(ドイツ内)
Ludendorff-Brücke
Ludendorff-Brücke
橋を横断する連合軍
1945年3月の橋
連合軍によって修復されている様子
1950年のルーデンドルフ橋

レマーゲンの橋(レマーゲン鉄橋、レマゲン鉄橋とも。Brücke von Remagen、The bridge at Remagen)」の名で呼ばれる事が多い。

目次

建設編集

ルーデンドルフ橋は1916年第一次世界大戦中の西部戦線への軍需品輸送のために建設された。設計したのはカール・ヴィナー(Karl Wiener)であった。長さ325 mで2本の線路歩道が設置されていた。架橋提案者の一人であったエーリヒ・ルーデンドルフ将軍に因んでルーデンドルフ橋と命名された。第一次世界大戦後、占領軍として進駐したアメリカ第3軍が管理する4橋のうちの一つであった。

争奪戦編集

アメリカ軍による占拠編集

バルジの戦いが終わった後の1945年2月までに、連合軍はフランスの大部分を解放し、ライン川西岸地帯を制圧していた。次の戦闘として、天然の要害であるライン川の渡河に焦点が移っていた。下流ではモントゴメリー元帥麾下のイギリス陸軍第12軍が、上流ではパットン将軍のアメリカ陸軍第3軍がライン川渡河を競った。

1945年3月7日、アメリカ第1軍第3軍団第9機甲師団英語版の兵士がランバージャック作戦Operation Lumberjack)中にライン川に架かる2本の無傷の橋を発見した。一つはレマーゲンのルーデンドルフ橋、もう一つはヴェーゼル英語版の鉄道橋だった。ドイツ軍は橋を爆破しようとしたものの、ルーデンドルフ橋は爆薬の量が不十分[1][2]であったために橋は落ちず、アメリカ軍が同日4時5分に橋を確保した。

最初に橋を渡りライン川を超えたアメリカ兵はアレクサンダー・ドラビク英語版軍曹で、また将校としてはカール・ティンマーマン少尉が最初の1人であった。

橋が残ったことは連合国で「レマーゲンの奇跡」と呼ばれ、アイゼンハワーは「橋の重さ分の金と同じ価値がある」と言った。橋はドイツ軍の爆破のために酷く損傷していたが、24時間の間に約8,000人のアメリカ兵がライン川を渡った。

ヒトラーは爆破に失敗した5人の将校を軍法会議にかけ、4人は即座に処刑された(1人は既にアメリカ軍の捕虜になっていたので欠席裁判だった)。

独軍の反撃と崩落編集

ドイツ軍はあらゆる手段を講じて橋の破壊を試みた。オットー・スコルツェニー親衛隊中佐は配下の特殊部隊「フロッグマン」をライン川に潜らせ爆破を試み、空軍は連合軍の制空権下にジェット爆撃機Ar 234Bを投入し、更にV2ロケットを11発も打ち込んだが落橋させることが出来なかった。

1945年3月17日午後3時過ぎ、ドイツ軍の攻撃に耐えていた鉄橋は200人の工兵による補強作業中に崩落し、死者28名、負傷者93名を出した。しかしながら、既にその頃にはアメリカ軍は対岸に橋頭堡を確保していたうえ、平行して浮橋を完成させており、橋の崩落が軍事作戦に与えた影響は最小限であった。

現状編集

 
残存するルーデンドルフ橋の橋桁(2005年)

崩落後の橋は再建されることはなく、現在は両岸の橋桁が残るのみである。1980年にレマーゲン側に残る橋桁の内部が改装され、平和博物館として公開された。

登場作品編集

映画編集

ゲーム編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ この橋には爆薬設置用の部屋が設計段階から設けられていたが、当橋の管理をアメリカ軍から引き継いだフランス軍が爆薬室をコンクリートの充填により封印してしまった為、効果的な発破は難しかったとされる。
  2. ^ 落橋には500 kgの軍用爆薬が必要とされていたが、駐留していたドイツ軍部隊が持っていたものは工業用爆薬およそ200 kgでしかなかった。

文献編集

  • Ken Hechler 著、 The Bridge at Remagen ; The amazing Story of March 7,1945 - The Day the Rhine River was crossed, 1993, Pictorial Histories Publishing Company, Inc. ISBN 0-929521-79-X

関連項目編集