メインメニューを開く

レッスンC』(ドイツ語:Leidenschaftliche Blümchen, 英語:Passion Flower Hotel)は、1978年西ドイツフランスアメリカの合作映画である。

ナスターシャ・キンスキー主演の青春ラブ・コメディ。製作はゴダール映画のプロデューサーのアルツール・ブラウナー、撮影は「エマニエル夫人」のリシャール・スズキ、音楽はフランシス・レイと欧州の映画人が集結した。ナスターシャがブレイクする寸前の初々しいさとみずみずしさで、ヒロインの女子学生を演じた。1950年代後期が舞台であり、恋とセックスを描いた青春映画だが、「ポーキーズ」や「グローイング・アップ」と違い、あくまでヨーロッパ的に上品に纏めている。

日本での劇場公開は1982年5月である。

ドイツ語版と英語吹き替え版が存在する。

あらすじ編集

1950年代後期、アメリカから転校してきたデビ(ナスターシャ・キンスキー)はスイスにある全寮制の名門寄宿学校に入る。規律の厳しい学校生活を送る彼女たちは、恋にセックスに興味津々。隣の名門全寮制の男子校生と合流したくても、男女交際は厳禁だった。でもデビは隣の男子校生のフィッブスと恋に落ちるが……。

スタッフ編集

キャスト編集

関連項目編集

外部リンク編集