レナ・ダナム

アメリカの女優・作家・脚本家・プロデューサー・監督

レナ・ダナムLena Dunham1986年5月13日 - )は、アメリカの女優、作家、脚本家、プロデューサー、監督である。「Tiny Furniture」(2010)の脚本・監督、HBOの連続ドラマ「GIRLS/ガールズ」の製作・監督・脚本・主演として知られる[1]。代表作「GIRLS/ガールズ」でエミー賞で8部門にノミネートされ、ゴールデングローブ賞で2部門受賞している[2]

レナ・ダナム
Lena Dunham
Lena Dunham TFF 2012 Shankbone 3.JPG
生誕 (1986-05-13) 1986年5月13日(35歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
出身校オーバリン大学
職業女優作家脚本家監督プロデューサー
活動期間2006年 - 現在

来歴編集

ニューヨーク市生まれ。父親は画家のカロル・ダナム、母親は写真家のローリー・シモンズ。両親とも主に1980年代に活躍したアーチスト。ブルックリンに暮らし、コネチカット州に別荘を持つ裕福な家庭。父親はプロテスタントだが、母親がユダヤ系のため、ユダヤ文化の強い影響下で育った。芸術系の小中高一貫の有名私立校セント・アンズ・スクール卒業後、ニュースクール大学に1年在学したのち、オーバリン大学へ転学。在学中に性をテーマにしたマンブルコア系の短編映画をユーチューブに投稿したのをきっかけに知られるようになり、2010年に発表した半自伝的コメディドラマ「Tiny Furniture」で注目される。同作品には、実母や6歳下の妹でレズビアン活動家のグレース・ダナムも出演した。この成功により、2012年からHBOのテレビシリーズ「ガールズ」を手がけ、人気を集める。

論争編集

2017年11月、女優オーロラ・ペリノーが、17歳の時に「GIRLS/ガールズ」の脚本家マレー・ミラーにレイプされたと告発[3]すると、ダナムはこの件の「内部事情」に通じており、告発されたような事実はないと主張した[4]。しかしそれまで「女性はレイプ被害話をでっちあげることはしない」と主張していた[5]のに、黒人と白人の混血のペリノーが友人を告発するとあっさりと手の平を返したダナムは「ヒップスター・レイシスト」だと批判が集まった[6]。2018年12月、「内部事情に通じている」という話は嘘だったと認め、ペリノーに謝罪した[7]

フィルモグラフィ編集

テレビドラマ編集

映画編集

ミュージック・ビデオ編集

著書編集

  • 『ありがちな女じゃない』 河出書房新社、山崎まどか訳、2016年10月。

脚注編集

  1. ^ レナ・ダナム  プロフィール”. ELLE Online. 2015年7月17日閲覧。
  2. ^ ダメ女子映画で才能を開花 レナ・ダナム”. 読売新聞. 2015年7月17日閲覧。
  3. ^ 'Girls' Writer Murray Miller Accused of Rape of Aurora Perrineau” (英語). TheWrap (2017年11月17日). 2021年3月15日閲覧。
  4. ^ Nordine, Michael (2017年11月18日). “Lena Dunham Defends ‘Girls’ Writer Accused of Rape, Claiming ‘Insider Knowledge’ of the Situation” (英語). IndieWire. 2021年3月15日閲覧。
  5. ^ agencies, Guardian staff and (2017年11月20日). “Lena Dunham apologises for defending Girls writer accused of sexual assault” (英語). the Guardian. 2021年3月15日閲覧。
  6. ^ Is Lena Dunham's ‘hipster racism’ just old-fashioned prejudice?” (英語). the Guardian (2017年11月25日). 2021年3月15日閲覧。
  7. ^ Lena Dunham admits she lied to discredit actor Aurora Perrineau rape accusation” (英語). The Independent (2018年12月6日). 2021年3月15日閲覧。
  8. ^ 4thシングル「バッド・ブラッド」のミュージック・ビデオ解禁!”. ユニバーサルミュージック. 2015年7月16日閲覧。

外部リンク編集