レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』(Leningrad Cowboys Go America)は、1989年に公開されたフィンランド・スウェーデン共同製作、アキ・カウリスマキ監督のコメディロードムービー

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ
Leningrad Cowboys Go America
監督 アキ・カウリスマキ
脚本 サッケ・ヤルヴェンパー
マト・ヴァルトネン
アキ・カウリスマキ
製作 クラウス・ヘイデマン
出演者 マッティ・ペロンパー
カリ・ヴァーナネン
サッケ・ヤルヴェンパー
ジム・ジャームッシュ
レニングラード・カウボーイズ
音楽 マウリ・スメン
撮影 ティモ・サルミネン
編集 ライヤ・タルヴィオ
配給 KUZUIエンタープライズ
公開 フィンランドの旗 1989年3月24日
スウェーデンの旗 1989年8月4日
日本の旗 1990年7月14日
上映時間 78分
製作国  フィンランド
 スウェーデン
言語 フィンランド語
英語
次作 レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う
テンプレートを表示

概要編集

架空のバンドレニングラード・カウボーイズ」が、故郷シベリアからアメリカに渡りメキシコまでを旅するロードムービー。レニングラード・カウボーイズの奇抜な出で立ちと、ポルカに始まりロックンロールなどアメリカ各地の影響を受けて変化していく彼らの演奏、とぼけた物語展開が魅力のコメディ映画である。

あらすじ編集

極端に長いクイッフととんがりブーツがトレードマークの「レニングラード・カウボーイズ」は、シベリアの片田舎で活動する時代錯誤のアマチュアバンド。商業的な成功を夢見ているが、追っかけてくるファンは村の愚か者イゴール(カリ・ヴァーナネン)だけ。ここでは芽が出ないと悟ったマネージャーのウラジミール(マッティ・ペロンパー)は、屋外練習で凍り付いたメンバーを含む一行を率いてアメリカへ赴く。

ニューヨークにたどり着いた一行だったが、評価はやはり芳しくない。エージェントの「俺のいとこの結婚式で演奏しろ」との提案を真に受けた一行は、ディーラー(ジム・ジャームッシュ)から全財産をはたいて中古車を買い、メキシコ目指して旅立つ。かくして文無しの旅芸人となった彼らは、生活費を稼ぐためにバーやクラブに寄っては演奏し、アメリカ各地の音楽を取り込んでいく。

関連項目編集

本作のバンドメンバーを演じているのは「スリーピー・スリーパーズ(Sleepy Sleepers)」というフィンランドの実在バンドだったが、本作が話題になったことを機に「レニングラード・カウボーイズ」として活動することになった。結果として、本作はモキュメンタリーとしても捉えることができる。

外部リンク編集