レンズメーカーとは、レンズを製造しているメーカー。レンズを専門に生産しているところと、レンズを主力としつつカメラなどその他の光学製品も生産しているところが存在する。

写真・ビデオ撮影用レンズや産業用レンズ、望遠鏡顕微鏡双眼鏡内視鏡など光学機器のレンズを製造するメーカーでは、他社からのOEMを引き受けることもある。

他にメガネレンズのメーカーもあるが、この項では、光学機器(主にカメラ)のレンズを製造するメーカーについて記載。

生産中  編集

日本 編集

カメラ用レンズを主に製造、販売しているメーカー

  • キヤノン - ( RF,EF LENS) トップのシェアを持つ一眼レフカメラ、交換レンズメーカー。すばる望遠鏡や人工衛星用レンズなども生産。
  • ニコン - (NIKKOR) カメラレンズ以外にも顕微鏡、天体望遠鏡、各種測定器、ステッパなどを生産。光学ガラス熔解もおこなう。
  • ソニー - (G Lens, ZEISS Lens)自社ブランドで一眼レフ用交換レンズを生産。
  • 富士フイルム - (Xシステム、Xシリーズ) 2010年にフジノンと統合した。
  • OMデジタルソリューションズ - (ZUIKO DIGITALレンズ) 旧オリンパスの時には、Dズイコーが二眼レフ、スプリングカメラに多数供給されていた。
  • パナソニック - (LUMIX) 現在はマイクロフォーサーズ向けにライカブランドのデジタルカメラ用レンズを主に生産。家電メーカーでは唯一の自社生産。
  • リコーイメージング[1] - (PENTAX)
  • シグマ - (SIGMA) サードパーティ・レンズメーカーとしては現在世界最大。他社ブランドのOEM生産も多い。
  • タムロン - (TAMRON) レンズメーカー。自社ブランドで一眼レフ用交換レンズを生産するほか、ソニーなどへのOEM供給もおこなう。 
  • コシナ - 自社ブランド製品、フォクトレンダーブランド製品、カール・ツァイスライセンス許諾製品を生産している。
  • 木下光学研究所 - (KISTAR) 富岡光学の『TOMINON 55mm F1.2』の光学設計を担当した木下三郎氏が創設した会社。そのため、富岡光学のノウハウが詰まったレンズを発売している。
  • ケンコー・トキナー - (Tokina ,Kenko ,ZEISS ,SAMYANG) 光学メーカーのケンコートキナーが合併して設立。
  • 興和 - (KOWA LENS) 元来は繊維商社だったが、戦後、光学機器・医薬品に参入した。現在はカメラ用レンズも生産しているか、スポッティングスコープ、眼鏡店用光学機器などを主力とし生産している。
  • GIZMON - (Tilt Lens、Utulens) 富士フイルムの写ルンですのレンズを再利用したレンズを発売している。

他の光学製品のレンズを主に生産しといるメーカー

  • コニカミノルタ - 現在では他社のレンズ製造が主流。かつては、カメラメーカー(コニカミノルタ日本ビクター)に一眼レフをはじめとする自社のカメラ用レンズを生産。
  • 清原光学 - 現在では他社のレンズ製造が主流。かつては、キヨハラソフトを販売していた。
  • 小堀製作所 - 現在では他社のレンズ製造が主流。かつては、テフノン(輸出ブランドはコボロン)を生産していた。
  • 京セラ - 現在では他社のレンズ製造(監視カメラ、携帯電話用カメラ、実体顕微鏡)が主流。旧富岡光学の京セラオプテックを吸収合併。かつてヤシカMLレンズ、コンタックス向けカール・ツァイスを生産していた。
  • トプコン - 旧東京光学。現在は医療機器(主として眼科)、眼鏡店用光学機器、半導体製造装置、測量機などを生産。以前はライカマウントや大判用のトプコールレンズを生産していた。
  • 朝日光学機製作所[2] - マイクロスコープ、工業用内視鏡、赤外顕微鏡を生産している
  • サークルアンドスクエア[3] - プラスチックレンズ試作専門メーカー。家電・自動車の照明レンズから各種撮像レンズまでの受託加工を行っている。
  • ハリオグラス - 自動車用ヘッドレンズを生産している、耐熱ガラスメーカー。

ドイツ 編集

フランス 編集

ロシア 編集

韓国 編集

  • SAMYANG(三洋オプティクス) - 一眼レフカメラ、ミラーレスカメラ用のレンズを製造。

中国 編集

  • 中一光学 - MITAKONブランドで大口径レンズを製造。
  • LAOWA - 一眼レフカメラ、ミラーレスカメラ用のレンズを製造。
  • YONGNUO

生産終了 編集

日本 編集

ドイツ 編集

イギリス 編集

フランス 編集

韓国 編集

脚注 編集

  1. ^ リコーイメージング公式ウェブサイト
  2. ^ 朝日光学公式ウェブサイト
  3. ^ サークルアンドスクエア公式ウェブサイト
  4. ^ cameota. “サムスンがカメラ事業大幅縮小。事実上撤退の模様。 | CAMEOTA.com”. CAMEOTA.com 総合カメラ情報サイト. 2020年4月30日閲覧。

関連項目 編集