メインメニューを開く

ロウソクの科学』(ロウソクのかがく、原題: The Chemical History of a Candle )は、1861年出版された書籍イギリス科学者マイケル・ファラデーが、1860年クリスマス・レクチャーとして英国王立研究所で連続講演した6回分の内容を、ウィリアム・クルックスが編集したもの。

The Chemical History of a Candle
The Chemical History of a Candle 初版の題字
The Chemical History of a Candle 初版の題字
著者 マイケル・ファラデー
発行日 1861年
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

内容編集

ロウソクを題材に、燃焼時に起こる様々な物理・化学現象を多面的に解説している。

  1. ロウソク: 炎 - その源 - 構造 - 流動性 - 明るさ
  2. 炎の明るさ: 燃焼のための空気の必要性 - 水の生成
  3. 生成物: 燃焼からの水 - 水の性質 - 化合物 - 水素
  4. ロウソクの中の水素: 燃えて水へ - 水の他の部分 - 酸素
  5. 空気の中の酸素: 大気の性質 - その特徴 - ロウソクからの他の生成物 - 炭酸 - その性質
  6. 炭素または炭 - 石炭ガス - 呼吸と燃えるロウソクの類似点 - 結論

原著では、上記6講演に加えて、「白金についての講演」が加えられている。

日本語訳編集

複数の翻訳が出版されている。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ノーベル賞・大隅さんの愛読書「ロウソクの科学」注目度急上昇 at the Wayback Machine (archived 2017年1月31日)
  2. ^ "ノーベル化学賞 少年期の「なぜ」原点 教諭との出会い 科学の魅力知る". TOKYO WEB. 中日新聞社. 2019-10-10. p. 1. Retrieved 2019-10-10.

外部リンク編集