ロジン: rosin)は、マツ科の植物の樹液である松脂(まつやに)などのバルサム類を集めてテレピン精油蒸留した後に残る残留物。ロジン酸アビエチン酸、パラストリン酸、イソピマール酸等)を主成分とする天然樹脂である。コロホニーあるいは、コロホニウムとも呼ばれる。

名称編集

英語では、コロホニー(colophony)、グリーク・ピッチ(Greek pitch)とも呼ばれる。ロジン関連品は、旧時海軍甲板防水滑り止めによく使われたことから、ネーバル・ストアーズ(naval stores)と総称されることがある。中国語では「松香」(ソンシアン、sōngxiāng)と呼ばれる。日本語では単に松脂(まつやに)と呼ばれることもある。

性状編集

 
医薬用フレーク状ロジン

常温では、黄色から褐色の透明性のあるガラス様の固体である。樹液としての松脂(生松脂)にはテレピン油などの常温で液体の揮発性成分も含まれ、揮発性成分が蒸発してしまうと固まってロジンとなるが、これにはピッチ分なども含むので、近代的な化学設備で蒸留精製したものとは成分が異なる。粉末に加工すると淡黄色から黄色であるが、熱を受けて容易に固結する。

純度、原料の樹種、製法などによって性状が異なるが、一般的に、75 前後で軟化[1]、約100 ℃を超えると液体となる。貿易では、熱い液状で鉄ドラムに詰め、冷え固まった状態で輸出されている。

可燃性で、黒煙を出しながら燃える。

アルコールエーテルベンゼンクロロホルムに可溶。水に不溶。

生産編集

 
フランス海岸松から採取したロジン

主産地は、中華人民共和国広西チワン族自治区広東省福建省雲南省江西省ベトナムインドネシアアメリカ合衆国ニュージーランドブラジルインドなど。中国が世界の約3/5(年産約60万トン)を生産している。

産地によって生松やにの採取に使われる樹種は異なり、アメリカ合衆国ではスラッシュマツが、中国では主にバビショウ(タイワンアカマツ)、ウンナンマツケシアマツとアメリカから移入されたスラッシュマツが用いられる。

種類編集

ロジンは生産工程に応じて3種類に分けられる[2]

ガムロジン(脂松香、Gum rosin)
松の木に傷をつけて採取した生松脂から揮発性油(テレビン油)を蒸留分離して残ったもの[2]。中国では多く生産されているが、日本では昭和30年代に生松脂の採取による生産は途絶えた[3]
ウッドロジン(木松香、Wood rosin
松の古い切り株をチップに加工して溶剤を使って抽出したもの[2]。アメリカ合衆国で1910年に生産が始まり、1950年代の最盛期には30万トンを生産していたが、切り株の枯渇により大幅に減少し生産量は1 %に満たなくなっている[3]
トール油ロジン(浮油松香、Tall Oil rosin)
製紙工場クラフトパルプを作る際の蒸解廃液から出たスキミングを酸分解した粗トール油をさらに減圧蒸留精製したもの[2]。アメリカで1940年代の終わりに生産が始まり、2019年現在もアメリカでは年間約45万トンが生産されている[3]

価格編集

天産品のため、天候や需要などの要因で価格が大きく変動する商品である。2009年末より、原料の生松やにの不足と需要の旺盛さから、ガムロジンの価格は高騰を続けており、2009年に1トン約1000ドル程度であったものが、2010年5月に2000ドルを突破、2010年末には3000ドルを突破し、2011年に入っても高値を更新[4]、4月には3400ドル強の最高値をつけるなど高騰がつづいた。2011年末に急落し、いったん2000ドルを切ったが、2013年9月以降2000ドルを超える高値で推移している[5]

用途編集

日用品編集

ロジンがそのまま利用される例は生産量全体のごく一部で非常に少なく、野球ロジンバッグや体操やバレエシューズの滑り止めヴァイオリンなど弦楽器への使用などにとどまる[3]

野球で用いられるロジンバックは、ロジンだけでは粘着性が高く皮膚を傷つけてしまうため、主材料は炭酸マグネシウムでそれにロジンを添加したものである[6]

また、バイオリン、ビオラチェロなどの弦楽器の弓に使われるロジンは、滑り止めではなく、摩擦を高めて弓毛をザラザラにするために用いられている[7]

工業用編集

製紙工業
製紙サイズ剤としてインキのにじみを防ぐために用いられている[2]
塗料工業
油ワニスラッカーアルキッド樹脂などに用いられている[2]。塗料、顔料の表面コーティング、フラックス(はんだ付け融剤)などの用途の一部には水素を添加して脱色した水素化ロジン(hydrogenated rosin)も使われ、重合用乳化剤には不均化ロジン(disproportionated rosin)が使われるなど、より物性が用途に適するように加工した各種ロジン誘導体も製造されている。グリセリンでエステル化して得られるエステルゴム (Ester Gum) は、ラッカーなどに利用される[8][9][10]
ゴム工業
スチレン・ブタジエンゴムなどの合成ゴム重合乳化剤に用いられている[2]
建材工業
塩ビタイルに粘結材として用いられている[2]
製菓材料
チューインガムベースに用いられている(苦みを抑える必要があるため一般用とは異なる)[2]
接着剤
感圧接着剤ホットメルト接着剤、ラテックス系接着剤、ゴムセメントなどに接着力を高めるために添加されている[2]
医薬用
絆創膏の接着剤に配合されることがある[2]。なお日本薬局方にも収載されている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 中国の国家規格『GB/T8145-2003 ガムロジン』では等級により76 ℃、75 ℃、74 ℃と変わる。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 山田文二郎「工業材料としてのロジン」『材料』第16巻第169号、日本材料学会、1967年、 800-808頁、 doi:10.2472/jsms.16.800ISSN 0514-5163NAID 1100022963352021年8月10日閲覧。
  3. ^ a b c d 川瀬滋「談話室-ロジン誘導体の活用」TIISニュース 2019年277号 2021年8月5日閲覧。
  4. ^ 『化学工業日報』2011年2月25日、東京・化学工業日報社
  5. ^ 「中国ガムロジン高値継ぐ」『化学工業日報』2015年7月2日p8、東京・化学工業日報社
  6. ^ 12.ロジンバッグと松脂(ロジン) ハリマ化成グループ、2021年8月5日閲覧。
  7. ^ 01.バイオリンと松脂(ロジン) ハリマ化成グループ、2021年8月5日閲覧。
  8. ^ 『上手に使いこなす印刷インキ』 1999, p. 19.
  9. ^ 戸津川晋「インキのはなし」、一般社団法人 日本印刷産業連合会、2019年7月14日閲覧。
  10. ^ 青山豊「塗料入門 (6) だれにもれかる塗料の話」『実務表面技術』第20巻第2号、表面技術協会、1973年、 97-100頁、2019年7月14日閲覧。

参考文献編集

  • 片山賢二 『上手に使いこなす印刷インキ 改訂版』日本印刷新聞社、1999年7月。ISBN 978-4-88884-097-2 

関連項目編集