2022年のメジャーリーグベースボール

2022年 > 2022年のスポーツ > 2022年のメジャーリーグベースボール

2022年のメジャーリーグベースボール(2022ねんのメジャーリーグベースボール)では2022年のメジャーリーグベースボール(MLB)の出来事における動向をまとめる。

2021年のメジャーリーグベースボール - 2022年のメジャーリーグベースボール - 2023年のメジャーリーグベースボール

できごと編集

1月編集

2月編集

3月編集

4月編集

5月編集

6月編集

7月編集

8月編集

9月編集

  • 2日
  • 5日
  • 7日
    • ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジが55号本塁打。球団の右打者の記録を更新[111]
  • 9日
    • MLB機構は来季から投球時間制限、守備シフト制限、ベースの拡大化の新ルールを発表[112]
  • 12日
  • 13日
    • ロサンゼルス・ドジャースが2年ぶり20回目のナショナルリーグ西地区優勝[114]
  • 17日
    • シンシナティ・レッズのハンター・グリーンが、1試合で100マイル以上のボールを47球投げ、メジャー新記録を樹立[115]
  • 18日
  • 19日
    • ヒューストン・アストロズが2年連続11回目のアメリカンリーグ西地区優勝[118]
    • ニューヨーク・メッツのマックス・シャーザーが通算200勝、史上113人目[119]
  • 20日
    • ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジがシーズン60本塁打、歴代8位タイ[120]
  • 23日
    • ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平がシーズン30本塁打と200奪三振を同時達成、史上初[121]
    • セントルイス・カージナルスのアルバート・プホルスが通算700本塁打。史上4人目[122]
  • 25日
    • クリーブランド・ガーディアンズが4年ぶり11回目のアメリカンリーグ中地区優勝[123]
  • 27日
    • ニューヨーク・ヤンキースが3年ぶり20回目のアメリカンリーグ東地区優勝[124]
    • セントルイス・カージナルスが3年ぶり15回目のナショナルリーグ中地区優勝[125]
  • 30日

10月編集

  • 2日
    • セントルイス・カージナルスのアルバート・プホルスが通算2214打点、歴代2位浮上[127]
  • 3日
  • 4日
    • ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジがシーズン62本塁打、アメリカンリーグのシーズン本塁打記録更新[129]
    • アトランタ・ブレーブスが5年連続22回目のナショナルリーグ東地区優勝[130]
  • 5日
    • レギュラーシーズン全日程終了。
  • 8日
    • クリーブランド・ガーディアンズがタンパベイ・レイズにワイルドカードシリーズで勝利し、ア・リーグ地区シリーズに進出[131]
    • シアトル・マリナーズがトロント・ブルージェイズにワイルドカードシリーズで勝利し、ア・リーグ地区シリーズに進出。敵地での7点差からの逆転勝利はポストシーズン史上初[132]
    • フィラデルフィア・フィリーズがセントルイス・カージナルスにワイルドカードシリーズで勝利し、ナ・リーグ地区シリーズに進出[133]
  • 9日
    • サンディエゴ・パドレスがニューヨーク・メッツにワイルドカードシリーズで勝利し、ナ・リーグ地区シリーズに進出[134]
  • 15日
    • ヒューストン・アストロズがシアトル・マリナーズに地区シリーズで勝利し、6年連続のリーグ優勝決定シリーズに進出[135]
    • フィラデルフィア・フィリーズがアトランタ・ブレーブスに地区シリーズで勝利し、12年ぶりのリーグ優勝決定シリーズに進出[136]
    • サンディエゴ・パドレスがロサンゼルス・ドジャースに地区シリーズで勝利し、24年ぶりのリーグ優勝決定シリーズに進出[137]
  • 18日
    • ニューヨーク・ヤンキースがクリーブランド・ガーディアンズに地区シリーズで勝利し、3年ぶりのリーグ優勝決定シリーズに進出[138]
  • 23日
    • フィラデルフィア・フィリーズがサンディエゴ・パドレスにリーグチャンピオンシップシリーズで勝利し、13年ぶりのワールドシリーズに進出[139]
  • 23日
    • ヒューストン・アストロズがニューヨーク・ヤンキースにリーグチャンピオンシップシリーズで勝利し、2年連続のワールドシリーズに進出[140]
  • 25日
  • 26日

11月編集

12月編集

試合結果編集

レギュラーシーズン編集

アメリカンリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
東地区
1 ニューヨーク・ヤンキース 99 63 .611
2 トロント・ブルージェイズ 92 70 .568 7.0
3 タンパベイ・レイズ 86 76 .531 13.0
4 ボルチモア・オリオールズ 83 79 .512 16.0
5 ボストン・レッドソックス 78 84 .481 17.0
中地区
1 クリーブランド・ガーディアンズ 92 70 .562
2 シカゴ・ホワイトソックス 81 81 .500 11.0
3 ミネソタ・ツインズ 78 84 .481 14.0
4 デトロイト・タイガース 66 96 .407 26.0
5 カンザスシティ・ロイヤルズ 65 97 .401 27.0
西地区
1 ヒューストン・アストロズ 106 56 .654
2 シアトル・マリナーズ 90 72 .556 16.0
3 ロサンゼルス・エンゼルス 73 89 .451 33.0
4 テキサス・レンジャーズ 68 94 .420 38.0
5 オークランド・アスレチックス 60 102 .370 46.0

ナショナルリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
東地区
1 アトランタ・ブレーブス 101 61 .623
2 ニューヨーク・メッツ 101 61 .623 0.0
3 フィラデルフィア・フィリーズ 87 75 .537 14.0
4 マイアミ・マーリンズ 69 93 .426 32.0
5 ワシントン・ナショナルズ 55 107 .340 46.0
中地区
1 セントルイス・カージナルス 93 69 .574
2 ミルウォーキー・ブルワーズ 86 76 .531 7.0
3 シカゴ・カブス 74 88 .457 19.0
4 シンシナティ・レッズ 62 100 .383 31.0
5 ピッツバーグ・パイレーツ 62 100 .383 31.0
西地区
1 ロサンゼルス・ドジャース 111 51 .685
2 サンディエゴ・パドレス 89 73 .549 22.0
3 サンフランシスコ・ジャイアンツ 81 81 .500 30.0
4 アリゾナ・ダイヤモンドバックス 74 88 .457 37.0
5 コロラド・ロッキーズ 68 94 .420 43.0

ブレーブスとメッツが東地区1位で並んだが、直接対決の成績によりブレーブスが地区優勝を決めた[注釈 1]

オールスターゲーム編集

ワイルドカードシリーズ編集

アメリカンリーグ編集

クリーブランド・ガーディアンズ 対 タンパベイ・レイズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月7日 第1試合 タンパベイ・レイズ 1-2 クリーブランド・ガーディアンズ プログレッシブ・フィールド
10月8日 第2試合 タンパベイ・レイズ 0-1 クリーブランド・ガーディアンズ
勝者:クリーブランド・ガーディアンズ
トロント・ブルージェイズ 対 シアトル・マリナーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月7日 第1試合 シアトル・マリナーズ 4-0 トロント・ブルージェイズ ロジャーズ・センター
10月8日 第2試合 シアトル・マリナーズ 10-9 トロント・ブルージェイズ
勝者:シアトル・マリナーズ

ナショナルリーグ編集

セントルイス・カージナルス 対 フィラデルフィア・フィリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月7日 第1試合 フィラデルフィア・フィリーズ 6-3 セントルイス・カージナルス ブッシュ・スタジアム
10月8日 第2試合 フィラデルフィア・フィリーズ 2-0 セントルイス・カージナルス
勝者:フィラデルフィア・フィリーズ
ニューヨーク・メッツ 対 サンディエゴ・パドレス
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月7日 第1試合 サンディエゴ・パドレス 7-1 ニューヨーク・メッツ シティ・フィールド
10月8日 第2試合 サンディエゴ・パドレス 3-7 ニューヨーク・メッツ
10月9日 第3試合 サンディエゴ・パドレス 6-0 ニューヨーク・メッツ
勝者:サンディエゴ・パドレス

ディビジョンシリーズ編集