ローレル・ホロマン

ローレル・ホロマンLaurel Holloman1971年5月23日 - )は、アメリカ合衆国画家女優ノースカロライナ州チャペル・ヒル出身。

ローレル・ホロマン
Laurel Holloman
生年月日 (1971-05-23) 1971年5月23日(49歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ノースカロライナ州チャペル・ヒル
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 画家女優
活動期間 1994年 - 現在
主な作品
テレビドラマ
エンジェル
Lの世界
映画
2ガールズ
テンプレートを表示

テレビドラマエンジェル』のジャスティン役や、『Lの世界』のティナ役でよく知られている。

来歴編集

女優として編集

ノースカロライナ大学在学中から多くの舞台に出演。1994年ニューヨークに移り、テネシー・ウィリアムズの舞台などに出演。1995年公開の映画『2ガールズ』に主演し、映画女優としてデビュー。1997年の『家族という名の他人』や『ブギーナイツ』などの映画に端役として出演した。

2004年から2009年にかけて、ロサンゼルスに住むレズビアンたちの人生を描いたテレビドラマLの世界』(Showtime)にティナ役でレギュラー出演。6シーズン続く人気ドラマとなり、2005年にはサテライト賞ドラマ部門最優秀女優賞を受賞するなど好評を得た[1]

2010年以降、画家としての活動に専念するため女優業は休止状態となったが、2020年に『Lの世界』の続編にあたるテレビドラマ『Lの世界: ジェネレーションQ英語版』に出演し、一時的に女優復帰した。

画家として編集

女優として活動した後、ロサンゼルスで画家としてのキャリアを開始。抽象表現主義の代表的な画家であるマーク・ロスコの影響を受けており、色彩と大規模な作品および3次元効果の要素を鮮やかに使用した抽象画を主に描いている。イタリアベニスのアテネオベネトで開催された「フリー・フォーリング (Free Falling)」で大規模なコレクションを発表し、好評を得た[2]美術評論家のリー・マッタレッラは、「ラ・レプッブリカ」の中で、ホロマンの作品について「彼女の絵画は我々を別の場所に連れて行ってくれる。結局のところ、それが芸術の全てである」と批評した。

ホロマンの絵画作品「スウェル (Swell)」は、2013年ヴェネツィア・ビエンナーレにて「Nell 'Acqua Capisco」というグループ・ショーの1作品に選ばれた。また、2014年に開かれたアルゼンチン現代アートビエンナーレの規律絵画部門で1位を獲得[3]2015年のフィレンツェ・ビエンナーレでは2作品を出品し、「イントゥ・ザ・ウッズ (Into the Woods)」という作品で賞を獲得した。同年11月、ロンドンのメニアギャラリーで「イノセンツ (Innocents)」と題した個展を開催。初の単独ミュージアム・ショー「エバーグロウ (Everglow)」が、2016年7月から同年8月まで、オランダアムステルフェーンにあるヤンファンデアトクト博物館で開催された[4]

私生活編集

2002年に結婚し、2004年には娘を授かった。妊娠したのは『Lの世界』出演中であり、そのために脚本にも修正が加えられたという。2012年に離婚[5]

バイセクシャルであることを明かしている[6]

出演作品編集

映画編集

公開年 邦題
原題
役名 備考
1995 2ガールズ
The Incredibly True Adventure of Two Girls in Love
ランディ・ディーン
1996 Blossom Time フランシス・ボディーン
1997 ブギーナイツ
Boogie Nights
シェリル・リン
家族という名の他人
The Myth of Fingerprints
リー
プリフォンテーン
Prefontaine
エレイン・フィンレー
Dying to Belong シャノン
The Clearing N/A 短編
The First to Go キャリー
1998 Stamp and Deliver N/A
1999 Loving Jezebel サマンサ
Tumbleweeds ラウリ
Loser Love リリー・ドラクロワ
Tide リリー 短編
Lush アシュレー・”アッシュ”・ヴァンダイク
2000 ノンストップ・ガール
Committed
アデル
2001 Morning シェリー
Popcorn Shrimp 刑事1 短編
Last Ball キャシー
The Rising Place エミリー・ホッジ
Liberty, Maine N/A
2002 Alone シャーロット

テレビドラマ編集

放映年 邦題
原題
役名 備考
2001-2002 エンジェル
Angel
ジャスティン・クーパー 8エピソード
2003 FBI 失踪者を追え!
Without a Trace
ジョーン・ウィルソン 1エピソード
2004-2009 Lの世界
The L Word
ティナ・ケナード 70エピソード
2009 キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き
Castle
サンディ・アレン 1エピソード
2010 Gigantic リアン・コルヴィン 4エピソード
2020 The L Word: Generation Q ティナ・ケナード 『Lの世界』の続編

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ http://www.imbd.com/event/ev0000296/2005-1[リンク切れ]
  2. ^ “Laurel Holloman's new abstract art show lands in Berlin”. DEGITAL JOURNAL. (2013年4月22日). http://m.digitaljournal.com/article/348367 2013年4月22日閲覧。 
  3. ^ "2014 Awards Art Biennial." Bienal Internacional De Arte Contemporaneo De Argentian. N.p., 7 Nov. 2014. Web. 11 Aug. 2015.<http%3A%2F%2Fwww.bienaldearte.com.ar%2Finformacion-general%2Fedicion-2014%2Fpremios-2014%2F>.
  4. ^ Exhibitions |”. www.jvdtogt.nl. 2016年8月17日閲覧。
  5. ^ 'L Word' Star Laurel Holloman -- Boy-Girl Divorce FINAL”. 2013年4月27日閲覧。
  6. ^ Laurel Holloman Online. “bio”. 2008年7月5日閲覧。

外部リンク編集