メインメニューを開く

ローレンス・エドワード・カスダン(Lawrence Edward Kasdan, 1949年1月14日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身の映画監督・脚本家・映画プロデューサー。『スター・ウォーズシリーズ』の脚本家として知られる。

ローレンス・カスダン
Lawrence Kasdan
Lawrence Kasdan
生年月日 (1949-01-14) 1949年1月14日(70歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州マイアミ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 メグ・カスダン(1971年 - )
著名な家族 ジェイク・カスダン(息子)
ジョナサン・カスダン英語版(息子)
マーク・カスダン英語版(兄弟)
主な作品
監督・脚本
白いドレスの女』『再会の時
シルバラード』『偶然の旅行者
わが街』『ワイアット・アープ
脚本(上記以外)
スター・ウォーズ』シリーズ
レイダース/失われたアーク《聖櫃》
ボディガード
テンプレートを表示

経歴編集

フロリダ州マイアミ出身。ミシガン大学で英文学を学び、英語教師となるつもりであったが仕事が見つからず、広告業界でコピーライターとして働くようになる。

次第に脚本を書くようになり、ハリウッドの映画会社に作品を送るようになり、1970年代にはダイアナ・ロススティーブ・マックイーンを主演に考えた『ボディーガード』の脚本[1]ワーナー・ブラザースによって買われた。この作品は1992年になってホイットニー・ヒューストンケビン・コスナー主演で映画化された。

1979年にはジョージ・ルーカスの元で『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』の脚本に参加。その後もルーカス作品である『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』と『 スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の脚本を手がける。

1981年には自身の脚本による『白いドレスの女』で映画監督としてデビューする。以後監督・脚本・製作を兼ねた『再会の時』『シルバラード』『偶然の旅行者』『わが街』などを発表している。しかし1994年の『ワイアット・アープ』が興行的・批評的に失敗して以降は、監督・脚本・製作を兼任した作品で興行的・批評的に成功したものはない。

常連キャストにはケヴィン・クラインウィリアム・ハートがいる。

俳優のケビン・コスナーは『再会の時』に出演したが、ファイナルカットで登場シーンを全てカットされた。だがカスダンと友人になり、彼に未来の作品で役を与えると約束された[2]。コスナーは『シルバラード』に出演し、これがブレイクのきっかけとなった。

カスダンはジェームズ・L・ブルックスの『恋愛小説家』に、ジャック・ニコルソン演じる主人公の精神科医役でカメオ出演している。

家族編集

兄弟のマーク・カスダン英語版は脚本家・プロデューサー。『シルバラード』『ドリームキャッチャー』にも携わる。

息子のジェイク・カスダンジョナサン・カスダン英語版も映画監督となった。二人は『再会の時』『シルバラード』『偶然の旅行者』などにも出演している。ジェイクは『わが街』『ワイアット・アープ』にスタッフとして参加、ジョナサンとは親子で『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の脚本を手掛ける。

フィルモグラフィー編集

受賞・ノミネート編集

脚注編集

  1. ^ Beck, Marilyn, Stacy Jenel Smith. – "Costner Sings to Houston's Debut". – Los Angeles Daily News. – October 7, 1991.
  2. ^ Stated on Inside the Actors Studio, 2001

外部リンク編集