メインメニューを開く

ワリンゴ(和林檎、学名:Malus asiatica Nakai)はバラ科リンゴ属の植物[1]。ジリンゴ(地林檎)とも呼ばれる。

ワリンゴ
Malus asiatica 1.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
: リンゴ属 Malus
: ワリンゴ M. asiatica
学名
Malus asiatica Nakai
和名
ワリンゴ
英名
Chinese pearleaf crabapple

概要編集

小型の落葉樹で、成育した樹高は3m前後。春に5枚の花弁をもつ白色の花が咲き、秋に4-5cmの果実を作る。

中国原産であり[2]、日本にも8世紀ごろに渡来したとされる。中国では花紅や沙果、文林郎果などと表記される。

国内での栽培は明治のリンゴ(セイヨウリンゴ)導入によって急速に廃れたとされ、現在はお盆の供え物などとして一部で栽培されている[3]

編集

  1. ^ PLANTS Profile for Malus ×asiatica”. USDA. 2009年12月27日閲覧。
  2. ^ Malus asiatica in Flora of China”. efloras.org. 2011年1月4日閲覧。
  3. ^ 一押し旬の話題 ワリンゴ(和リンゴ)”. 果樹研究所. 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構. 2014年11月9日閲覧。