メインメニューを開く

ワルシャワの秋 』は、2003年12月23日放送の日本テレビドラマ関西テレビ放送開局45周年記念ドラマである。

あらすじ編集

帝政ロシア下のシベリアで親を亡くしたポーランドの子供たちを、ポーランドの要請を受けて日本が受け入れることになった。

大阪市天王寺区大阪赤十字病院の看護師である青木葉子(竹内結子)はポーランドの子供たちの収容所に勤務することになった。収容所にやってきた子供たちは元気がなく不潔になっていた。

医師の柿沼(吹越満)が子供たちの健康診断を始めると、その中に口を開かないカミル(イグナツィ・ザレフスキ)という少年がいた。葉子はカミルの世話をすることになる。

その中の少年カミルは葉子に愛を寄せて離れないようにしていた。しかし、舎外遠足で海へ行ったときに今まで不表情・無口だったカミルが初めて笑い、自分の声でしゃべり、自分の名前はレフ・カチンスキであると言った。

葉子はこれからレフを引き取ると言い張ったが、総婦長に大反対される。

その後、レフは祖国に帰ってから結婚して、再度日本での指揮者として訪れることとなったが、すでにレフは他界していたが、葉子はレフたちの意思を気にしていた。

スタッフ編集

キャスト編集