メインメニューを開く

経歴・人物編集

東京都立深川高等学校を経て1961年明治大学文学部卒業後、松竹大船撮影所に助監督として入社。1969年に、映画『とめてくれるな、おっ母さん』で脚本・監督を務める。同年木下惠介プロに移籍し、それ以後は脚本家の道を歩む。同期の助監督でのちに作家となった小林久三は、著書で鋭い理論家として仲間に一目置かれていた若き日の田向に触れている[1]

1976年NHK連続テレビ小説雲のじゅうたん』がヒット。テレビ転進後は映画とはほぼ縁を切っているが、連続テレビ小説史上初の青年男性主役で話題になった『ロマンス』では草創期の日本映画界を熱く描いている。

1982年、『リラックス』で芸術祭大賞を受賞。

1987年、『橋の上においでよ』で第6回向田邦子賞受賞。

1988年NHK大河ドラマ武田信玄』を大ヒットさせ、大河史上2位の平均視聴率を上げた。その後も、2本の大河ドラマを執筆している。

2000年紫綬褒章受章。

同世代の脚本家である山田太一との交流が深い。山田は、刺激を受けた脚本家として倉本聰向田邦子、田向の名を挙げている[2]

2010年3月5日、直腸癌のため死去。享年73。

大河ドラマ編集

後の大河ドラマで度々使用される、「作中の登場人物がナレーションを兼任する」という方式を用いたのは、田向が最初に担当した大河ドラマ『武田信玄』が初めてである。これ以降田向は、担当する大河ドラマ3作すべてでこの方式を用いた。特に『武田信玄』の語りを担当した大井夫人(演:若尾文子)が各回の最後を締めくくる台詞「今宵はここまでに致しとうござりまする」は、その年の流行語大賞を獲得した。

また、田向が担当した大河ドラマの台詞回しは、助詞を抜く表現(例:「戦起これば…」など)を用いている。他にも、今後登場する主要人物が第一回ラストで紹介されたり、本格的な登場を果たす回のすぐ前の回に、顔見せとしてラストにわずかに登場することがある。

主な作品編集

映画編集

  • 『ケメ子の唄』(1968年)- 脚本
  • 『とめてくれるな、おっ母さん』(1969年)- 脚本・監督
  • 『小さな家族~おばあちゃんがいて、ぼくがいた~』(1990年)- 脚本

テレビドラマ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『雨の日の動物園』(1984年、キネマ旬報社)
  2. ^ 別冊宝島『シナリオ入門』(2004年、宝島社)