ヴァディス・オジジャ=オフォエ

ヴァディス・オジジャ=オフォエ英語: Vadis Odjidja-Ofoe1989年2月21日 - )は、ベルギーガーナのサッカー選手。元ベルギー代表。ポジションはMF

ヴァディス・オジジャ=オフォエ Football pictogram.svg
Vadis Odjidja-Ofoe (17 juli 2012).JPG
名前
本名 ヴァディス・オジジャ=オフォエ
ラテン文字 Vadis Odjidja-Ofoe
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
ガーナの旗 ガーナ
生年月日 (1989-02-21) 1989年2月21日(33歳)
出身地 ヘント
身長 185cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム ベルギーの旗 KAAヘント
ポジション MF(CMF)
背番号 8
利き足 右足
ユース
1994-1999 ベルギーの旗 ヘント
1999-2007 ベルギーの旗 アンデルレヒト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007 ベルギーの旗 アンデルレヒト 3 (1)
2008-2009 ドイツの旗 ハンブルガー 2 (0)
2008-2009 ドイツの旗 ハンブルガーII 12 (0)
2009-2014 ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ 181 (22)
2014-2016 イングランドの旗 ノリッジ・シティ 15 (0)
2015-2016 イングランドの旗 ロザラム・ユナイテッド(loan) 4 (1)
2016-2017 ポーランドの旗 レギア・ワルシャワ 31 (4)
2017-2018 ギリシャの旗 オリンピアコス 18 (2)
2018- ベルギーの旗 ヘント 79 (9)
代表歴2
2004  ベルギー U-15 3 (0)
2007  ベルギー U-18 3 (0)
2007  ベルギー U-19 9 (3)
2007-2009  ベルギー U-21 10 (0)
2010-2012  ベルギー 6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年6月28日現在。
2. 2020年10月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラブ歴編集

5歳の時に地元のKAAヘントの下部組織でサッカーを始めた。その後RSCアンデルレヒトの下部組織に移籍し、2006-07シーズンにはリザーブチームで優勝した。2007-08シーズンにトップチームに昇格、12月22日の試合で初めてのフル出場と初得点を記録した。

2008年1月初めにブンデスリーガハンブルガーSVに移籍[1]。2009年1月9日に90万ユーロでクラブ・ブルッヘに移籍した[2]

2014年8月にEFLチャンピオンシップノリッジ・シティFCに移籍。9月16日の試合で途中出場しイングランド初出場を記録した[3]。怪我に悩まされ満足にプレーする事は出来なかったが、チームはプレミアリーグに昇格した。2015年9月には1ヶ月の期限でEFLチャンピオンシップのロザラム・ユナイテッドFCに期限付き移籍した[4]

2016年8月にエクストラクラサレギア・ワルシャワに完全移籍[5]。42試合で5得点14アシストを記録し、リーグの最優秀ミッドフィールダーに選出された。

2017年7月9日にオリンピアコスFCに推定250万ユーロで移籍し3年契約を締結した[6][7]。8月16日にUEFAチャンピオンズリーグ 2017-18 予選HNKリエカ戦で移籍後初得点を記録した[8]。11月22日にはUEFAチャンピオンズリーグ 2017-18 グループリーグでもスポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガルから得点を記録した[9]

2018年7月21日にKAAヘントが2年契約での加入を発表[10]。2017-18シーズン終了前にペドロ・マルティンス監督の構想外である事を告げられた彼は、UEFAチャンピオンズリーグで得点を決めたスポルティングCPから興味を持たれていたが、シニシャ・ミハイロヴィッチ監督が解任された事によって破談となった。そのため220万ユーロで故郷のヘントに19年ぶりに戻る事となった[11]

代表歴編集

代表としては一貫してベルギー代表を選択した。

U-23代表では北京オリンピックに参加し、2試合に出場した。

2010年11月に血筋であるガーナのパスポートを取得し、ガーナ代表に転向する考えも持っていると明かした[12]。しかし同月17日にベルギー代表としてロシア代表との親善試合に臨み、90分からエデン・アザールに代わって途中出場した。その後、2011年3月にUEFA EURO 2012予選アゼルバイジャン代表戦にスティーヴン・ドフールと交代で90分から途中出場したため、ガーナ代表として出場する権利を失った。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Hamburg bring in Anderlecht prodigy”. uefa.com (2008年1月4日). 2009年1月9日閲覧。
  2. ^ Bundesliga-Ticker: Die neuesten Infos der 18 Klubs” (German) (2009年1月9日). 2009年1月9日閲覧。
  3. ^ Brentford 0–3 Norwich City”. BBC Sport (2014年9月16日). 2014年11月10日閲覧。
  4. ^ Rotherham 2-1 Cardiff City”. BBC (2015年9月19日). 2020年9月26日閲覧。
  5. ^ Vadis Odjidja-Ofoe signs for Legia Warsaw”. Norwich Canaries (2016年8月5日). 2016年8月5日閲覧。
  6. ^ Σαρωτικός ο Ολυμπιακός, έκλεισε και τον Οφόε!”. www.sport24.gr (2017年7月9日). 2017年7月9日閲覧。
  7. ^ Ολυμπιακός: Οφόε ο... έβδομος”. www.naftemporiki.gr (2017年7月9日). 2017年7月9日閲覧。
  8. ^ Olympiakos vs Rijeka 2–1”. www.uefa.com (2017年8月16日). 2017年8月18日閲覧。
  9. ^ Sporting CP vs Olympiakos 3–1”. www.uefa.com (2017年11月22日). 2017年11月23日閲覧。
  10. ^ “Ανακοίνωσε τον Οτζίτζα Οφόε η Γκενκ” (ギリシア語). http://www.sport24.gr/football/Belgium/anakoinwse-ton-otzitza-ofoe-h-gkenk.5267666.html 2018年7月21日閲覧。 
  11. ^ “Η Γάνδη ανακοίνωσε τον Οφόε (pics)!” (ギリシア語). http://www.gazzetta.gr/football/superleague/article/1252645/i-gandi-anakoinose-ton-ofoe-pics 2018年7月21日閲覧。 
  12. ^ Coerts, Stefan (2010年11月9日). “Club Brugge Star Vadis Odjidja-Ofoe Considering Switching Allegiances to Play for Ghana”. goal.com. 2012年9月1日閲覧。

外部リンク編集