メインメニューを開く

一言寺

一言寺(いちごんじ)は、京都市伏見区醍醐にある真言宗の寺院で、正式な寺号を金剛王院(こんごうおういん)と称し、真言宗醍醐派の別格本山である。本尊は千手観音。本堂軒下に奉納されている額の「ただたのめ 佛にうそは なきものぞ 二言といわぬ 一言寺かな」という御詠歌が知られている。

一言寺
Ichigonji01s2010.jpg
本堂
所在地 京都府京都市伏見区醍醐一言寺裏町21
位置 北緯34度56分37.98秒
東経135度49分2.86秒
山号醍醐寺塔頭
宗派 真言宗醍醐派
寺格 別格本山
本尊 千手観音
創建年 伝・平安時代末期
開基 伝・阿波内侍
正式名 金剛王院
法人番号 8130005002161
テンプレートを表示

目次

歴史編集

一言寺は、もとは藤原通憲(信西)の娘で建礼門院に仕えた阿波内侍の開基により創建されたと伝えられ、この寺の南側からは1973年昭和48年)の発掘調査により、鎌倉時代庭園跡などが発見されている。創建されて以後寺は次第に衰退したが、1874年明治8年)醍醐寺塔頭である金剛王院が移されて復興された。

所在地編集

〒601-1335 京都府京都市伏見区醍醐一言寺裏町21

交通アクセス編集

 
境内

周辺編集

外部リンク編集