メインメニューを開く

一身田町(いしんでんちょう)は三重県河芸郡にあった。現在の津市一身田各町にあたる。本項では町制前の名称である一身田村(いしんでんむら)についても述べる。

いしんでんちょう
一身田町
廃止日 1954年1月15日
廃止理由 編入合併
津市、一身田町津市
現在の自治体 津市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
河芸郡
総人口 6,006
国勢調査1950年
隣接自治体 津市
河芸郡栗真村黒田村大里村
安濃郡安濃村
一身田町役場
所在地 三重県河芸郡一身田町
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

  • 山岳 : 見当山
  • 河川 : 志登茂川、毛無川、横川

歴史編集

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、奄芸郡一身田村・豊野村・平野村・大古曽村・中野村・上津部田村および窪田村の一部の区域をもって一身田村が発足。
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 所属郡が河芸郡に変更。
  • 1911年(明治44年)4月1日 - 一身田村が町制施行して一身田町となる。
  • 1954年昭和29年)1月15日 - 津市に編入。同日一身田町廃止。

津市との合併編集

津市との合併は1940年代頃から議論があり、当時は時期尚早との判断が下されていたが、近い将来合併するものという認識は一身田町民の間で共有されていた[1]。その後、町村合併促進法施行を受け合併機運が高まり、1953年(昭和28年)11月25日に合併協定書が津市長と一身田町長の間で取り交わされ、翌11月26日に一身田町議会が、11月27日に津市議会が合併を決議し、1954年(昭和29年)1月15日に一身田町は津市に編入された[1]

交通編集

鉄道路線編集

村域を日本国有鉄道参宮線(現・紀勢本線)が通過したが、駅は所在しなかった(一身田駅大里村に所在)。また、現在は旧村域に伊勢鉄道伊勢線東一身田駅が所在するが、当時は未開業。

施設編集

出身者編集

脚注編集

  1. ^ a b 岩田(2010):25ページ
  2. ^ 赤松徹眞 (2013年10月25日). “平松令三先生を悼んで”. 本願寺史料研究所報45号. 2016年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月26日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集