メインメニューを開く
三重県安濃郡の範囲

安濃郡(あのうぐん・あののこおり)は、三重県伊勢国)にあった

目次

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、津市の一部(概ね上浜町・島崎町・大谷町の各一部[1]および羽所町、広明町、観音寺町、渋見町、長岡町、河辺町、安濃町各町、芸濃町萩野、芸濃町北神山、芸濃町多門、芸濃町雲林院、芸濃町河内以南かつ藤方、垂水、半田、神戸、野田、片田各町、美里町各町以北)にあたる。

歴史編集

古代は「あの」と読まれた。中世に安東郡安西郡に分割されたが、後に合併し安濃郡となった。

近世以降の沿革編集

知行 村数 村名
藩領 伊勢津藩 1町
68村
乙部村、津興村、岩田村、半田村、神戸村、中河原村、塔世村、下部田村、観音寺村、古河村、刑部村、納所村、神納村、南河路村、野田村、家所村、柳谷村、栗原村、新開村、南長野村、桂畑村、北長野村、平木村、足坂村、五百野村、久保村、片田村[2]、井戸村、志袋村、長谷村、産品村、分部村、小船村、長谷場村、田中村、渋見村、北河路村、中跡部村、跡部村、鹿毛村、一色村、清水村、太田村、曽根村、浄土寺村、連部村、今徳村、神田村、光明寺村、南神山村、前田村、二子村、船山村、村主村、井上村、日南田村、前野村、萩野村、荒木村、安濃村、内多村、粟加村、大塚村、戸島村、野口村、小野平村、雲林院村河内村、津城下[3]
伊勢久居藩 12村 薬王寺村、穴倉村、長岡村、妙法寺村、高座原村、草生村、安部村、東観音寺村、岡南村、北神山村、岡本村、多門村
津藩・久居藩 3村 殿村、河辺村、田端上野村
  • 明治4年
  • 明治5年
  • 明治7年(1874年)(3町82村)
    • 中跡部村・跡部村・鹿毛村が合併して相生村となる。
    • 前田村・二子村が合併して中川村となる。
  • 明治8年(1875年)(3町78村)
    • 柳谷村・栗原村・新開村が合併して三郷村となる。
    • 村主村・井上村・岡南村が合併して川西村となる。
  • 明治12年(1879年2月5日 - 郡区町村編制法の三重県での施行により、行政区画としての安濃郡が発足。郡役所が新町[5]に設置。

町村制以降の沿革編集

 
1.建部村 2.塔世村 3.新町 4.藤水村 5.神戸村 6.安東村 7.櫛形村 8.片田村 9.高宮村 10.長野村 11.辰水村 12.草谷村 13.村主村 14.安濃村 15.明合村 16.安西村 17.雲林院村 18.河内村(紫:津市 *:発足時の津市)
  • 明治22年(1889年4月1日
    • 市制の施行により、津城下[6]、伊予町、岩田村、津興村、八幡町、下部田村[余慶町]、乙部村[字川田・北浦・札ノ辻・七ツ家・南浦の各一部]、塔世村[字新地・榎之下・川田・栄町・徳田および字清原・岡瀬谷・矢下の各一部]、古河村[字東河原・宮元屋敷・東新屋敷の各一部]、藤方村[枝郷藤枝町]、奄芸郡大部田村の区域をもって津市が発足し、郡より離脱。
    • 町村制の施行により、以下の町村が発足。全域が現・津市。(1町17村)
      • 建部村 ← 乙部村[残部]、中河原村[大部分]
      • 塔世村 ← 塔世村[残部]、下部田村[残部]、中河原村[一部]
      • 新町 ← 古河村、刑部村、神納村、南河路村
      • 藤水村 ← 垂水村、藤方村[残部]
      • 神戸村 ← 半田村、神戸村、野田村
      • 安東村 ← 納所村、北河路村、一色村、観音寺村、渋見村、長岡村、河辺村、相生村
      • 櫛形村 ← 殿村、産品村、小舟村、分部村
      • 片田村 ← 長谷場村、田中村、志袋村、井戸村、片田村、久保村、薬王寺村、長谷村
      • 高宮村 ← 五百野村、足坂村、三郷村
      • 長野村 ← 南長野村、北長野村、平木村、桂畑村
      • 辰水村 ← 家所村、穴倉村、高座原村、船山村、日南田村
      • 草谷村 ← 安部村、草生村、中川村
      • 村主村 ← 川西村、浄土寺村、連部村、神田村、今徳村、妙法寺村、前野村、光明寺村、南神山村
      • 安濃村 ← 曽根村、清水村、太田村、内多村、安濃村
      • 明合村 ← 粟加村、田端上野村、東観音寺村、大塚村、戸島村、野口村、荒木村
      • 安西村 ← 岡本村、萩野村、北神山村、多門村、小野平村
      • 雲林院村(単独村制)
      • 河内村(単独村制)
  • 明治30年(1897年9月1日 - 郡制を施行。郡役所が新町に設置。
  • 明治24年(1891年6月12日 - 草谷村が改称して草生村となる。
  • 明治42年(1909年)4月1日 - 建部村・塔世村が津市に編入。(1町15村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和9年(1934年6月1日 - 新町が津市に編入。(15村)
  • 昭和11年(1936年3月1日 - 藤水村が津市に編入。(14村)
  • 昭和18年(1943年8月31日 - 神戸村・安東村・櫛形村が津市に編入。(11村)
  • 昭和29年(1954年
    • 8月1日 - 片田村が津市に編入。(8村)
    • 10月1日 - 辰水村・長野村・高宮村が合併して美里村が発足。(5村)
  • 昭和30年(1955年
  • 昭和31年(1956年9月30日 - 下記の変更により安濃郡消滅。三重県内では1896年の郡の再編以来、河芸郡と共に初の郡消滅となった。

脚注編集

  1. ^ 津駅周辺の町名変更実施地区については不詳。
  2. ^ 記載は片田前田村。
  3. ^ 無高のため「旧高旧領取調帳」には記載なし。
  4. ^ a b 「旧高旧領取調帳」では本郡として記載。
  5. ^ 新町は明治22年(1889年)の発足のため、前身の村に設置されたと見られるが、「角川日本地名大辞典」の安濃郡の項の記述のままとした。
  6. ^ この時点では津京口町、津立町、津大門町、津中ノ番町、津宿屋町、津蔵町、津千歳町、津入江町、津堀川町、津沢之上町、津新中町、津魚町、津北浜町、津地頭領町、津分部町、津新魚町、津山之世古町、津大世古町、津南浜町、津南世古町、津片浜町、津築地町、津極楽町、津贄崎町、津西検校町、津東検校町、津北堀端、津玉置町、津新道、津西新道、津中新町、津西堀端、津丸ノ内、津南堀端、津一番町、津二番町、津三番町、津枕町、津五軒町、津松之下、津西町、津塔世町、津門前町、津釜屋町、津万町、津北町、津東町、津西来寺町、津宝禄町、津新立町、津東新町、津鷹匠町、西ノ口出屋敷、栄町が存在。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1956年
次代:
安芸郡