三井精機ラグビー部

三井精機ラグビー部(みついせいきラグビーぶ)は、かつて存在した三井精機工業ラグビーユニオンチーム。

概要編集

工作機械メーカーである三井精機工業のラグビー部。拠点は埼玉県比企郡川島町

歴史編集

1951年創部[1]。なお、1941年に創設された関東実業団リーグ[注 1]の参加チームに「三井精機」の記載があるが[2]、本チームとの関係は不明である。

1960年に創設された関東社会人リーグ[注 2]の1部リーグに参加。1963年、1965年には春季リーグ[注 3]で優勝を遂げた。1982年に2部リーグに降格するまで、22年連続で1部リーグに在籍した。

全国社会人大会には、1961年度(第14回大会)から1979年度(第32回大会)の間に16回出場。通算6勝で、最高位はベスト8であった。

しかし部員不足に伴う成績の低迷から2001年に休部[1]、半世紀にわたる活動に終止符を打った。廃部にはなっていないが今のところ活動再開の見込みはない[1][3]

タイトル編集

最上位リーグ

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2部制のリーグ戦。初年度の1部リーグには東芝、東京海上、東京自動車、丸ノ内鉄道、全日産、藤倉電線、三井精機、三愛、明治生命の9チームが参加。
  2. ^ 3部制のリーグ戦。初年度の1部リーグには谷藤機械、横河電機、松戸自衛隊、東芝府中、東芝川崎、東横百貨店、日野自動車、三井精機、日本鉱業日立、明治生命の10チームが参加。
  3. ^ a b 1960年度-1968年度の関東社会人リーグは、秋季トーナメントと春季リーグが開催されていた。
  4. ^ 松戸自衛隊と両チーム優勝

出典編集

  1. ^ a b c 【ラグビー史伝 迫るW杯 彩の国】歴史編(6) 三井精機の盛衰 大東大はトンガ旋風”. 産経新聞. 2019年5月16日閲覧。
  2. ^ 『関東ラグビーフットボール協会 50年史』関東ラグビーフットボール協会、1976年。
  3. ^ 【年の瀬デスクノート】ラグビーW杯の熱狂 「熱量」持続させ本物の人気に”. 産経新聞. 2019年12月26日閲覧。

関連項目編集