メインメニューを開く

三原地域鉄道部(みはらちいきてつどうぶ)とは、かつて広島県三原市館町にあった西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道部の一つである[1]

三原地域鉄道部
基本情報
鉄道事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
帰属組織 広島支社
テンプレートを表示

概要編集

ローカル線の活性化と効率的な鉄道運営ができるように、JR西日本は1990年6月1日から主に支線区に対して鉄道部制度を導入していたが、1995年10月1日から鉄道部制度を幹線系の地域にも導入し、地域鉄道部として地域の特性に応じた業務が行われていた。

三原地域鉄道部は三原駅構内にあり、広島支社が管轄していた。しかし、2018年6月1日付の組織改定を以って廃止された[2]

管轄路線編集

廃止時点のもの。

歴史編集

  • 1995年(平成7年)10月1日 : 鉄道部制度の導入に伴い、地域鉄道部として発足。
  • 2018年(平成30年)6月1日 : 組織改定により廃止。支社直轄の体制に移行[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 西日本旅客鉄道広島支社『JR西日本広島支社10年史 : 次なる10年に向かって 1987〜1997』西日本旅客鉄道広島支社、1997年、p.192。
  2. ^ a b データで見るJR西日本2018 p.203 - 西日本旅客鉄道
  3. ^ 糸崎駅は岡山支社せとうち地域鉄道部の管轄
  4. ^ 白市駅は広島支社西条管理駅の管轄
  5. ^ 広駅は広島支社呉管理駅の管轄