三原観光汽船株式会社(みはらかんこうきせん)は、広島県三原市に存在した海運会社。主に三原港生口島を結ぶ航路を運航していた。

三原観光汽船株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
広島県三原市
業種 海運業
事業内容 一般定期旅客航路事業
代表者 山本勝美
テンプレートを表示

概要編集

三原港と生口島を結ぶ航路を運航していた中では最大手でマルト汽船ほうらい汽船と競合していた。バブル時代には新造船を積極的に投入、チャーター専用船を有するなどしていたが、1999年しまなみ海道の開通による旅客数減少、燃料価格の高騰、ETC割引制度(いわゆる「1000円高速」)によるフェリー利用台数の4割減少などの影響により、2009年5月に航路廃止を中国運輸局に申請[1]、同年11月末に運航を終了、廃業した。

航路編集

三原港の輻輳を解消するため、1987年以降、フェリーは須波港発着となった。

船舶編集

フェリー編集

  • ふでかけ (初代)
  • なるたき
1971年竣工
  • ふでかげ (2代)
  • かたふじ
  • るり丸
1987年竣工、2006年引退、内海造船瀬戸田工場建造、引退後はフィリピンへ売却
  • はり丸
1988年竣工、2009年引退、内海造船瀬戸田工場建造、引退後はフィリピンへ売却
  • フェリーすなみ
1977年竣工、1998年引退、川本造船所建造、元・大崎汽船「ニューおおさき」、売却後は美咲フェリー「第二フェリー美咲」
  • しまなみ
1998年5月竣工、神原造船建造(第502番船)、航路廃止まで就航後、航路を継承した須波航路サービスへ移籍
234総トン、全長49.80m、型幅11.10m、型深さ3.15m、ディーゼル1基、機関出力1,000PS、航海速力9.5ノット、旅客定員250名、乗用車30台

高速船編集

  • 西日光
  • 第二西日光
  • 第三西日光
1976年10月竣工、瀬戸内工業建造
115.20総トン、全長23.00m、幅5.40m、深さ2.50m、ディーゼル3基、機関出力1,620PS、最大速力30.7ノット
  • 第五西日光
1981年2月竣工、瀬戸内クラフト建造
59.32総トン、全長18.00m、幅4.40m、深さ2.00m、ディーゼル2基、機関出力910PS、最大速力30.67ノット
  • 第八西日光
1981年10月竣工、瀬戸内クラフト建造
60.89総トン、全長18.00m、幅4.40m、深さ2.00m、ディーゼル2基、機関出力910PS、最大速力30.22ノット
  • 第十西日光
1983年6月竣工、瀬戸内クラフト建造、売却後、本島汽船「ブルーオーシャン」を経て瀬戸内クルージング「ホワイトドルフィン」として就航
19.00総トン、全長15.45m、幅4.10m、深さ1.70m、ディーゼル(ヤンマー 6HAK-DT)2基、機関出力560PS、最大速力27.01ノット
  • シーピース
1985年竣工、ニュージャパンマリン建造
  • 第十一西日光
1987年竣工、ニュージャパンマリン建造、売却後は愛南町西海観光船「第六かしま」
  • 第十二西日光
38総トン、1994年竣工、三保造船所 (大阪府)建造、元・今治高速船「第十二かもめ」、2008年売却、現在は小豆島急行フェリー「ひかり (3代)」として就航
  • しゃるまん
1990年竣工、瀬戸内クラフト建造、2005年売却、加藤汽船神戸-関空ベイ・シャトル予備船となった後、国立療養所大島青松園の渡船として就航
  • ガルーダ1号
  • マリンエース
1978年竣工、三保造船所 (大阪府)建造、元・瀬戸内海汽船
  • シーホーク
19総トン、1988年竣工、三保造船所 (大阪府)建造、元・坊勢汽船2009年購入、航路廃止まで就航後、同航路を運航するほうらい汽船へ移籍

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 丑田滋 (2009年9月20日). “瀬戸内のフェリー、窮地 通院女性「命つなぐ航路」”. 朝日新聞DIGITAL (朝日新聞社). http://www.asahi.com/kansai/travel/news/OSK200909200022.html 2017年7月15日閲覧。