メインメニューを開く

三木 澄子(みき すみこ、1908年1月2日[1] - 1988年4月16日)は、日本の児童文学作家。本名同じ。三木は旧姓。

経歴・人物編集

長崎市生まれ[2]愛知県立第一高等女学校(現・愛知県立明和高等学校)卒業[2]。1926年には、菊田一夫安藤一郎らとともに詩の同人誌『花畑』を創刊。1929年『婦人サロン』(文藝春秋)の懸賞小説で「試験結婚実話 一週間」が当選し同誌に随筆を書く。1936年会社員・磯野栄蔵と結婚。1941年、小説「手巾の歌」で第13回芥川賞候補。

1947年『文藝春秋』に「石段」を発表。1949年『文學界』の庄野誠一編集長の勧めでジュニア小説「星座」を執筆。この後多くのジュニア小説を発表。1961年『ひなぎく咲く花』で小学館文学賞佳作[2]。1974年に網走市に移住。その後も数編のジュニア小説を発表する。1982年児童文化功労者。1984年から『文芸網走』で「晩祷」の連載を開始するが1988年市内の喫茶店で倒れ、心不全のため死去した[3]

著書編集

  • 匂い菫 妙義出版社 1949
  • 紫水晶 ポプラ社 1951
  • クララ・シューマン 愛と芸術の母 ポプラ社 1952 (偉人伝文庫)
  • さくら草物語 ポプラ社 1953
  • 国木田独歩 武蔵野の詩人 ポプラ社 1953 (偉人伝文庫)
  • 北斗星のかなた ポプラ社 1955
  • まつゆき草 ポプラ社 1955
  • シューベルト 偕成社 1958 (児童伝記全集)
  • ナイチンゲール 偕成社 1958 (なかよし絵文庫)
  • 星の広場 集英社 1966 (コバルト・ブックス)
  • 遠い花火 集英社 1967 (コバルト・ブックス) のち文庫
  • 野ぎくの道しるべ 集英社 1967 (コバルト・ブックス) のち文庫
  • 若い恋人たち 学習研究社 1967 (レモン・ブックス)
  • 禁じられた手紙 集英社 1968 (コバルト・ブックス) のち文庫
  • さわやかな夜明けに 集英社 1968 (コバルト・ブックス)
  • かがやく愛を 集英社 1969 (コバルト・ブックス) のち文庫
  • 風も光る青春 集英社 1969 (コバルト・ブックス)
  • 荒地の青春 集英社 1970 (コバルト・ブックス) のち文庫
  • 不死鳥飛ぶ 集英社 1971 (コバルト・ブックス) のち文庫
  • 愛さずにはいられない 集英社 1971 (コバルト・ブックス) のち文庫
  • 風浪の岸 集英社 1971 (コバルト・ブックス)
  • あなたも果実 偕成社 1972 (少女小説シリーズ)
  • 雪が燃えていた 集英社 1972 (コバルト・ブックス) のち文庫
  • 風が答えた 集英社 1973 (コバルト・ブックス) のち文庫
  • 雪の恋歌 集英社 1973 (コバルト・ブックス) のち文庫
  • 小説菊田一夫 山崎書房 1974
  • 熱愛 集英社 1974 (コバルト・ブックス) のち文庫
  • 白鳥に告げた言葉 集英社 1975 (コバルト・ブックス) のち文庫
  • リラの愛・むらさき 集英社 1976
  • ふたりだけの森 1977.11 (集英社文庫)
  • 妖精の涙 1977.1 (集英社文庫)
  • 心に真紅のリボンを 1978.6 (集英社文庫)
  • 恋人たちは霧の中 1978.10 (集英社文庫)
  • ねこときつねがさんぽして 小学館 1979.3
  • 海は少女を見たか 1979.4 (集英社文庫)
  • わたしの女満別開拓史 オホーツク書房 1980.10
  • 北に青春あり 1981.9 (集英社文庫)

再話編集

編集

  1. ^ 国会図書館では1912年とするがそれでは経歴が不自然であろう。
  2. ^ a b c 『雪が燃えていた』集英社文庫 花・1977年2月10日初版発行 巻末「著者略歴」より
  3. ^ 網走歴史の会「三木澄子」より