三木申三

三木 申三(みき しんぞう、1928年10月4日 - 2010年10月26日)は、徳島県吉野川市山川町出身の徳島県知事

目次

人物[1]編集

1928年麻植郡山川町に生まれる。旧制麻植中学校を経て、1954年徳島医科大学卒業。三菱鉱業大夕張炭鉱病院で勤務医を務めた後、郷里の山川町で医院を開業した。

1967年徳島県議会議員に初当選し、以来連続三期当選した。1977年知事選に出馬するが惜敗。1981年知事選で雪辱を果たした。1981年10月9日から1993年10月4日まで3期12年間知事を務め、明石海峡大橋の工事計画や橘湾石炭火力発電所の稼動など多くの実績を残した。また1987年に「21世紀へ鼓動 ‐徳島新時代へ向けて」という本も出版している。1993年以降再び医院の院長を務めた。1994年1996年徳島大学医学部教授も兼職した。

1996年第41回衆議院議員総選挙において、徳島3区から自由民主党公認で立候補したが、新進党公認の岩浅嘉仁に敗れた。

2010年10月26日、肺癌のため徳島市内の病院で死去。82歳没[2]

著書編集

『21世紀への鼓動 徳島新時代へ向けて』阿波研究会、1987年

脚注編集

  1. ^ 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年、510頁。
  2. ^ 三木申三氏死去(元徳島県知事)時事通信 2010年10月26日

関連項目編集