三村 千代子(みむら ちよこ、1903年明治36年〉11月12日 - 1974年昭和49年〉1月2日[1][2])は、日本女優。本名は牛原 チヨ、旧姓は三村。夫は映画監督の牛原虚彦、長男は同じく映画監督の牛原陽一、孫(陽一の子)は元女優の牛原千恵。堅実で庶民的な女優であり[1]、牛原の監督による『狂へる剣技』での勝見庸太郎との好演や、『二つの魂』など多くの牛原作品への出演、『赤光』での栗島すみ子たちとの競演で知られる[2]神奈川県横浜市元町出身。

みむら ちよこ
三村 千代子
三村 千代子
本名 牛原 チヨ
生年月日 (1903-11-12) 1903年11月12日
没年月日 (1974-01-02) 1974年1月2日(70歳没)
出生地 神奈川県横浜市元町
身長 153cm(1924年時点)
職業 女優
ジャンル 舞台映画
活動期間 1910年代 - 1927年
活動内容 舞台 → 映画
配偶者 牛原虚彦
著名な家族 牛原陽一
主な作品
酒中日記』『山へ帰る』『狂える剣技』、他
テンプレートを表示

経歴

編集

横浜元町の口入屋の孫娘として誕生した[3]。祖母が元芸妓三味線を得意としており、その影響からか、9歳の頃から新派の高田実一座や村田正雄一座の芝居に、子役として出演していた[3][4]

1920年大正9年)に松竹キネマ合名会社が設立され、松竹蒲田撮影所の監督となった賀古残夢の推薦により、松竹に入社した[4]。初主演は『呪いの巫女』だが、封切が遅れたため、デビュー作は同年の『悪魔の崖』である[4]。映画史家の田中純一郎によれば「舞台出身の割に演技は写実的」と、評価は上々であった[5]。同1920年6月、7作目である『酒中日記』は、田中純一郎により「小柄で派手な顔ではないが、演技力は確か[5]」と評価を受けて、庶民的な女優としての地位を得た[6]

同時期に映画監督となった牛原虚彦は、千代子の役柄に対する理解力と、それを素早く表現に移す才能に惹かれ、自身の作品の主演女優として起用した。『山へ帰る』では、栗島すみ子との共演で好評を博した。続く『狂える剣技』では、すべてを視覚に頼るサイレント映画であり、千代子の巧みな心理表現でそれを成功させた[5]

地方ロケ中に牛原が倒れ、千代子が彼を看病したことがきっかけとなり、1922年(大正11年)10月に結婚した[3]。その後も『狼の群』『子供の世界』『漂泊の琵琶師』など、牛原の作品に出演し続けた。性格描写にすぐれ、「涙の名女優」ともいわれた[7]

1923年(大正12年)に関東大震災で被災し、妊娠中の身で神戸へ避難した。船上で台風に遭い、ずぶ濡れになりながらも、港で「三村千代子だ」と騒がれる一幕もあった[6]

1924年(大正13年)に、長男の陽一が誕生した。その後は徐々に女優としての活動を縮小し、1927年昭和2年)の『久造老人』を最後に引退し、家庭に入った[1]。東京の蓮沼で戦災に遭い、世田谷の南烏山に移った[6]。私生活では四男一女に恵まれながらも、内3人が死去する不幸にも見舞われた[6][8]

1974年(昭和49年)1月2日、脳溢血により、満70歳で死去した[3]。夫の牛原は当時まで存命であり、長女によれば「亡くなる日まで父と幸せに暮らして居りました」という。墓碑は東京都大田区覚源院にある[6]

親戚

編集

女優の鈴木光枝は、千代子の母方の親戚にあたる。光枝が女学校を退学後、女優になろうと考えて、鈴木家を訪ねた。千代子は「光枝が貧乏なら、ひきとって女優にしても良いが、稽古事も習っているような1人娘に辛抱できるような仕事ではない」「芸事が好きなら踊りの師匠にでもなれば良い」と、ひどく説教した。光枝はそれまで何となく女優を目指そうと思っていたものの、このように強い説教を受け、却って女優への決意を新たにしたという[7]

出演

編集

映画

編集
  • 悪魔の崖(1921年)
  • 酒中日記(1921年)
  • 山へ帰る(1921年)
  • 狂える剣技(1921年)

他、多数

脚注

編集
  1. ^ a b c 上田他監修 2001, p. 1848
  2. ^ a b 日外アソシエーツ 2004, p. 2444
  3. ^ a b c d キネマ旬報社 1980, pp. 664–665
  4. ^ a b c 港家 1988, pp. 199–203
  5. ^ a b c 牛原 1968, pp. 118–119
  6. ^ a b c d e 江刺他 2011, pp. 208–209
  7. ^ a b 鈴木 & 本地 1977, pp. 208–209
  8. ^ 牛原 1968, pp. 119–120.

参考文献

編集
  • 牛原虚彦『虚彦映画譜50年』鏡浦書房、1968年7月20日。 NCID BN04019764 
  • 江刺昭子、史の会編著『時代を拓いた女たち かながわの111人』 第II集、神奈川新聞社、2011年6月30日。ISBN 978-4-87645-475-4 
  • 鈴木光枝、本地盈輝『女優と妻と母と 鈴木光枝・半生の記』草土文化、1977年10月3日。 NCID BN07091167 
  • 港家千潮『よこはま芸人 痴遊からひばりまで』横浜歴史研究普及会〈よこれき双書〉、1988年3月30日。 NCID BN04817969 
  • 『日本映画俳優全集』 女優編、キネマ旬報社、1980年12月31日。 NCID BN03866095 
  • 日外アソシエーツ 編『20世紀日本人名事典』 下、日外アソシエーツ、2004年7月26日。ISBN 978-4-8169-1853-7https://kotobank.jp/word/%E4%B8%89%E6%9D%91%20%E5%8D%83%E4%BB%A3%E5%AD%90-16560842020年9月24日閲覧 
  • 日本人名大辞典上田正昭他監修、講談社、2001年12月6日。ISBN 978-4-06-210800-3https://kotobank.jp/word/%E4%B8%89%E6%9D%91%E5%8D%83%E4%BB%A3%E5%AD%90-11134182020年9月24日閲覧 

外部リンク

編集