メインメニューを開く

三浦 元精(みうら もときよ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将安芸国戦国大名毛利氏の家臣。兄は毛利氏重臣の三浦元忠

 
三浦元精
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 不詳
死没 慶長18年4月1日1613年5月20日
改名 松山又七郎→神代元精→三浦元精
別名 通称:又七郎→又右衛門尉
戒名 悦叟道可
主君 毛利輝元秀就
長州藩
氏族 松山氏神代氏三浦氏
兄弟 元忠元精
虎法師元実
テンプレートを表示

生涯編集

毛利輝元の側近である松山惣四郎(後の神田元忠、三浦元忠)の弟として生まれ、兄と同じく輝元に仕える。

天正15年(1587年2月22日、輝元の加冠状を受けて元服し、「元」の偏諱を与えられて「神代又七郎元精」と名乗った[1]。天正17年(1589年8月13日には輝元から「又右衛門尉」の官途名を与えられる[2]

元精の子である虎法師が兄・元忠の養子となったが[3]、虎法師は早世したため、文禄5年(1596年8月20日に元忠が死去した際には、元精が家督を相続した。

慶長18年(1613年4月1日に死去。子の元実が後を継いだ。

脚注編集

  1. ^ 『閥閲録』巻45「三浦又右衛門」第156号、天正15年2月22日付 神代又七郎宛て毛利輝元書状。
  2. ^ 『閥閲録』巻45「三浦又右衛門」第157号、天正17年8月13日付 神代元精宛て三浦元忠書状。
  3. ^ 『閥閲録』巻45「三浦又右衛門」第151号、年不詳8月6日付 三浦元忠宛て毛利輝元書状。

参考文献編集