メインメニューを開く

三浦 新市(みうら しんいち、1924年 -2013年12月30日 )は、英文学者。

目次

来歴編集

東京文理科大学[1]慶應義塾大学経済学部助教授、教授、1985年創価大学教授、2000年退任[2]。英語教科書を多く書いたほか翻訳も行った。妻は三浦富美子。2013年(平成25年)12月30日午後3時29分、スキルス性胃がんのため鎌倉市内の病院で死去。最晩年に至るまで健康であったが、平成25年の11月になって体調不良を訴えて鎌倉市内の病院に入院し、そのまま亡くなった。無宗教を信条としたため戒名などはなく、鎌倉霊園にある墓には「三浦新市」とだけ記されている。

著書編集

  • 『解法のまとめ英作文』学生社 1969
  • 『英文の書き方事典』荒竹出版 1977
  • 『解法英作文』学生社 1978

共著編集

  • 『構造言語学と英語学習』川辺康男共著 開文社 1961
  • 『現代英文の構成と語法』T.ウォーマック共著 研究社出版 1962
  • 『英会話のポイント』川辺康男共著 原書房 1963
  • 『文型中心和文英訳の技術』土居淳二共著 大学書林 1963
  • 『英語慣用法ハンドブック』田中和恵共著 英潮社 1970
  • 『英語語法大事典 第3集』渡辺登士福村虎治郎小西友七空西哲郎安藤貞雄共編著 大修館書店 1981
  • 『前置詞中心英語表現辞典』ナタリー・リード共著 大修館書店 1985
  • 『英作文情報辞典』T.ウォーマック共著 大修館書店 1987

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 『全国大学職員録』1980年
  2. ^ 「我が偉大なる恩師へ」(三浦新市先生退任記念号)藤本和子『英語英文学研究』2000-03