メインメニューを開く

三浦 誠次(みうら のぶつぐ[1])は、美作勝山藩の第5代藩主。美作勝山藩三浦家10代。

 
三浦誠次
時代 江戸時代後期
生誕 天明2年5月15日1782年6月25日[1]
死没 天保2年2月14日1831年3月27日[1]
改名 文之助[2](幼名)→ 邳次[1][2]、盈次[2]、誠次
別名 玄蕃[2]、虎丘[2][3](号)
戒名 常楽院殿前志州刺吏実誉至真誠山大居士
墓所 岡山県真庭市勝山の安養寺
官位 従五位下、備後守、兵庫[1][2]、志摩守[1]
幕府 江戸幕府
美作勝山藩
氏族 三浦氏
父母 父:三浦前次、母:稲垣昭央の娘
養父:三浦毘次
兄弟 誠次唯次、女子(稲垣長続室)、女子(安部信操室)
正室:鍋島斉直の養女(鍋島治茂の娘)・登[1]
峻次義次弘次
テンプレートを表示

第三代当主前次の子、第四代当主で兄毘次の養嗣子。渡辺玄対に画を学び、「虎丘」と号していた[2][3]

生涯編集

天明2年(1782年)、第3代藩主・三浦前次(ちかつぐ)の長男[1]として出生した。

文化14年(1817年)11月15日、第4代藩主・毗次(てるつぐ)の養嗣子となる。文政13年(1830年)7月6日、毗次の隠居により、49歳で家督を継いだ[1]。しかし家督相続から1年足らずの天保2年(1831年)2月14日に死去した[1]。享年50。跡を長男の峻次(としつぐ)が継いだ。

家族・親族編集

正室は佐賀藩鍋島斉直養女(鍋島治茂13女)の登(なる)[1]

平成新修旧華族家系大成』には以下の3男が記されている[1]。いずれも美作勝山藩藩主となった。

略系図編集

美作勝山藩主三浦家を実系で示せば以下のとおり。

三浦明敬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明喬
 
 
 
義理
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明次1
 
 
 
矩次2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前次3
 
 
 
毗次4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誠次5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
峻次6義次7弘次9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朗次8顕次10
  • 実線は実子、点線は養子を示す。
  • すべての人物を掲載してはおらず、また兄弟・姉妹の順に配列してはいない。
  • 数字は美作勝山藩主の代数を示す。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『平成新修旧華族家系大成』下、p.668
  2. ^ a b c d e f g 三浦誠次”. 美術人名辞典(コトバンク所収). 2014年5月10日閲覧。
  3. ^ a b 三浦誠次”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク所収). 2014年5月10日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集