メインメニューを開く

三浦 顕次(みうら たかつぐ[1][2]/あきつぐ[2])は、江戸時代幕末期の大名美作勝山藩(真島藩)の第10代(最後)の藩主。美作勝山藩三浦家15代。号は旭州。

 
三浦顕次
Miura Takatugu.jpg
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 弘化4年1月4日1847年2月18日[1]
死没 明治28年(1895年9月11日[1]
別名 旭州[2](号)
墓所 岡山県真庭市勝山の安養寺
官位 従五位下、備後守、玄蕃頭[1]
美作勝山藩
氏族 三浦氏
父母 父:三浦弘次、母:戸村荘嶽の娘
正室:土井利則の三女・守巣[1]
基次、ちょう(沢宣元夫人) ほか
テンプレートを表示

生涯編集

弘化4年(1847年)、第9代藩主・三浦弘次の長男[2]として生まれる。

父が病弱だったため、第一次長州征伐第二次長州征伐に出陣している[2]。父は佐幕派だったが、顕次は勤皇派であり、慶応3年(1867年)からは津山藩松平慶倫)・備中松山藩板倉勝静)との佐幕同盟を脱している[2]。慶応4年(1868年)5月6日、父の隠居を受けて正式に家督を継いだ[1]。明治2年(1869年)の版籍奉還藩知事となる。また、藩名を真島藩に改めた[3]。明治4年(1871年)の廃藩置県で免官された。

明治17年(1884年)、華族令施行に伴い子爵に叙せられる。明治28年(1895年)9月11日、49歳で死去した。

家族・親族編集

正室は古河藩土井利則の三女・鈴子(守巣[1])。

平成新修旧華族家系大成』には、子として1男3女を載せる[1]。男子は家督を相続した三浦基次(1872年 - 1946年)。長女[4]の「ちょう」[5]澤宣元(男爵)夫人。

基次は1934年に隠居、基次の子の義次[6](1904年 - 1985年)のときに華族制度廃止を迎えた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『平成新修旧華族家系大成』下、p.668
  2. ^ a b c d e f 三浦顕次”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク所収). 2014年5月7日閲覧。
  3. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下、p.669
  4. ^ 『平成新修旧華族家系大成』上、p.695
  5. ^ 『平成新修旧華族家系大成』の三浦家の系図(下巻p.668)では、名は「雨かんむりに兆」の字で記されている(読み仮名なし)。沢家の系図(上巻p.695)では「霏」と記し「ちょう」と振り仮名を振っている。
  6. ^ 義次の夫人は佐々木八十八の次女。

参考文献編集

外部リンク編集


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
勝山三浦家初代
1884年 - 1895年
次代:
三浦基次