メインメニューを開く

三浦 重勝(みうら しげかつ、慶長10年(1605年) - 寛永8年8月4日1631年8月31日))は、江戸時代前期の大名下総三浦藩第2代藩主。三浦重成の長男。正室は小出吉英の娘。官位は従五位下監物。通称右馬助。

生涯編集

生年には諸説あり。父の重成は初め男子に恵まれなかったため、甥の重次婿養子に迎えたが、のちに実子の重勝が生まれたので、関ヶ原の戦いの戦功による加増地の近江国浅井郡3000石を分与し別家を立てさせている。

寛永元年(1624年)(遺領を継いだ年は諸説あり)に父の遺領を継ぎ、俗に「下総三浦藩」(1万石)と称されるの第2代藩主となった。寛永8年(1631年)8月4日に没し、嗣子なく改易となった。なお、弟の系統が備後福山藩阿部氏の家老として、叔父の系統が旗本としてそれぞれ存続した。