メインメニューを開く

三神峯公園(みかみねこうえん)は、宮城県仙台市太白区三神峯という低山にある風致公園である。仙台市南部のの名所として知られる。

三神峯公園
Mikamine Park
MikaminePark Cherryblossoms.JPG
三神峯公園 桜と花見客
分類 都市公園 > 特殊公園 > 風致公園
所在地
宮城県仙台市太白区三神峯一丁目
座標 北緯38度13分28.9秒 東経140度51分27.4秒 / 北緯38.224694度 東経140.857611度 / 38.224694; 140.857611座標: 北緯38度13分28.9秒 東経140度51分27.4秒 / 北緯38.224694度 東経140.857611度 / 38.224694; 140.857611
面積 8.1031 ha
前身 仙台陸軍幼年学校
(旧制)第二高等学校・明善寮(学生寮)
開園 1967年(昭和42年)
運営者 仙台市
設備・遊具 三神峯遺跡、芝生広場、四阿
アクセス 仙台市営バス宮城交通
西多賀一丁目西・三神峯公園入口バス停
テンプレートを表示
芝生広場
健康遊具広場
屋台と花見売店

概要編集

青葉山丘陵東南の台地(三神峯)、長町副都心の西約2kmに位置する。最高点は69メートル。崖下の平地との標高差は40メートルほどである。仙台市内でもっとも多くの桜の木が植樹されており[1]、シーズン時には多くの花見客でにぎわう。

縄文時代には複数の竪穴住居が作られ、古墳時代には小さな古墳が築かれた。近代以降は仙台陸軍幼年学校、旧制の第二高等学校東北大学に利用され、1967年に三神峯公園が設置された。

歴史編集

三神峯には縄文時代前期に集落があり、三神峯遺跡と呼ばれる[2]。8棟の竪穴式住居の遺構が発見されたほか、多数の縄文土器や石器が出土した[3]弥生時代の遺物は知られないが、古墳時代に3つの小さな古墳(三神峯古墳)が築かれ、南の崖下に富沢窯、東斜面に金山窯が置かれた。

以後長らく三神峯は歴史にあらわれないが、近代に入って1937年(昭和12年)に、仙台陸軍幼年学校が場所を三神峯に定めて再建された。同校ははじめ今の宮城野区五輪一丁目に校舎を置いていたが、1924年(大正13年)に廃止されていた。幼年学校は、1945年(昭和20年)の7月10日にあった仙台空襲で被害を受け、敗戦で陸軍とともに廃止された[4]

そのあとには、1945年より旧制第二高等学校の校舎として利用された。1949年に二高が東北大学に併合されると、三神峯の校舎は東北大学の第一教養部の校地となった。続いて大学の学生寮の一つ、明善寮学生寮)も建てられた。1958年(昭和33年)に校舎は青葉区川内へ移転。明善寮も青葉区上杉に移転した。

その後、キャンパスの跡地に仙台市が公園を設置することを決め、 1967年(昭和42年)三神峯公園が開園。設置時から現在まで、数次の発掘調査で、多数の縄文時代の遺物・遺構が見つかっている。

年表編集

三神峯遺跡編集

アクセス編集

公共交通機関

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 三神峯公園 杜の都 緑の名所100選
  2. ^ 三神峯遺跡 仙台市
  3. ^ 三神峯遺跡・上野遺跡 仙台市 太白区の自然と遺跡
  4. ^ 『仙台市史』通史編7(近代2)514頁。

参考文献編集

  • 仙台市史編さん委員会『仙台市史』通史編7(近代2)、仙台市、2009年。
  • 仙台市教育委員会『三神峯遺跡 第6次発掘調査報告書』(仙台市文化財調査報告書第338集)、2009年。

関連項目編集

外部リンク編集