三菱・4G3系・6G3系エンジン

三菱・4G3系・6G3系エンジン(みつびし・4G3けい・6G3けい-)は1969年から1999年まで三菱自動車工業によって製造(製造当初は三菱重工業)されていた1.2L-1.8Lの直列4気筒ガソリンエンジン(4G3系)および2.0Lの直列6気筒ガソリンエンジン(6G34のみ)。通称サターンエンジン(6G34のみサターン6エンジン)。バルブ駆動方式はギャランGTO・MR専用の4G32型DOHCエンジンを除き、すべてSOHCを採用していた。

三菱・4G3系・6G3系エンジン
1971 Mitsubishi Galant GTO-MR engine room.jpg
1971年式ギャランGTO MRの4G32 DOHCエンジン
生産拠点 三菱重工業
(1969年 - 1970年)
三菱自動車工業
(1970年 - 1999年)
製造期間 1969年 - 1999年
タイプ 直列4気筒SOHC8バルブ
直列4気筒DOHC8バルブ
直列6気筒SOHC12バルブ
排気量 1.2L
1.3L
1.4L
1.5L
1.6L
1.7L
1.8L
2.0L
テンプレートを表示

目次

概要編集

同社初のOHC(オーバー・ヘッド・カムシャフト)機構を用いた4ストロークのガソリンエンジンである。アルミ合金製のヘッドに5クランクベアリング方式の鋳鉄製シリンダーブロックが組み合わされた頑丈なエンジンで、当初はカムシャフトの駆動にタイミングチェーンが用いられていたが、後発のG32B(4G32【新】を含む)と4G36(海外専用)、G37B(のち4G37に改名)に限りタイミングベルトサイレントシャフトMCA-JETが用いられた。尤も、1.6LのSOHCヘッド版の4G32型エンジンは登場当時、同社の初代コルトギャランや初代ランサーなどの小型車に搭載され、いずれも国内外のラリーシーンで大いに活躍し優れた好成績を収めていた。

共通項目編集

 
三菱・4G32エンジン
  • 構造:4ストローク、直列型
  • バルブ数:1シリンダーあたり2バルブ(吸気:1、排気:1)
  • 冷却:水冷

4G30編集

  • 排気量:1.3L(1,289 cc)
  • 内径×工程:73.0 x 77.0 mm
  • 圧縮比:9.0:1
  • 燃料装置:ストロンバーグ式キャブレター×1
  • 最大出力:87PS/6,300rpm
  • 最大トルク:11.0kg·m/4,000rpm

4G31(シングルキャブレター)編集

  • 排気量:1.5L(1,499 cc)
  • 内径×工程:74.5 x 86.0 mm
  • 圧縮比:9.0:1
  • 燃料装置:ストロンバーグ式キャブレター×1
  • 最大出力:95PS/6,300rpm
  • 最大トルク:13.2kg·m/4,000rpm
    • 1969年登場
    • 初搭載車種:コルトギャラン(初代)

4G31(ツインキャブレター)編集

  • 排気量:1.5L(1,499 cc)
  • 内径×工程:74.5 x 86.0 mm
  • 圧縮比:10.0:1
  • 燃料装置:SU式キャブレター×2
  • 最大出力:105PS/6,700rpm
  • 最大トルク:13.4kg·m/4,800rpm
    • 1970年登場
    • 初搭載車種:コルトギャランGS(初代)

4G32【旧・シングルキャブレター】編集

 
1986年式ヒュンダイ・ステラ英語版の4G32 SOHCシングルキャブレターエンジン
  • 排気量:1.6L(1,597 cc)
  • 内径×工程:76.9 x 86 mm
  • 圧縮比:8.5:1
  • 燃料装置:SU式キャブレター×1
  • 最大出力:100PS/6,300rpm
  • 最大トルク:14.0kg·m/4,000rpm
    • 1970年登場
    • 初搭載車種:ギャランGTO(「MR」以外)

4G32【旧・ツインキャブレター】編集

 
1970年式ギャランGTO(コルトギャラン) AII GSの4G32 SOHCツインキャブレターエンジン
  • 排気量:1.6L(1,597 cc)
  • 内径×工程:76.9 x 86 mm
  • 圧縮比:9.5:1
  • 燃料装置:SU式キャブレター×2
  • 最大出力:110PS/6,700rpm
  • 最大トルク:14.2kg·m/4,000rpm
    • 1970年登場
    • 初搭載車種:ギャランGTO(「MR」以外)

4G32【DOHC】編集

  • 排気量:1.6L(1,597 cc)
  • 内径×工程:76.9 x 86 mm
  • 圧縮比:9.5:1
  • 燃料装置:ソレックス式キャブレター×2
  • 最大出力:125PS/6,800rpm
  • 最大トルク:14.5kg·m/5,000rpm
    • 1970年登場
    • 初搭載車種:ギャランGTO・MR
    • 備考:ギャランGTO・MR専用エンジン

G32B(→4G32【新】)編集

 
三菱・ギャランΣのG32B シングルキャブレター仕様エンジン
 
三菱・ミラージュの4G32 ECI仕様エンジン
  • 排気量:1.6L(1,597 cc)
  • 内径×工程:76.9 x 86 mm
  • 燃料装置:ストロンバーグ式キャブレター×1
  • 圧縮比:8.5:1
  • 最大出力:92PS/6,300rpm
  • 最大トルク:12.5kg·m/4,000rpm
    • 1977年登場(1987年に4G32【新】に改名)
    • 初搭載車種:ギャランΣ(通算3代目)

G32B【ターボ】編集

  • 排気量:1.6L(1,597 cc)
  • 内径×工程:76.9 x 86 mm
  • 燃料装置:ストロンバーグ式キャブレター×1[注釈 1]
  • 過給器:三菱重工製TC04-9B
  • 圧縮比:8.5:1
  • 最大出力:115PS/5,500rpm
  • 最大トルク:17.0kg·m/3,000rpm
    • 1982年登場
    • 初搭載車種:コルディア GSR / GSR-S / GT[1]

4G33編集

  • 排気量:1.4L(1,439 cc)
  • 内径×工程:73.0 x 86.0 mm
  • 燃料装置:ストロンバーグ式キャブレター×1
  • 圧縮比:8.5:1
  • 最大出力:92PS/6,300rpm
  • 最大トルク:12.5kg·m/4,000rpm
    • 1971年登場
    • 初搭載車種:コルトギャラン(初代)

4G34編集

  • 排気量:1.7L(1,686 cc)
  • 内径×工程:
  • 圧縮比:
  • 最大出力:
  • 最大トルク:
    • 1971年登場
    • 初搭載車種:コルトギャラン(初代)[要出典]

4G35(シングルキャブレター)編集

  • 排気量:1.7L(1,686 cc)
  • 内径×工程:79.0 x 86.0 mm
  • 燃料装置:ストロンバーグ式キャブレター×1
  • 圧縮比:8.5:1
  • 最大出力:105PS/6,300rpm
  • 最大トルク:15.0kg·m/4,000rpm
    • 1972年登場
    • 初搭載車種:ギャランGTO-XI

4G35(ツインキャブレター)編集

  • 排気量:1.7L(1,686 cc)
  • 内径×工程:79.0 x 86.0 mm
  • 燃料装置:ストロンバーグ式キャブレター×2
  • 圧縮比:9.5:1
  • 最大出力:115PS/6,300rpm
  • 最大トルク:15.2kg·m/4,000rpm
    • 1972年登場
    • 初搭載車種:ギャランGTO-XII

4G36編集

  • 排気量:1.2L(1,238 cc)
  • 内径×工程:73.0 x 74.0 mm
  • 燃料装置:ストロンバーグ式キャブレター×1
  • 圧縮比:9.0:1
  • 最大出力:73PS/6,000rpm
  • 最大トルク:10.3kg·m/3,800rpm

G37B (→4G37)編集

  • 排気量:1.8L(1,755 cc)
  • 内径×工程:80.6 x 86.0 mm
  • 燃料装置:電子制御式キャブレター
  • 圧縮比:9.0:1
  • 最大出力:85PS/5,500rpm
  • 最大トルク:14.1kg·m/3,500rpm

6G34(サターン6)編集

  • 排気量:2.0L(1,944 cc)
  • 内径×工程:73.0 x 79.4 mm
  • 燃料装置:SU式キャブレター×2
  • 圧縮比:9.0:1
  • 最大出力:130PS
  • 最大トルク:

脚注・注釈編集

脚注

  1. ^ 日本のスポーツ車 1960~1990 - 第84回 ミツビシ コルディア1600GSR-Sターボ(A212A型)1982年2月

注釈

  1. ^ タービン上流側にキャブレターが配置されたキャブターボである。

関連項目編集

参考資料編集