メインメニューを開く


三菱・4G9型エンジン(みつびし・4G9けい-)は1991年から2009年まで三菱自動車工業によって製造されていた[1]1.5L-2.0Lの直列4気筒ガソリンエンジン。バルブ機構はSOHCまたはDOHCを採用している。

三菱・4G9型エンジン
Mitsubishi 4G94.jpg
生産拠点 三菱自動車工業
製造期間 1991年 - 2009年
タイプ 直列4気筒SOHC16バルブ
直列4気筒DOHC16バルブ
排気量 1.5L
1.6L
1.8L
2.0L
テンプレートを表示

目次

概要編集

共通項目編集

  • 構造:4ストローク、直列型
  • 気筒数:4
  • 冷却:水冷
  • 燃焼室:ペントルーフ形
  • バルブ数:1気筒あたり4バルブ(吸気側2バルブ、排気側2バルブ)

4G91【シングルキャブレター】編集

4G91編集

4G92編集

4G92【SOHC】編集

4G92【MIVEC (可変バルブ機構)】編集

4G92【MIVEC MD(可変休止シリンダー機構)編集

4G92【LPG】編集

  • 製造期間:1992年 - 2000年
  • 排気量:1.6L
  • 弁機構:SOHC

4G93編集

  • 製造期間:1992年 - 2007年
  • 排気量:1.8L
  • 弁機構:SOHC
    • 初搭載車種:RVR(初代)

4G93【DOHCターボ】編集

  • 製造期間:1991年 - 2000年
  • 排気量:1.8L
  • 弁機構:DOHC

4G93【GDI編集

 
4G93 GDIエンジン

4G93【GDI・DOHCターボ】編集

4G93【LPG】編集

4G94編集

4G94【GDI】編集

  • 製造期間:2000年 - 2007年
  • 排気量:2.0L
  • 弁機構:DOHC

編集

  1. ^ 日本国内での場合