メインメニューを開く

三谷八幡神社(さんやはちまんじんじゃ)は、東京都品川区小山にある神社。登記上の宗教法人名称は八幡神社(はちまんじんじゃ)。

八幡神社
Sanya hatiman jinja haiden.JPG
所在地 東京都品川区小山五丁目8-7
主祭神 誉田別尊
社格 村社
創建 延宝元禄(1673~1704)の頃
別名 三谷八幡神社
例祭 9月6日に近い日曜日
テンプレートを表示

由緒編集

当神社は近隣にある小山八幡神社[1]延宝元禄時代のころに「宗教上の軋轢」があったとされ、それにより三谷の名主石井助太夫が小山八幡神社にあった八幡神像を三谷にある出世稲荷社の境内に遷座し、三谷地区の氏神としたのが始まりである。昭和7年(1932年)には村社なる。その後の第二次世界大戦による戦災で社殿が焼失し、現在の社殿は昭和32年(1957年)に再建されたものである。

境内社編集

  • 出世稲荷神社

アクセス編集

脚注編集

  1. ^ この神社の由緒は言い伝えによると、長元3年(1030年)頃に源頼信がこの地に誉田別尊を氏神として奉ったのが始まりであるという。後に妙見菩薩も誉田別尊と並んで祀られたので、妙見八幡ともこの地の旧名を採って池の谷八幡とも呼ばれていた。

外部リンク編集